スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 三条の湯~雲取山 Vol.1

2011年11月16日 12:34

2011.10.29(土)~10.30(日)

1日目 留浦駐車場~鴨沢~お祭~後山林道~三条の湯
     水無尾根~三条ダルミ~雲取山~三条の湯(テント泊)
2日目 三条の湯~後山林道~お祭~留浦駐車場






二人とも連休となった10月最後の週末。

紅葉も見たいし、温泉も入りたい、山も行きたいし、キャンプもしたい。 (^^;

土曜の天気は良さそうだけど、日曜は崩れるみたいだから、

山に登るなら土曜のうちにピークを踏める所だなぁ・・・


こんな我儘な欲求を全て満たす所・・・・ 見つけちゃいました!

"雲取山" に登って "三条の湯" でテントを張る♪



・・・と言うことで、この週末は東京の秘境(笑)、奥多摩へ行ってきました。

まぁ、東京の秘境と言っても、東京都側を歩いたのはごく僅かで、

ほとんどは山梨県側なんですけどね。 (^^;




2011.10.29(土)

早朝自宅を出発。

ナビに導かれて奥多摩を目指しますが、

ズ~ッと下道なのでけっこう時間がかかります。


7時頃に目的地周辺に到着するも、"鴨沢" の駐車場は既にいっぱい。

で、先に行ってみたんですが停められそうな所はなく、

戻って "留浦駐車場" に車を入れます。



IMG_9796.jpg
ここは40~50台の駐車スペースがあり、

まだ3割程度空きがありました。

キレイなトイレも併設されていて快適です。





7:45 準備を済ませて出発。

IMG_9798.jpg





気持ちのイイ秋晴れの空です。

IMG_9799.jpg





IMG_9802.jpg
7:54 鴨沢バス停の駐車場を通過。

雲取山へはこの辺りで右へ入りますが、

目的地は "三条の湯" なので、

このまましばし車道歩きです。





バス停を5つか6つか通り過ぎて、"お祭" に着きました。

"留浦" の駐車場から3kmぐらいでしょうか。

8:25 ようやく "後山林道" の入口です。

IMG_9809.jpg



ここから約10㎞の林道歩き・・・ウンザリするほど長いです。

途中に小屋とかないですしねぇ・・・(^^;



IMG_9812.jpg

林道に入って20分ほどして、

「お腹が空いた~」 と姫。

8:50 道端でオニギリを食べて休憩。






9:07 林道のゲートを通過します。

林道は土砂崩れの復旧工事のため、一般車の通行はできません。

このちょっと前までは歩行者も通行禁止でしたが、解除されたようです。

IMG_9817.jpg




この辺りは大規模に崩れてます。

この日も重機が入って作業が行われていました。

IMG_9822.jpg




9:42 "塩沢橋" を通過。

ここで林道の半分以上は来たかな・・・ 



IMG_9834.jpg

10:17 第2のゲートが出てきました。

林道終点までもう一頑張り。





この林道は、"後山川" 沿いを蛇行しながら伸びています。

最初は渓谷が深く川まで高低差があるため、意識せずに歩いていますが、

徐々に川床が近くなると、その透明度に驚かされます。

IMG_9838.jpg





紅葉した山肌も近付いてきて、山深く入ってきた感じです。

IMG_9837_20111108184556.jpg





10:44 2時間20分の林道歩きが終わり、やっと登山道です。

(休憩を除くと林道歩きは2時間くらいですかねぇ・・・)

IMG_9846.jpg





沢沿いを山腹を巻きながら進みます。

IMG_9852.jpg




登山道に入り25分くらいすると、

左手の渓流の横に開けた平らな場所が見えてきました。

テント張るのに何か良い感じ~♪ ・・・と思いながら先に進むと、

突然、斜面の上部に木々に囲まれた建物。


「えっ・・・三条の・・湯!?」

登山口からは拍子抜けするくらいあっけなく到着です。


渓流横の平らな場所は、やはりテン場でした。

(テン場に目が釘付けで、"三条小屋" の遠景を撮ってません ^^;)

IMG_9860.jpg
                                   (三条の湯 テン場)





