スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 三条の湯~雲取山 Vol.2

2011年11月17日 01:04

2011.10.29(土)~10.30(日)

1日目 留浦駐車場~鴨沢~お祭~後山林道~三条の湯~
     水無尾根~三条ダルミ~雲取山
~三条の湯(テント泊)
2日目 三条の湯~後山林道~お祭~留浦駐車場






2011.10.29(土)


長い車道~林道歩きを経て、"三条の湯" に辿り着いた二人。

テントを張って、"雲取山" を往復することにしました。



IMG_9873-3.jpg
いつものように雨具、水、食料、ツェルト、

ヘッデン、地図をザックに入れて出発。

12:21 小屋の前を通り過ぎ、

"雲取山" へ向かいます。




歩き始めてすぐに、右手に沢が見えてきます。

これはテン場の横へと続く "三条沢"。

この沢を渡ると、"雲取山荘" まで水場はありません。

IMG_9874.jpg




山腹を巻きながら落ち葉に埋もれた登山道を進みます。

IMG_9875.jpg




基本的に尾根の右側をトラバースするような形で上っていきます。

急斜面はなく歩きやすい道です。

IMG_9876.jpg




12:58 突然開けた場所に出ると、色付いた木々が出迎えてくれました。

IMG_9878-2.jpg




左手には、"雲取山" ~ "飛龍山" への主稜線。

あそこもいつか歩いてみたいですねぇ・・・

IMG_9879.jpg




TONO的には、「今日はここで景色を見て引き返してもイイか・・・」って感じでしたが、、

「姫は明日は登んないからね!」 の言葉にとりあえず先へ進むことに。 (^^;

15時になった時点で引き返す・・・の条件付きです。






13:12 左手に "水無尾根" が伸びていて、

思わずそっちに行きそうになるポイントです。

ここで尾根を離れるようにちょっと下ります。

IMG_9883.jpg





木々の間からは色付いた木々と葉を落とした白い幹。

陽の光を浴びて輝いています。。。

IMG_9884.jpg





薄暗い北東の斜面は東側が切れているので、凍ったら要注意。

IMG_9885.jpg





やがて登山道はその方向を変え、陽が射し込む明るい道になります。

IMG_9889.jpg





13:37 木々の間から "雲取山" の姿を初めて捉えました。

IMG_9890.jpg


↑白っぽく見える尾根を辿った左端のピークがそれのようです。

・・・となると、最後にかなりの急斜面が待ってると言うことか・・・!?

それを口に出してしまうと一気にめげそうなので、覚悟を決めて先に進みます。





アップダウンのない熊笹の道を気持ち良く進みます。

IMG_9892.jpg




IMG_9894.jpg
14:00 再び開けた場所に出ました。

ここは "三条ダルミ"。

"雲取~飛龍" に向かう

主稜線上にあたります。




IMG_9895.jpg
  南側が開けていて、眺望を楽しみながら、

  休憩するにはちょうど良い場所です。

  ・・・が、時間が押してるので、(^^;

  このまま一気に山頂を目指します。






熊笹の中を右へ左へ、細かく九十九折に急斜面を行きます。

遠くから見たイメージ通り、キツ~い上り・・・

みるみる内に姫の後ろ姿が遠ざかります。

IMG_9899.jpg





もうヘロヘロですが、富士山に励まされて何とか登ります。

IMG_9904.jpg




姫は余裕でTONOが来るのを待っています。

いつもの事ですが、何で姫はあんなに早く登れるんだろう・・・

IMG_9905-2.jpg





14:30 "雲取山" の標柱に到着。

IMG_9906.jpg



ここは山頂部分の南端で、綺麗な避難小屋が建っています。

実はここからほんの少し北側に行った場所が、

三角点のある本当の山頂という事なんですが、

あまりに疲れてたので、この場所でいちおう登頂という事でご勘弁を。 (^^ゞ




まぁ、雰囲気的には、山頂っぽいんですけどね。

正面奥に見えるのは "丹沢山塊" でしょうか・・・

そしてその更に奥に見える水平線は "相模湾" か!?

IMG_9911.jpg






山頂からは南に伸びる "石尾根" が目を惹きます。

この地肌が露出した尾根が遠くから見たときに白く見えたんですね。

ここを歩いたら気持ち良さそうだ。。。

IMG_9907_20111110210809.jpg



次に来る時はこっちから登って、"雲取山荘" にテント張ろうかな♪

本当の山頂は、その時にでも。 (^^ゞ


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    紅葉

    こんばんは~

    紅葉の綺麗な場所もあるのですね!
    紅葉に囲まれての山歩き、気持ちよさそう~
    でも姫さんに着いて行くと、早いから疲れそうですね。

    荷物の重量とかかなり姫さんと違うのかな。
    まさか姫さんのザックの中は空とか??

  2. ZEP400 | URL | -

    さすが!エージェント!!

    こんばんわ~
    さすが諜報員ヒメは違いますね!
     剣客…訂正健脚ですね。

    秋の涼風のなかの良い景色。
    降りた後の湯あみビール( ^^) _U
     目にちらつきませんでしたか(^^ゞ

  3. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    おはようございます
    今年の紅葉は今ひとつで、ここもその例外ではないようなんですが、
    所々で綺麗に色付いた木々を見れましたよ。
    またこの季節に来てみたいと思いました。

    時間が厳しいって聞いた姫は、いつもよりさらにペースを上げて歩いてたようで・・・
    私は最後の急斜面はもう脚が前に出ませんでした。(^^;
    この時の姫のザックの中はカッパ、防寒着、水、食料、ヘッデン、日焼け止・・・
    私はそれにプラスして、ツェルト、救急セット、マット。
    姫に比べ1kgくらい重いのかも知れませんが、
    スピードの違いはこの重さの差ではなくて、
    根本的な脚力の差のような気がします。(^^;

  4. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    おはようございます
    このルート、コースタイムは3時間なんですけどね・・・
    この時は私が足を引っ張りながら(笑)、2時間9分でした。
    姫が一人で歩けば余裕で2時間を切ると思います。
    エージェントと歩くともうヘロヘロになりますよ。(笑)
    所々で待っててはくれるんですが、
    追いつくとすぐ歩き出すので、私は常に休めない状態です。(^^;

    もう早く下りて風呂入ってビール飲みたかったですよ。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/315-99a84898
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。