スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 高峰温泉&黒斑山 Vol.2 ランプの宿

2011年12月12日 18:50

2009.12.12(土)

軽井沢アウトレットから、"高峰温泉" へ向かった二人。

"アサマ2000スキー場" の第3駐車場から、雪上車に乗り込みました。


IMGP6137.jpg
16:05 雪上車が発進しました。

キャタピラの音も勇ましく、

ゲレンデの横を登って行きます。



乗り心地は決して良くありませんが、初めて乗った雪上車に

10分ほどで "高峰温泉旅館" に到着しました。


IMGP6153.jpg
  ランプの宿というキャッチフレーズなので、

  寂れた山の秘湯をイメージしておりましたが、

  思ったよりもはるかに新しくきれいな建物です。




IMGP6149.jpg

玄関には "日本秘湯を守る会" の提灯。

受付をして部屋へ案内されます。





廊下、階段の踊り場など、宿のいたる所にあるランプが目を引きました。

オイルランプではなく電気のランプですが、宿全体に柔かな灯があふれていました。

IMGP6146_20091229031355.jpg




この宿では毎日いろんな催し物が行われているようです。

星空観賞会、スライド上映会、野鳥観察、スノーシューなど・・・

案内をしてくれた方がいろいろ懇切丁寧に説明してくれました。

ここのスタッフは気さくで暖かな人が多かったです。




IMGP6145.jpg部屋は八畳一間。

真ん中のコタツが嬉しい♪

窓からは中央アルプス、乗鞍、御岳などを

遠望することができるようです。





翌日の黒斑山登山の準備をして、浴衣に着替えたらお風呂へ向かいます。

・・ここは残念ながら混浴ではありません。(^^;


IMGP6156.jpg
1階に男女別に "ランプの湯"、

2階に男湯の "高峰の湯" と、

女湯の "四季の湯" があります。



まずは2階の "高峰の湯" へ。

ドアを開けると大きな窓と、こじんまりとした檜の浴槽。

IMGP6169_20091229031312.jpg
 


当然ここにもランプの灯が。

浴槽は大小2つに仕切ってあり、

左側の小さい方はぬる湯、それより大きな右側は適温でした。




先に右の浴槽に身を沈めました。

気持ち良い~♪

無色・透明、かすかに硫黄臭がするお湯です。

源泉温度が低いため、この浴槽には加温したお湯が注がれています。




ぬる湯の方は源泉そのままのお湯。

源泉温度は26℃とのことでしたが、そこまで冷たくはありませんでした。

体温よりちょっと低いくらいかな・・・




洗い場はありますが、石鹸やシャンプーは置いてありません。

蛇口やシャワーからは "創生水" という水が出てきます。

洗剤がなくても汚れが落ちるという魔法の水です。

IMGP6158.jpg
詳しいことは右の写真をご覧ください。 →

実際この水で洗うと髪も肌もサッパリ。

洗剤フリーと言うことで、環境に優しいです。




さて、今日は混浴じゃないので姫もいないし、20分ほど入り早々に上がりました。 

基本的に一人の時はカラスの行水です。 (^^;




IMGP6235.jpg
  湯上り場には望遠鏡、雑誌などが置いてあり、

  涼みながら時間を潰せて、

  待ち合わせするのに最適です。

     (写真は翌朝撮影したもの)



IMGP6181.jpg
18:00 そろそろ夕食です。

スタッフが食事の案内に来てくれました。

食事処 "雲表" へ向かいます。




IMGP6189.jpg
  テーブルには山の幸、川の幸が並びます。

  ナナカマドの実で造ったお酒で乾杯。

  お味の方は・・う~ん、微妙・・・ (^^;




IMGP6182.jpg

とりあえずビールにして、

その後は日本酒を頂きました。




IMGP6188.jpg
  珍しいものとしては、“蕎麦がき”の鍋。

  "蕎麦がき" って、普段食べる機会がないけど、

  薄味なのに旨みがあって美味しかった。




IMGP6186.jpg
それから "鯉" の照り焼き。

こちらも滅多に食べないですよね。

姫はちょっと苦手のようでした。 (^^;


蕎麦がきと鯉・・・いずれも山形に行った際に食べたなぁ・・・




IMGP6191.jpg
  特筆すべきは、山菜の天婦羅。

  実にカラッとあがっています。

  大変美味しく頂きました。



普通は時間が経つとしんなりしてくる天婦羅ですが、

ここの天婦羅は冷たくなってもカラッとしてました。

何か秘訣があるのでしょうか・・・






夕食後部屋に戻ると、布団が敷いてありました。

この宿では布団の敷き方が2通りあって、

コタツを真ん中に両側に布団を敷いて、足をコタツに突っ込むスタイルと、普通のスタイルです。

二人は普通の敷き方でお願いしました。 



IMGP6178.jpg
20:50 部屋で寛いだ後再び風呂へ。

1階の "ランプの湯" へ行ってみました。

脱衣所もランプの光で暖かい雰囲気。





浴室に入ると・・・誰もいません。

IMGP6175.jpg



IMGP6179.jpg

蛍光灯を消してランプの光りだけにすると、

お~っ! 実に良い雰囲気です。。。



この風呂も基本的には "高峰の湯" と同じで、

"源泉のぬる湯" と "加温の湯" の2つに仕切られていました。



IMGP6209.jpg
  ここのぬる湯は他の湯船と違い、

  色はやや白く濁っていて良い感じ。。。

  でもちょっとぬる過ぎでした。 ( ̄ー ̄;





