スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 中尾温泉~焼岳 Vol.2

2011年11月27日 08:17

2011.11.12(土)

中尾温泉~秀綱神社~焼岳小屋分岐~旧中尾峠~焼岳~旧中尾峠~中尾温泉








"中尾温泉" の最奥に車を駐め、"焼岳" を目指した二人。

樹林帯を抜けて明るく開放的な稜線に飛び出しました。

ここは "旧中尾峠"。

逆光の中、噴煙を上げる荒々しい "焼岳" の山容を確認できます。

IMG_0060.jpg





左手に聳えるのは "霞沢岳"

今年も行けなかったなぁ・・・来年こそは

IMG_0062-2.jpg







枯草の急斜面を上っていきます。

IMG_0068-2.jpg






高度が上がると、"上高地" の全貌を見渡せるようになります。

IMG_0067-2.jpg






そして振り返れば・・・ 穂高だ~!!

IMG_0069-3.jpg





穂高をバックに登ります。

IMG_0071.jpg





草付き斜面を上りきると、しばし傾斜の緩い小尾根となります。

IMG_0073.jpg




IMG_0121.jpg
右前方に倒れた看板が見えます ↑

ここから危険地帯らしい →

有毒ガスへの注意喚起と思いきや、

落石、浮石等の注意でした。





やがて強烈な硫黄臭が漂い、蒸気が上がるデッドゾーンが近付いてきました。

IMG_0074.jpg





ちょっと通過するのを躊躇するような光景だが、大丈夫か・・・ ( ̄ー ̄;

IMG_0076.jpg






息を止め気味に(笑)、無事デッドゾーンを通過。

滑べりやすいザレた斜面を急登します。

IMG_0080.jpg





霞沢岳、上高地、穂高連峰と眺望の良い場所です。

IMG_0086.jpg





急な岩場を上ると、あと少し。

IMG_0089.jpg





11:41 "焼岳北峰" 直下の鞍部に出ました。

"中の湯" からの登山道を併せ、山頂へ向かいます。

IMG_0090.jpg





IMG_0091.jpg

"中の湯" 方面は明るい南斜面。

南峰と北峰の鞍部に登山者が見えます。

奥の "南峰" 方面は立入禁止です。






ちょっと上ると強烈な硫黄臭の根源が現れました。

"キケン" の文字と進入禁止のロープ。

IMG_0092.jpg





噴気孔から勢い良く吹き上がる噴煙。

"焼岳" は北アルプス唯一の活火山・・・活きがイイです。(笑)

これが遠くからも見える噴煙の源ですね。

IMG_0094.jpg





噴気孔を右に巻いて、急な岩場を上ります。

11:48 "焼岳北峰頂上" の標柱が立つ場所に到着。

IMG_0099.jpg



焼岳の本当の頂上は "南峰"(2,455m)ですが、崩落の危険があり立入禁止。

で、現在登頂可能なピークは "北峰"(2,444m)となります。

ところがこの標柱には 2,393m と記してあります。

ここって、"北峰" のピークじゃないの!?

う~む・・・謎です。 ( ̄ー ̄;


 (続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Re: 2011 中尾温泉~焼岳 Vol.2

    う~ん謎ですね~ これは登りに行って確かめないと!!
    ってまだ登れますかね??

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    前に登った時は全く気付かなかったんですが、
    今回よく見たら標柱に記されてる標高が、
    地図の北峰の標高に50mも足りないんですよね。
    周りには高い所は他になかった気がするんですが・・・
    まだ雪は全くなかったので、今なら十分登れると思います。
    にゃーすけさん、是非確かめてきて下さい。(^^)

  3. しょもも | URL | -

    Re: 2011 中尾温泉~焼岳 Vol.2

    樹林帯を抜けてからの開放感がたまりませんね~♪
    来年は中尾温泉から登ってみようと思います。

    危険地帯・・
    5年前に浮き石で派手に転倒したのを思い出しました。
    いまだにあれが一番酷い転倒です(^^;

  4. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    中尾温泉から上ると、北斜面なので暗くじめっとした感じなんですが、
    樹林帯を抜けて稜線に出ると、一気に光が降り注ぎ、澄んだ空が高くて、
    心までパッ~っと明るくなりましたよ。(^^)

    危険地帯は以前は下りで通ったんですが、
    滑べりやすい砂礫の斜面で何度かスリップしかけたのを覚えています。
    ストック持ってて良かった・・・(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/332-89194a2f
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。