スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 美ヶ原 Vol.2 ここが美ヶ原山頂 !?

2011年11月22日 23:48

2009.11.15 (日)

山本小屋~美しの塔~美ヶ原高原~王ヶ頭~美しの塔~山本小屋







美ヶ原高原美術館の駐車場に車を停めた二人。

その寒さと強風に姫はすっかりやる気なし。

でもせっかく来たんだし、ピークハントだけはしとこうよ・・・と言うことで。



「・・・で、"美ヶ原の山頂" ってどこ?」

 ・・・

 ・・・
IMGP5546-1.jpg
とりあえず、一番高い所だよね。

え~っと・・・ピーク、ピーク、ピーク・・・

 ないみたいだけど・・・






過去の山を振り返れば・・・

"霧ケ峰" もどこが山頂か分からぬまま、現在に至ってますが、(笑)

"霧ケ峰の山頂" = "車山の山頂" で良いんですよね・・・?

IMGP2596.jpg
                                 ('09.7月 車山山頂にて)





結局、よくわからないまま、

"山本小屋~美しの塔~王ヶ頭ホテル" の往復2時間のコースを歩いてみる事に。



姫は相当歩きたくなさそうでしたが・・・

「じゃあ、山頂までね」 と渋々歩くことに。

でも、その山頂がどこなのか分かんないんですけどね。(笑)




美ヶ原高原美術館の駐車場から、北側は視界が開けています。

IMGP5541-1.jpg
中央の山が目を引きました。

低いけど、ギザギザの山容が穂高調 ♥

その山の向こうに町が見えます。


それにしても、雲が凄い!

強い風に乗って、西からどんどん新たな雲が流れてきます。 w( ̄o ̄)w




IMGP5642.jpg
一旦車に乗り込み、

高原美術館の駐車場を出て、

山本小屋 "ふる里館" まで移動。





10:40 防寒対策万全で歩きだします。

観光客もチラホラ見かける中、二人の恰好は完全に浮いてます。 (^_^;

IMGP5547.jpg




でもこれくらいの恰好でも、露出している顔は痛いくらい冷たかったので、

軽装の観光客は、きっと死にそうに寒かったに違いありません。 (笑)




ほどなく左手に "美ヶ原高原ホテル" が見えてきます。

10:49 ホテルを通過して先へ。

左右に牧草地が広がり、中央に1本道が続いています。

右手にポツンと立つのは、"美しの塔"

雲が圧倒的な存在感で迫ってきます。

IMGP5551.jpg





すでに牛たちはどこか下の方に移動してしまいましたが、

夏場は草を食む沢山の牛たちを見れるようです。 (*^。^*


IMGP5553.jpg
徐々に "美しの塔" が近づいてきました。

奥の近代的な建築物が気になりますな~

秘密基地?・・・なわけないよね。(笑)




IMGP5555.jpg

  11:53 "美しの塔"

  美ヶ原のシンボルです♪




IMGP5554.jpg
塔の前は小砂利を敷き詰めた広場。

草地の方が雰囲気があると思うのですが・・・

とりあえず、姫は塔をチラ見して直進・・・ ^_^;



もう少しゆっくり見たかったんですが、

姫がサッサと先に行ってしまったので、慌てて後を追います。 (^^:





IMGP5559.jpg
  11:00 "塩くれ場" を通過。

  昔はここで、石の上に塩を置いて、

  牛馬に与えていたようです。





IMGP5561.jpg

さて秘密基地を目指して

どんどん進みます。 (笑)






やがて基地の全貌が見えてきました。 ( ̄。 ̄)

近代的な建物はホテルですね。

そしてその周囲にテレビ塔が乱立しています。

IMGP5564.jpg




IMGP5567.jpg
遮るもの無く強風が吹きつけ、

顔は感覚が無いくらい冷たいです。

水溜りは凍りついてました。



IMGP5577.jpg
 
  11:22 "美ヶ原高原" の標識に到着。

  通過しようとする姫を呼び止め一枚。(^^;




IMGP5578.jpg
標高とか書いてないけど・・・

ここが山頂なのかなぁ・・・( ̄ー ̄???