IMGP6214.jpg
"加温の湯" にのんびり浸かります。

雪景色の中に宿泊した部屋の灯が見えました。

当然部屋からもこちらが丸見えです。(笑)





IMGP6208.jpg
  今日は混浴じゃないので、姫の写真がありません。

  バカボンパパさん を倣って・・・

  "とど足" ならぬ "TONO足" で。(笑)



IMGP6216.jpg

温泉人さん の気持ちになって、

セルフタイマーで自分撮りしてみました。 (*^^*)



・・・やはり姫が一緒じゃないと、いまいちつまんないですねぇ。

混浴じゃない風呂に入って、混浴の素晴らしさを改めて認識してしまいました。 (^^;



あっ、でもここも良い風呂なんですよ。

これで混浴なら最高なんだけどなぁ~


 (黒斑山 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    何をされてるんですかぁ~(^^)

    こんにちは。

    TONOさん・・セルフ撮影なんて、寂しいことしちゃ駄目っすよぉ~。
    まして、今回は、混浴ではなく、別々なんですから、姫さんをモデルに出来なくて、寂しいのに、
    札幌温泉人の真似をしたら、更に、寂しさが残っちゃいますよ。

    はぃ 自分は、毎回セルフ撮りしたますが・・自己満足の世界っす(;;)

    秘湯を守る会の提灯が向かい入れてくれる温泉宿・・
    檜の浴槽なんて、凄く、良い感じですよね。
    ランプの灯りで、入浴・・凄く癒されそうですね。
    混浴だったら、更に、良いでしょうね。

    ( 2009年12月29日 15:32 )

  2. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんばんは~(^^)

    雪上車に乗って着いた宿はランプの宿‥(^^)
    ロマンチックですね‥(^0^)
    湯船も木製で情緒はあって良い感じです‥(^-^)

    殿さんの入浴シーン珍しいですね、でもたまに変わったシーンも良いですよ‥(^^;)
    この宿は、とっても素敵で泊まって見たいですね‥(^0^)/

    ( 2009年12月29日 20:50 )

  3. shu-ran | URL | -

    No title

    TONOさん、こんばんは~~
    ここは前にTVで見たときあります。浅間2000、友人が働いてます。
    TONOさんが、セルフってある意味貴重ですね。
    混浴って、やっぱり良いですね。

    自分も東北で一回も混浴できなかったのが残念です。
    もっとリサーチしなきゃですね~
    だけど、ランプの光が優しくて癒されますね。

    ( 2009年12月29日 21:36 )

  4. バカボンパパ | URL | -

    TONOさん、こんばんは~♪

    おっとビックリしましたよ
    >“とど足”ならぬ“TONO足”で。 (^^ゞ
    姫足かと思ったらTONO足でしたね・・・アハハ

    TONOご乱心を・・・・

    素敵なランプの宿ですね

    ( 2009年12月29日 23:16 )

  5. Sakura | URL | -

    No title

    こんばんは☆
    ランプの宿、風情があって良いですね~~^^
    でも惜しむらくは別浴…なんですね。
    混浴だったら飛んで行きたいくらいです(*^o^*)
    前回の、オーベルジュオーミラドー、ずっと憧れてるんです~
    一度行ってみたいな~^^
    素敵なお泊りで羨ましいです~!!

    ( 2009年12月29日 23:54 )

  6. JJ | URL | -

    No title

    こんにちは。
    雪上車での送迎、楽しそうですね♪
    スキーとセットで行ってみたくなりました。
    でも混浴がないとは・・・
    私も混浴でないと、10分20分ぐらいで湯船を出てしまいます。
    混浴だと90分ぐらい入れるんですけどねぇ~(笑)

    ( 2010年01月02日 14:57 )

  7. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    こんばんは
    ここは内湯のみで小さい湯船ですから、
    もし混浴でも女性は入りにくいでしょうね。
    でもやはり混浴があればもっと良いのにな~って思いました。
    セルフ撮りは確かに虚しさが残りますね。(笑)
    ・・これからは極力混浴にしときます。

    ( 2009年12月29日 20:49 )

  8. TONO | URL | -

    ゆぅ&かん さんへ

    こんにちは
    もっと古めかしくて鄙びた宿をイメージしてたので、ちょっと意外でした。
    ちょうどスキー場のロッジって感じです。
    中はランプが本当にたくさんあって、暖かい雰囲気に包まれてましたよ。

