スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 赤城山 Vol.4 不動大滝

2011年12月08日 07:07

2009.11.28(土)

自宅~~大同駐車場~駒ケ岳登山口~駒ケ岳~大たるみ~黒檜山~
黒檜山登山口~赤城神社~大同駐車場~~覚満淵~小沼~
前不動駐車場~不動大滝~前不動駐車場
~赤城温泉





14:35 小沼プチ散策を終えて、"不動大滝" 付近へナビをセット。

赤城‐大胡線の九十九折りの坂道を下りて行きます。

"大沼" 周辺から "赤城温泉" までは、この道と使うとすぐですが、

大きな道を使うとかなり遠回りになります。

かなり細い箇所があったり、急なカーブが連続する険しい道な割に、

けっこうな交通量があるのはそのせいでしょうか。


でもこの道、冬場は通行止めになるみたいです。

確かにあの道で雪があったら命懸けでしょう。(^^;

この日、道路情報に積雪注意の表示がありましたが、

結局どこにも積雪はありませんでした。




さて "赤城温泉" への入口を見送り、"忠治温泉" を過ぎて左折。 (あの "国定忠治" の "忠治" です。)

"滝沢温泉" を通過して林道を進んでいきます。

この "滝沢温泉" も "日本秘湯を守る会" の会員宿のようです。

機会があったら訪問してみたいところです。




どんどん山の中に入っていくと左手に "滝沢不動尊・大滝" の案内が。

右手の駐車場には、5~6台の車が止まっていました。

IMGP5856.jpg IMGP5857.jpg



IMGP5858.jpg
15:25 車を停めて、案内板の前です。

大滝までは片道45分。往復では90分。

戻ってきたら17時か・・・





日が短いし急がないと真っ暗だよね。

慌てて山道の中に入っていきます。

坂を下り、階段を下りずんずん進みます。


滝見所

  "滝見所" がありました。

  ここから "不動大滝" が見えるらしい。




大滝遠景

遠くに小さく滝が確認できます。 ( ̄ー ̄;

あそこまで行って、明るい内に戻って来れる!?





IMGP5859.jpg


  15:32 忠治見張り岩



IMGP5860.jpg
大人2人が入れる大きさです。

ここで追っ手が来るか

見張っていたのでしょうか。




15:37 "滝沢不動尊" に着きました。

IMGP5862.jpg




IMGP5879.jpg門をくぐると正面に本堂。

予想したよりも小さな本堂です。

岸壁の窪みに建てられており、

岩に抱かれたような状態ですね。 (‥:




案内


  案内に従い石段を下ります。



沢沿いの道
沢に降り立ちました。

ペンキマークを追って、

沢沿いを遡ります。




大滝への案内
  15:40 少し行くとまた案内板が。

  先を急いでいたためよく確認せず、

  「この先に大滝と忠治岩屋があるな~」ぐらいに。




IMGP5867.jpg
沢にかかる一本橋を渡りました。

本来の順路は渡らず右だったのですが・・・

姫を追って橋を渡ってしまいました。(*^^*)




急ぐ  こんな所で日が落ちたら・・と思うと、

  自然と足早になります。

  踏み跡が薄い所では不安になりますが、

  所々に 「大滝→」 の道標があってホッとします。




途中には、梯子で岩を乗り越える場所もあったりして、

「観光ついでにちょっと滝でも見に行く・・」 と言う感じではありません。





15:50 "不動大滝" が見えてきました。

あれ!? "忠治の岩屋" は、どこ・・・?

それに "第二の見張り場" っていうのもなかったし・・・

(↑ それは、順路を間違えてるから ^^;)



不動大滝
滝の高さは32m。

近くにはしめ縄が張られています。

滝行でもするんでしょうか・・・? 

  
水量はさほど多くありませんが、

落ち口がジャンプ台のようにカーブしていて、

水が弧を描いて落ちていきます。




この滝は厳冬期には完全に凍りつき、巨大な氷柱と化すようです。

にわかには信じがたい感がありますが、その姿を是非見てみたいところです。



戻る
  さて時間が押してますし、

  そうゆっくりはしていられません。

  15:56 さっさと戻らねば。




戻る途中、左手の崖の中腹に岩屋らしきものが。

あれが "忠治の岩屋" か~

寄りたいのはやまやまですが、もう時刻は4時・・・タイムリミットです。

残念ですが "忠治の岩屋" はまたの機会に。




延命猿16:18 湧水が出ている場所です。

"延命水" の標柱が立ってました。

猿の手から水が零れ落ちています。

う~む・・何故に猿・・・ ( ̄ー ̄?




