スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 赤城山 Vol.1 あっけなく山頂へ

2011年12月04日 16:27

上越・長野新幹線で東京を出発すると、

高崎の手前で右の車窓に、"赤城山" の広大な裾野が見えてきます。

最高峰でも1,800mちょっとなのに、凄く裾野が広いんですよね。

"富士山" とか "八ヶ岳" とかの裾野を彷彿させるくらい広大です。




一口に "赤城山" と言っても、 実は一つの山の名前ではなく、

黒檜山、駒ケ岳、長七郎山、地蔵岳、鈴ヶ岳などの

いくつかの外輪山からなる山塊のことを指します。

"赤城山" というピークはなく、"黒檜山"(1,828m) がその最高峰になります。




さて、初めて "赤城山" に行くとなれば、やはり最高峰の "黒檜山" は外せない。

車でのアプローチだから、周回コースにならざるを得ないとなると・・・

駒ケ岳登山口~駒ケ岳~黒檜山~黒檜山登山口~車道歩きで車を回収、

もしくはその逆ルートという事になります。

いずれにしても、3時間もあれば上って下りてこれるでしょう。









2009.11.28(土)

自宅~~大同駐車場~駒ケ岳登山口~駒ケ岳~大たるみ~黒檜山
黒檜山登山口~赤城神社~大同駐車場~~覚満淵~~小沼~
前不動駐車場~不動大滝~前不動駐車場~~赤城温泉



6:20 自宅を出発。

横浜新道~第三京浜~環八~関越自動車道のルートでしたが、

出た時間が遅かったので、すでに環八は渋滞し始めています。

関越に入ったのは8時過ぎでした。

高速は交通量が少なめで順調。


IMGP5708.jpg
8:54 藤岡JCTの辺りで高速が右にカーブすると、
  
正面に現れるのが "赤城山" の山塊。

目的の "黒檜山" は陰に隠れて見えません。




IMGP5710.jpg
  8:59 次に左にカーブすると、今度は "榛名山"。

  関越を走ると必ず見るのに、行ったことがありません。

  そのうち行ってみたいところですが・・・ 




イチョウ
9:02 前橋ICで高速を降ります。

黄色に色付いたイチョウは、もう散り始め。




鳥居-1

  真っ赤な大鳥居をくぐって

  赤城道路へ向かいます。




裾野

道はなだらかな上りとなります。

広大な裾野の中へ突入したもよう。




やがて急な九十九折りの坂道となり、ぐんぐん高度を上げていきます。


湖畔
  突き当たりは大沼(おの)という大きな湖ですが、

  ここからは水面は確認できません。

  湖畔を回って大洞へ向かいます。




ビジターセンター

10:08 ビジターセンター駐車場。

ここでトイレに行き、準備をします。




閉鎖の張り紙  
  外のトイレは、すでに閉鎖されていました。

  トイレ




ここで地図を見ながら登山口を確認していると、

もっと近い駐車場があることが判明。

大洞の駐車場へ車を移動させます。




出発
  10:31 さて行きますか。

  ・・・って言うか遅っ!

  山に登るにしては、舐め切った時間に出発です。 (^^ゞ




駒ケ岳登山口


10:33 駒ケ岳登山口から登り始めます。




大沼
  少し登ると樹林の間から大沼(おの)。

  赤城山には大沼の他に

  小沼(この)という湖もあります。




関東ふれあいの道

関東ふれあいの道の標識があり、

登山道は良く整備されています。




P1060207.jpg  けっこうな急登に、長い階段。

  幅の狭い階段です。

  一人の通過は問題ないですが、

  すれ違いはキツそう。




覚満淵

10:53 "覚満淵" が見えました。

その前には先ほど寄ったビジターセンター。





11:00 登り始めて30分。 稜線に出ました。

明るく開放的で気持ちの良い場所です。

P1060211.jpg
        (このオレンジの人、重装備過ぎ! そこまで寒くないけど ^^ゞ)



IMGP5748_20091203152524.jpg

さてここからは、

展望の良い尾根道を行きます。





振り返ると、山間にエメラルドグリーンに光る水面・・・ 小沼(この)です。

IMGP5749.jpg
                           (実際はもっと緑がかった色でした)




IMGP5751_20091203153123.jpg


見えてきたピークが "駒ケ岳" か・・・?




駒ケ岳

  11:22 "駒ケ岳"(1,685m) からは、

  雄大な景色を楽しめます。




赤城山について
赤城山についての説明がありました。

カルデラとは 「鍋」 という意味の

ポルトガル語からきてるらしい。





さて駒ケ岳から一旦下っていきます。

11:32 下りきった所が "大タルミ" です。


↓ 奥のお椀型の山が、これから登る "黒檜山"。

ここからの標高差は200mくらい・・・ あと30分ってところか。

大たるみ






登るにつれて傾斜がきつくなり、木段が付けられてました。

普段は歩き難く感じる木段ですが、この急斜面にはないと逆に辛いかも。

木段
                       (息も絶え絶えのTONOに余裕で手を振る姫)






鳥居
12:03 ちょっと開けた場所に出ました。

黒檜山大神の鳥居と祠が祀られています。


「ここが山頂なのかなぁ・・・?」


すると近くにいた人が、「山頂はこの先ですよ」 と教えてくれました。



道標

  その場所から50mほど進むと

  黒檜山0.1km の標識がありました。




山頂広場
広い山頂には沢山の登山者が。

登ってる時にはほとんど人がいなかったのに・・・

逆ルートから上がってきたのか・・・?





