スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 笠ヶ岳 Vol.3

2011年12月22日 06:46

2009.10.10(土)~10.11(日)

1日目 新穂高温泉~わさび平小屋~(小池新道)~鏡平山荘
2日目 鏡平山荘~弓折乗越~大ノマ乗越~秩父平~笠新道分岐~笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳~
     笠ヶ岳山荘~笠新道分岐~杓子平~笠新道登山口~新穂高温泉






2009.10.11(日)

新穂高温泉から入山して "鏡平山荘" に宿泊した二人。


朝4時半頃に目を覚ましました。

すでに支度を整えて出発する人の姿も。

5時過ぎに姫を起こして、出発の準備をします。



この日の朝食はお弁当にしたので、持参したパンで簡単な朝食。

小屋から出ると、周囲は薄っすらと雪化粧。

IMGP4930.jpg
                               (正面に槍穂が聳えます)





5:40 "鏡池" に行ってみました。

展望テラスからは人々の感嘆の声が聞こえてきます。

IMGP4942.jpg
                            (鏡池の畔で槍穂を見る登山者)





仄かに明るい東に空に、槍穂が切り取るスカイライン。

雪が山肌を白く浮かび上がらせます。

天を衝くシルエットだけでそれとわかる "槍ヶ岳"。

IMGP4933.jpg





南岳~キレットを越えて~北穂。

そして、奥穂~ジャンダルム~西穂へ続く稜線がクッキリ。

IMGP4939.jpg




ちょっと風があって、"鏡のように槍穂を映し出す" とまではいきませんでしたが、

凛とした冷気の中で、透明感のある時間が過ぎていきます。




思い起こせば、槍ヶ岳~焼岳に至る稜線はすべて歩きました。

失った写真は多いけど、どれも二人の大切な思い出です。

IMGP4941.jpg
                          (親切な方が1枚撮って下さいました)



さてこの日は、この思い出の詰まった槍穂を横目に見ながら、

まだ未踏の "笠ヶ岳" までの稜線漫歩です♪





5:58 小屋へ戻ります。

IMGP4943.jpg




小屋の前のテラスにも、薄っすら雪が積もっています。

真っ白いキャンバスにちょっと悪戯。(*^^*)

IMGP4944.jpg
               (この頃はあっちのブログで山記事をアップしてました ^^ゞ)





6:03 さて小屋を出発します。

IMGP4947.jpg




振り返って "鏡平山荘"。

IMGP4948.jpg




お~っ、霜柱だ!

気温は氷点下でしょうか。

出発した当初はかなり寒かったです。

IMGP4949.jpg




点在する池も凍りついていました。

IMGP4960.jpg





徐々に槍穂連峰の背後の明るさが増してきました。

IMGP4952.jpg
                                   (槍ヶ岳~キレット)

IMGP4953.jpg
                                  (キレット~西穂高岳)




槍ヶ岳へと続く "西鎌尾根" が、明るく染まっていきます。

IMGP4956.jpg




弓折岳の中腹を "弓折乗越" へ向かいます。

先行する登山者を確認できます。

IMGP4959.jpg




スッキリと晴れ渡った青空が眩しい。

P1060088.jpg





6:39 "大喰岳" 付近から朝陽が昇りました。

思わず息をのむ瞬間です。

P1060089.jpg
                              (ダイヤモンド大喰!? 笑)




陽が昇ると辺りの景色が一斉に輝きだします。

P1060091.jpg




うわ~っ! キレイ~

逆光の中、落葉して凍りついた木々がキラキラ光ってます。。。

P1060093.jpg




陽が昇る前後は、山が最も美しく輝く時間。

しばし立ち止まってその時を感じます。

う~ん・・・素晴らしい。。。

IMGP4967.jpg





さて先へ進みましょう。

P1060090.jpg
                        (後方に焼岳、そしてその奥に乗鞍岳)



7:03 "弓折乗越" に着きました。

IMGP4971.jpg




おっ!また白いキャンバス発見!