11:13 "三条小屋" の前です。

まだ誰もお客さんは到着してない様子。

IMG_9861.jpg



IMG_9862.jpg
テン場の受付をします。 

幕営料は500円/人。

入浴料は500円/人ですが、

テン泊の人は300円に割引。




受付を済ませたら、早速テントを張りましょう♪

まだ誰も張ってないので、場所は選び放題。 (^^v

比較的日当たりが良くて、一番平らな場所に決めました。

IMG_9871.jpg





12:00 テントを張ったら、地図を見ながらちょっと休憩。

日中はこのまま快晴が続きそうだけど、今夜から天気は下り坂。

明日の午前中は曇で、午後は雨になるかも・・・


となると、予定通り今日中に "雲取山" に登ってしまいたいところです。

でも、果たしてこの時間から山頂を往復できるのか!?



山頂までのコースタイムは、上り3時間、下り2時間、往復5時間!

この時期は日が早いから、16時半には戻らないと暗くなるし・・・

ヘッデンは必携でも、暗い中知らない道を歩くのは避けたいよねぇ。



必要最低限の荷物で行くから、コースタイムよりは早く歩けるとしても、

ここまでの車道~林道歩きでけっこう脚にきてるし、

"三条の湯"(1,103m)~"雲取山"(2,017m)まで、標高差900mあるんだよね。


300m/時で3時間(このペースがコースタイム)、

360m/時で2.5時間、450m/時で2時間の計算。

下りに1.5時間みたとして、休憩時間も入れるとけっこう厳しいよなぁ・・・・


いっそこのまま、温泉→ビール→温泉→ビール・・・っていう選択肢も、ありだよねぇ♥

IMG_9863.jpg



・・・

・・・


で結局、15時になった時点で、たとえ山頂に着いていなくても引き返す事に決めて、

いちおう山頂を目指すことにしました。




12:21 "雲取山" に向けて出発です。

IMG_9873.jpg


(続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Re: 2011 三条の湯~雲取山 Vol.1

    こんばんはー。

    雲取山のレポ楽しみにしていました。
    それにしても相変わらず健脚ですねえ。
    林道歩きは距離的には上高地~横尾くらいでしょうか?
    (すみません。自分が行った数少ない例えです。)
    でも、あっちはほぼ平坦ですけどこちらは勾配がありそうですね。
    地形図を追っかけながら読んでいます。
    登山道に入ってからは三条の湯はわりと近いんですね。
    温泉レポ、楽しみにしています。
    ところで雲取山頂は間にあったんでしょうか。
    お二人ですから間にあったんでしょうね。
    何時頃戻ってこれたのか、そちらも楽しみです。

  2. ZEP400 | URL | -

    三条の湯~雲取山 秋晴れ最高ですね!!!

    こんばんわ~
    俺なら…
    すぐにテント準備後⇒安着の( ^^) _U ビール
    湯あみ⇒美味しい冷えた( ^^) _U ビール だなぁ~

    それなのに登るのは サスガです。
    晴れ空の下 次に期待しちゃいます。
    自然の中 良いですね~
    こちらはテン泊 寒くてもう厳しいです(^^ゞ

  3. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    こんばんは
    林道歩きはちょうど河童橋~横尾くらいの距離ですね。
    車道歩きも入れると、大正池~横尾くらいでしょうか。
    ただ上高地~横尾の標高差は100mくらいですが、
    留浦駐車場~林道終点は標高差350m以上あります。
    でも登山道から三条の湯は拍子抜けするくらいアッと言う間ですけどね。(^^;

    駐車場から三条の湯の標高差は580mほど。
    三条の湯から雲取山までは900m・・・
    併せると1,480mあるんですね。
    今計算するまで分かってなかったけど、
    何気にハードな山なんですね。(^^;

    次回は雲取山頂に到着。
    で、その次に三条の湯に戻ってくる予定です。

  4. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    三条の湯にテントを張り終えた時点で、
    自分的にはビール~温泉~ビール~温泉の、
    エンドレスリピートでOKだったんですが、(笑)
    姫がその案に難色を示しまして・・・
    で、仕方なく 雲取山の山頂を目指した次第です。(^^ゞ

    ここ2日は寒い日が続いてますが、北海道では雪が降ってるんでしょうね。
    雪の中でのテント泊も体験してみたいですが、異常に寒そうですよね。
    姫に速攻で却下されるのは間違いなしです。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/309-fa5a69ab
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。