12:07 とりあえず山頂の標柱で一枚。

大同の駐車場から1時間半ちょっと。

あまりにもあっけなく、"黒檜山" の山頂に到着です。

黒檜山頂


 (下山~寄り道~猫岩の謎 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    可愛いっす(*^_^*)

    こんにちわ。

    ハァ~ハァ~と、後を追うTONOさんへ、手を振る姫さん・・
    可愛いっす(*^_^*)

    こんな感じのコースって、登山初心者向きなのかな??
    北海道にもあるのかなぁ~?調べます(^^)

    天気が良く、気持ち良さそうですね(^^)
    景色もグゥ~っす(^^)

    自分の足で、登り、高い場所から見下ろす自然美って、最高だろうなぁ~と、いつも思います。

    ( 2009年12月10日 10:38 )

  2. TENE | URL | -

    No title

    こんにちは!
    今回は穏やかそうで、ちょっと物足りなかったんじゃないですか?
    僕にはこれくらいがちょうどいいですが(^_^;)

    赤城山ってカルデラだったのですね。
    ということは鍋の淵の一部分を歩いてる感じですか。
    いい感じに湖もあって眺め良さそう!

    そういえば大ムカデはい~やですね~。
    たまに部屋に出てくると固まります。
    まだ蛇の方がいいです。
    勝てば官軍で、やっぱりムカデより蛇の方が人気(?)あるということでしょうか。
    (見方によってはかっこいいし)

    ( 2009年12月10日 13:04 )

  3. JJ | URL | -

    No title

    こんばんは。
    いつも不思議に思うのですが、どうやって山を覚えてるんですか?
    TONOさんが識別できる山の数って既に何百ってなってるんでしょうか。
    遠くから見て私が明確にわかる山は富士山ぐらいだと思います(^^;
    山も魚も人も覚えられない私にとってTONOさんは尊敬できますね!

    ( 2009年12月10日 20:32 )

  4. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんにちは
    あの急坂は辛かったです。
    姫が普通に階段を駆け上がるように行ってしまったので、
    ゼーゼー言いながら後を追いました。(^^;

    このコースはハイキング感覚で登って行けて、初心者にはピッタリだと思いました。
    北海道にもこんな感じの山は当然あると思いますよ。
    ただ同じくらいの標高でもこの辺の山より断然気候は厳しいと思いますから、
    必要十分な装備で登って下さいね。

    ( 2009年12月10日 12:58 )

  5. TONO | URL | -

    TENEさんへ

    こんにちは
    赤城山は噴火して溶岩が盛り上がり、
    一時は3,000mくらいの高さになったと言われています。
    確かにその裾野は広大なんですよね。
    今回はおっしゃる通り、鍋の淵のごく一部を歩いてきました。
    この時期は葉が落ちて木々の間から湖が見通せました。
    日だまりの尾根歩きは気持ち良かったですよ。 (^^)

    ( 2009年12月10日 16:02 )

  6. TONO | URL | -

    JJさんへ

    こんばんは
    私もそんなに山を識別できるわけではありません。(^^;
    基本的に登った山については識別可能として、
    あとは山頂などで山座同定をして、周囲の山の名前も調べるようにしています。
    でもそうそう覚えられるものではないので、地図を片手に記憶を辿って書いてます。
    だからそんな尊敬されるような事ではないんです。(^^ゞ
    強いて尊敬される点を挙げれば・・・まめに調べるところですかね。(笑)

    ( 2009年12月10日 21:56 )

  7. ZEP400 | URL | -

    感心・・・

    こんばんわ~
    過去記事なのに、
    ルートタイムを完璧に記録している…

    ムムム( ..)φメモメモ
    さすがエージェント姫と殿さまだぁ~
     感心しました!
    やっぱスパイ衛星にデータはきちんと残ってるんだ(笑)

    凄いっすね、タイム記録!
    こんなに細かく!
    俺は昇り口、数か所のコルやら休憩場所、頂上ぐらいです。
    <m(__)m>参りました(^^ゞ

  8. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    要所要所で必ず写真を撮っているので、
    タイム記録はデジカメの撮影時刻を見てるだけですよ。
    時刻だけを記録した事はありません。(^^;
    事あるごとにとりあえず一枚撮っておけば、
    後で見ても時間の流れや場所は一目瞭然です。(^^v

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    いつも訪問頂きありがとうございます
    突然のお話でビックリしました。
    そうなんですか・・・

    落ち着いたらまたコメ頂けたら幸いです。
    HNも変わるんでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/327-b777236f
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。