でもホテルが立ってる地点の方が高いよね~





IMGP5581.jpg
  聳える電波塔。  

  NHK、長野放送、テレビ信州などの文字。

  この高原にミスマッチですよね~

  いったいここはどこ?って感じ・・・ (^^;




IMGP5595.jpg
う~む・・・この辺が山頂って事で良いのか・・?

でも他に高い場所って言ったら・・・

( ̄▽ ̄;)!! テレビ塔の上!?


・・・いちおう真ん中のテレビ塔が一番高いけど。 (笑)


 (ここが山頂だ~! へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    Re: 2009 美ヶ原 Vol.2 ここが美ヶ原山頂 !?

    こんにちは~(^^)
    美ヶ原の呼び名は、山でなく高原なんですか‥???
    それにしても立派な鉄塔がいっぱいたっていますね‥(^^;)
    何か鉄塔の中にホテルがあるって感じですね‥(^^)
    近代的な建物はホテルでないんですね、勘違いしていました‥(--;)

    登山は、格好なんて言ってられないですよね、暖かいのが一番ですね‥(^-^)
    山をナメテはいけませんよね‥(><)

    (2009年12月02日 09:43)

  2. さすらい凛人 | URL | -

    スゴイ~テレビ塔の数!!

    何ですか?その光景は!ホント基地じゃないですか!
    そこにはバウアーとクロエとか、いるんですか?(爆)

    ホテルとのバランスが見事に悪い!(爆)

    出来れば「美しの塔」の内部とか見たかったです・・・
    なんか面白そうな塔ですね

    (2009年12月02日 11:14)

  3. クロちゃん | URL | -

    Re: 2009 美ヶ原 Vol.2 ここが美ヶ原山頂 !?

    夏に行かれると、すごい混みようで 大変な所ですよ。
    この時期に行くと だれもいない殺風景な所です。

    でも、北アルプスが見られ 景色としては素晴らしいところです。
    昔、夏に観光で一度行ったきりです。涼しいところです。
    車山高原で、八島湿原(高山植物)が有名です。

    本格的な冬になり、雪が積もれば 近くのスキー場への車で大変です。
    見方によっては、人の少ない 良いときに行かれましたね。

    (2009年12月02日 21:11)

  4. JJ | URL | -

    Re: 2009 美ヶ原 Vol.2 ここが美ヶ原山頂 !?

    こんばんは。
    なんだかなだらかな感じで山行って感じじゃないですね。。
    百名山にはこういう所も含まれるんですかぁ...
    ってことは、低い山から獲得していくのも荒稼ぎする手段ではあるかもですね(笑)
    さてさて、山頂が楽しみになってまいりました♪

    (2009年12月03日 20:33)

  5. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんにちは
    美ヶ原は山と言うよりやはり高原ですね。
    なだらかな牧草地が広がり、そのピークというものを感じませんでした。

    書き方が悪かったようで、近代的な建物はホテルで間違いないです。 (^^;
    周囲に立ってるのはテレビの電波塔です。

    (2009年12月02日 10:10)

  6. TONO | URL | -

    さすらい凛人 さんへ

    こんにちは
    突如として現れるテレビの電波塔・・・
    高原に広がる牧草地と全くマッチしていません。
    かなり興ざめな感じですよね。

    美しの塔の内部は帰りに見てきました。
    大したものは無かったですね。(笑)
    次回いちおうレポします。

    (2009年12月02日 12:22)

  7. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    こんばんは
    今回、冠雪した北アルプスを見ようと出かけたのですが、
    厚い雲に覆われ全く見ることができませんでした。
    今回は人っ子一人いなかったですが、夏はそんなに混むんですか!? (‥;
    そして冬は近隣のスキー場への車で混雑か~
    雪が降ったら北アルプスを見に、スノーシュー・ハイクを考えてたんですが・・・

    (2009年12月02日 22:46)

  8. TONO | URL | -

    JJ さんへ

    こんばんは
    そうなんです。百名山ってこういうなだらかな山も含まれてるんですよね~
    剱も1百名山なら、美ヶ原も1百名山です。
    夏はどうしても高い山に行きますから、
    こういう所に来るのはシーズン・オフになっちゃいますね。(^^ゞ
    でも夏は夏で気持ちの良い所だと思いますよ。

    (2009年12月03日 21:56)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/324-bd96fccc
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。