夕暮れの駐車場
  16:23 なんとか暗くなる前に戻って来れました。
  
  夕暮れ迫る駐車場には、ポツンと1台だけ。

  この後は、宿泊地の "赤城温泉" へ向かいました。
  



伝説の痕跡を期待した "赤城山" でしたが、残念ながら何も発見できませんでした。

でも、季節を変えてまた訪れてみたい場所だと思いました。

順路を間違えて見れなかった "忠治の岩屋" も残ってるしね。(笑)


 (終わり・・・温泉編はあっちのブログで公開中♥)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. JJ | URL | -

    No title

    おはようございます。
    不動大滝は水量こそ、そうでもなさそうですが勢いが強そうですね。
    これが凍るんですかぁ...見てみたいです。
    赤城温泉ってこじんまりと密集してる感じなんでしょうか。
    それともあえて細い道を?温泉楽しみです♪

    (2009年12月17日 08:17)

  2. 札幌温泉人 | URL | -

    お疲れ様です(^^)

    こんばんは。
    不動大滝までの散策、片道45分なら、結構、距離がありますね。
    苦労した分、自然の美しさを、身近に感じれますよね。
    落差32mの滝・・見てみたいです(^^)

    赤城温泉・・良いなぁ~、寂れた感じが好きです(^^)
    秘湯ですね・・そして、TONOさんのチョイスですから、混浴。。。
    どんな素敵なお風呂なのか?・・凄く楽しみです(^^)
    そして、TONOさんの至福のとき・・姫さんの撮影ですよね(^^)
    また、素敵な姫さんに会えますね(^^)

    (2009年12月17日 19:01)

  3. クロちゃん | URL | -

    No title

    この時期は、日が落ちるのが早いので良かったですね。
    北側の斜面・山だと午後に日陰になり予想以上に早く暗くなりますね。

    以前、景色に見とれてのんびり下山していたら、真っ暗になり怖い思いをしました。
    11月からは、ザックに必ず懐中電灯を日帰りでも入れるようにしています。

    (2009年12月17日 21:08)

  4. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんばんは~(^^)

    不動大滝32m落差あるんですか迫力ありますね‥(^^)
    冬は、この滝が凍るんですか、そうとう寒いんですね‥(^^;)
    灯りもなく山は、4時に日没ですね、何とか間に合うものの
    駐車場に自分達の車だけですかあせりますね‥(^^;)
    この後は、温泉で温まるんですね楽しみです‥(^-^)

    (2009年12月17日 22:06)

  5. TONO | URL | -

    JJさんへ

    おはようございます
    今回無理して不動大滝を見に行ったのは、
    厳冬期に凍るという情報を得たので、
    凍る前に是非見ておきたかったからなんです。
    それに道もチェックしておきたかったですし。
    凍ったらまた再訪したいです。

    赤城温泉は数件の宿が密集してます。
    今回宿泊の湯ノ沢館は上からは見えず、
    細い道を入って行かないと着けません。
    さほど遠くはないんですけどね。

    (2009年12月17日 08:47)

  6. TONO | URL | -

    No title

    札幌温泉人 さんへ

    こんばんは
    この不動大滝、地図を見るともっと簡単な道がありそうなんですけどね・・・
    ともかく日が落ちたらヤバイと思って必死に歩きました。
    その甲斐あって行きは25分でした。帰りは余裕が出てきて30分くらい。(^^ゞ
    滝って見てると飽きないですよね。この滝が凍るなんて本当に自然の神秘です。

    赤城温泉は相当寂れた感じでしたが、しっかり至福の時を過ごしてきましたよ。(^^)

    (2009年12月17日 20:50)

  7. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    こんばんは、その通りですね。
    この時期は4時半くらいには暗くなりますしね。
    私も日帰りの山行でも必ずザックの中にはヘッデンを入れてます。
    このときもザックにはヘッデンが入ってたんですが、
    空身で行ったため車に置きっ放しでした。
    持ってくれば良かったな…と途中で後悔しました。
    結果的に日が落ちる前に戻ってこれたのですが・・今回の反省点です。

    (2009年12月17日 21:44)

  8. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんばんは
    赤城山って自分が思ってるよりも、ずっと寒い所みたいです。
    山は雪に覆われ、湖は凍るし滝も凍るということなので、
    2月頃にでも再訪してみようかと思っております。
    今回はそのための下調べですね。
    はい、この後は温泉編です。(^^)

    (2009年12月17日 23:35)

  9. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    No title

    こんばんは~

    この時期は日が短いから焦りますよね。
    日帰りで出かけると、野湯巡りはキツイです~
    早く春が来ないか今から待ち遠しいものです。

    忠治の岩屋の写真も見たかったです~~

  10. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    この時期のアウトドア系は時間との闘いですね。
    夕方4時半にはもう暗いですものね。
    野湯巡りは道なき道も行くのでしょうから、
    暗くなると怖い思いをすることもあるんでしょうね。

    春はまだ遠いですね~
    こっちはまだ完全に冬になり切れてない感じですよ。

    "忠次の岩屋" は私も見たかったんですけど・・・
    またいつか行くと思いますが、定かではありません。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/330-95f72a49
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。