今度は槍をバックに、STAR・WARS調に。 (笑)

IMGP4973.jpg





さてここで、槍穂を見ながらのお弁当タイム♪

この寒さでお弁当のご飯はやや凍りかけ。 (・・;

でも美味しく頂きました。 (^^)

IMGP4974.jpg



 (下って上って、下って上がる・・・ へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    TONO 姫 混浴が好き

    おはようございます。

    ここでしたかぁ~ 雪に書かれた可愛いタイトル (^^)
    お洒落っすよね ・・ TONOさん、姫さん (^^)

    山での素晴らしい景色 ・・ 苦労した人だけが見られる絶景。
    いつも、思います ・・ TONOさんのレポ見て、山へ行ってみたいと (^^)
    来年、チャレンジしたいと思っています。
    奥さんに、言われました ・・ お父さんは、影響受けやすい人だからって(笑)
    ・・ けど、登山へ行こうって、煽るのは、奥さんなんですけどね(笑)

    本当綺麗な景色、いつもありがとうございます。
    朝日の風景、冠雪の山 ・・ 最高っす (*^_^*)

    ( 2009年10月30日 08:38 )

  2. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんばんは~(^^)

    鏡池とっても綺麗ですね‥(^0^)
    南岳~北穂~奥穂~西穂へ続く稜線がとっても綺麗で見とれてしまいます‥(^^)
    雪に書いたブログタイトルとってもお洒落ですね‥(^。^)
    この続きが楽しみです‥(^^)

    ( 2009年10月30日 18:05 )

  3. shu-ran | URL | -

    No title

    とのさん、こんばんは。
    朝の雪山の景色って本当に綺麗ですよね。
    こんな景色をもう見ちゃっている殿さん、姫さん羨ましいなぁ!

    そしてここで登場ですね。予告のラブタイトル。
    槍穂、キレット等、とのさんたちは自分で行った事があって、
    好きな山だけに、違う山から見る稜線が愛おしいですね。

    ( 2009年10月30日 21:49 )

  4. オニキス君 | URL | -

    No title

    雪化粧がきれいですね!
    夜明け前日の光が当たる前だけの景色~
    2人の一緒に写ってる写真も珍しい~
    登山者の中にはTONOさんのブログ知ってる人居たりして(笑)
    落書き見て「おっ!どこに居る?」なんてv-411
    自分だったらきょろきょろ探しちゃいそう(笑)
    お弁当は凍りかけぐらい寒いのに、結構薄着?

    ( 2009年11月02日 10:46 )

  5. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    おはようございます
    早速のコメントありがとうございます。
    この日の朝は本当に快晴で素晴らしい景色を見れました。
    前日ミゾレの中を上って良かった~って感じです。
    温泉人さん、奥さんとともに是非、自分の目で山の絶景を味わってください。(^^v

    ( 2009年10月30日 08:51 )

  6. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    槍穂の稜線って魅力的ですよね~
    私は数年前に、この稜線を反対側から見て、
    「あそこをを歩いてみたい! 」って強烈に思いました。
    この想いが私が現在山に登っているルーツです。(*^^*)

    ( 2009年10月30日 22:10 )

  7. TONO | URL | -

    shu-ranさんへ

    こんばんは
    夏山はお花畑が綺麗だけど、雪化粧した山も美しいですよね~
    大好きな槍穂を見ながら歩くのは、すごい幸せな気分でした。(^^)

    ( 2009年10月30日 22:19 )

  8. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    陽が昇る前後の山は本当に綺麗です。
    やっぱり晴れると素晴らしい景色が見れます。
    この景色が山に登る大きな目的の一つですしね。

    凍るほど気温が低くても、晴れていると登っているうちに熱くなります。
    この日は風が強くなかったので、登っているうちにうっすら汗をかくほどでした。
    薄着に見えますが、何枚か重ね着しています。(^^;

    ( 2009年11月02日 20:02 )

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/342-3ad6b842
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。