    浴槽は檜で情緒がありました。
    露天風呂もあったら最高なんですが、
    源泉の温度が低いので、ちょっと厳しいんでしょうね。

    私の入浴シーンはやはりいただけません。(^^ゞ

    ( 2009年12月30日 09:10 )

  9. TONO | URL | -

    shu-ran さんへ

    こんにちは
    高峰温泉って何気に有名なんですね。
    宿全体から暖かさが伝わってくるような感じで、リピーターが多いのも分かる気がしました。
    でも混浴がないのはとても残念・・・素敵なお風呂の空間と時間を姫と共有したかったです。

    shu-ranさんは東北遠征で一回も混浴しなかったんですか~
    それはもったいない・・・久しぶりの彼女と混浴してくれば良かったのに。

    ( 2009年12月30日 09:21 )

  10. TONO | URL | -

    バカボンパパさんへ

    こんにちは
    突然バカボンパパさんのまねで申し訳ありません。(^^ゞ
    でも一人湯船に浸かっていると、自分の足を撮ってみたくなるものですね~
    またソロの時は使わせて頂きます。(^^)

    ( 2009年12月30日 09:26 )

  11. TONO | URL | -

    Sakura さんへ

    こんにちは そうなんです。
    ここは混浴じゃなくて、別浴なんですよね~
    そこだけが残念でした。

    オーベルジュオーミラドー・・・
    Sakura & Mr.さんなら行かれたことがあるのではと思ってました。
    ここも別浴ですが・・・(笑)
    箱根の自然に囲まれた素敵な所ですよね。。。
    是非Mr.とeroticな一夜をお過ごしくださいませ。(^^)

    ( 2009年12月30日 09:47 )

  12. TONO | URL | -

    JJ さんへ

    あけましておめでとうございます。
    スキーとセットで高峰温泉・・・王道だと思います。
    もし宿泊されたらスノーシューコースも面白いと思いますよ。
    ここは混浴がないのが、う~ん・・・なんですけどね。(^^ゞ
    でも個人的には野鳥観察が楽しかったです。(^^)

    JJさんもカラスの行水タイプですか~(笑)
    でもお互い相手がいれば長湯できますから、しあわせですね。(^^ゞ

    ( 2010年01月02日 22:28 )

  13. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    いい雰囲気

    こんにちは~

    雪上車で行く温泉なんだか凄いですね!
    普通の4WDじゃ無理なのですか?

    宿の内装も木を使い感じがいいなぁ~
    お風呂も感じがいいし行ってみたくなります。





  14. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんにちは
    過去記事にコメント頂き、ありがとうございます。

    ここは夏場は普通に車で行けるみたいですが、
    積雪期は宿に向かう道路が閉鎖されていて、
    雪上車でゲレンデの中を行くか、自分の足で歩くしかないようです。

    木の温もりとランプの柔らかい光が、気持ちまであったかくさせる宿でした。
    桧風呂もすごくイイ雰囲気でしたよ。
    スキー、スノーシュー、登山、バードウォッチング、天体観測など、
    色々楽しめるし、3~4日泊まってみたいと思いました。(^^)

  15. ZEP400 | URL | -

    いいですね!

    こんばんわ~
    この宿…いいですね!
    落ち着くなぁ~

    十勝にも似たような雰囲気の、
    宿の方が頑張ってる良い宿がありますよ。
    http://nukabira-nakamuraya.com/index.html

    最後…
    仁王立ちポーズも良かったかも、、、と思いますが?
     ダメですか?怒らないでくださいね。

    当方 先日 生身の人間が相手しちゃいけない事で…
    左足ふくらはぎ筋肉断裂=最悪肉離れ…
    支点が足首だったら…アキレス切るとこでした(・。・;
    取敢えず春からの山は大丈夫だと 安心。
    湯浴み可能な…
    パワードスーツが欲しいと つくづく思いました(^^ゞ

  16. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは、木の温もりのする宿ってイイですよね。
    風呂も大型ホテルの大浴場的なものより、こういう雰囲気が落ち着きます。
    中村屋さんのHP見ましたよ。
    「混浴はいいもんだ」 という文章にとても共感を覚えました。
    この宿は温泉人さん、ゆぅかんさんのとこで拝見したこともありますし、
    ZEPさんも以前紹介されてましたよね。
    きっとステキな宿なんでしょうね。(^^)

    それはそうと、脚は大丈夫なんですか!?
    ・・って、肉離れじゃあ大丈夫じゃないですよね。
    冬の間は山に行けないとしても、お大事に~
    風呂行くなら、シュワッチに変身してって下さいね。(笑)

    今度セルフ撮りの機会があったら、ケッツーポーズなら試してみますが、
    前向きの仁王立ちは要モザイクだし変態でしょう。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/336-af82b363
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。