スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 笠ヶ岳 Vol.5

2011年12月25日 17:08

2009.10.10(土)~10.11(日)

1日目 新穂高温泉~わさび平小屋~(小池新道)~鏡平山荘
2日目 鏡平山荘~弓折乗越~大ノマ乗越~秩父平~笠新道分岐~笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳~
     笠ヶ岳山荘~笠新道分岐~杓子平~笠新道登山口~新穂高温泉





2009.10.11(日)

新穂高温泉から入山し鏡平山荘に宿泊した二人。

弓折岳~大ノマ岳と越えて、秩父平を上りコルに出ました。



9:32 さてここからは、"笠ヶ岳" までの稜線を辿ります。

遮るもののない稜線上は、冷たい風が吹き抜けます。

地面に垂れ下がる氷柱を見て、その寒さを実感します。

IMGP5019.jpg




雪の付いたハイマツの斜面を上って行きます。

青空に向かい上り詰める、気持ちの良い斜面です。

P1060139.jpg




後方には "槍ヶ岳" ・・・天を突くシンボリックなピークです。

沸いてきた雲がその高度を感じさせます。

P1060140.jpg




登山道が左にカーブすると、"槍ヶ岳" を正面に望みます。

IMGP5017.jpg





9:45 この辺りが斜面のピーク。

さっき見えた "秩父岩" のてっぺんに当たります。

IMGP5020.jpg

IMGP5023.jpg





9:48 "笠ヶ岳" が見えた

あの稜線を歩くのか~ わくわくします♪

この時は何かもう着いたような気分になってました。(^^;

IMGP5024.jpg





ちょっとした岩場の斜面に、草紅葉したチングルマ。

その果穂が青空に向かいスッと伸びていました。

雪がなければ山はまだ秋の装いです。

白い雪が、冬はすぐそこまで来ていることを告げています。

IMGP5025.jpg
                               




10:00 岩場を越えて、ハイマツの中を進みます。

右手正面には "笠ヶ岳" に向かう たおやかな稜線

IMGP5027.jpg





左手には対照的に 険しい穂高の稜線

IMGP5028.jpg




10:15 "抜戸岳" の分岐です。

IMGP5032.jpg




下山はここから "笠新道" を使います。

この分岐から "笠ヶ岳山荘" まで70分(復路50分)。

山荘から山頂までは20分(復路15分)です。

さっきはもう着いたような気がしてましたが、この稜線けっこう長いんですよね。




休憩入れると往復で3時間か・・・戻ってきて13時過ぎだ。

ここから新穂高温泉まで、下山のコースタイムは 4時間50分!

バスターミナルに着いたら 18時!?


"抜戸岳" は余力があったら帰りに寄ることにして、まずは "笠ヶ岳" へ急ぎます。

↑ ・・って言うか、絶対余力ないでしょう。(笑)



どうせ戻ってくるし、TONOはザックをここにデポ。

姫のザックに必要品だけ詰め替え、身軽になります。

・・・で、ザックは姫に背負ってもらいました。


「え~っ !? 普通逆でしょ!」 ・・・って声が聞こえてきそうですが、

この時点で姫の方がはるかに元気だったもので。 (*^^*)

IMGP5033.jpg




小さなアップダウンを繰り返しながら、"笠ヶ岳" はだんだん近づいてきます。

しかし、残念なことに急速に雲が湧いてきました。

雲の合間から時おり笠は確認できますが、槍穂は完全に雲の中に入ってしまいました。

槍穂を見ての稜線漫歩のはずが・・・(T_T)




さて姫は、2組ほど先行する登山者を追い抜いたようです。

そしてついに、姫の姿は見えなくなりました。

ザックを背負った姫に置いてかれるってどういうこと。

IMGP5035.jpg


・・・

・・・

と言うことで、途中の写真がありません。





テン場の手前で姫にようやく追い付きました。

(正確には姫が待っててくれたんですけどね ^^;)



テン場の岩に書かれた文字。

これは 「ガンバ」 かな。↓

IMGP5036.jpg




11:16 「山荘スグソコ」

「スグソコ」 ・・と書いてありますが、決してすぐそこではありません。

見えてはいるんですけどね~

IMGP5037.jpg




ここまで来れば、もうすぐそこです。

IMGP5039.jpg




11:25 "笠ヶ岳山荘" に到着。

TONOはもうヘロヘロです。

IMGP5040.jpg




姫 「このまま山頂行くでしょ。」

殿 「えっ~!? お昼食べて休憩しない?」

姫 「山頂行って、下りてから食べようよ。」

殿 「無理! もう疲れて動けない!」

姫 「・・・」

TONOが殿様っぷりを発揮して、結局休憩することになりました。 (*^^*)





山荘前の温度計は、5.5℃・・じっとしてるとやはり寒いです。

IMGP5042.jpg




中に登山者は誰もいなく、閑散としていました。

もうシーズンも終わりですね。

この4日後に小屋はクローズになったようです。

IMGP5043.jpg





昼食に二人ともラーメンを食べました。

ープも飲み干して、元気復活です。 (^^v

IMGP5044.jpg



 (笠ヶ岳山頂~長く急な「笠新道」 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. shu-ran | URL | -

    No title

    こんばんは。寒くなってきましたね~~
    笠ヶ岳も結構な距離を歩くんですね。だけど景色は絶景!!

    しかし、姫さんの根性にはいつも脱帽です。
    何故、そこまで早いのでしょうね~毎回尊敬。

    稜線も、槍穂方面と全く違うんですね。
    たおやかと言う言葉、良いですね。
    勉強になります!!

    ( 2009年11月03日 20:08 )

  2. クロちゃん | URL | -

    No title

    いつもながら、快晴の山並み、素晴らしいの
    一言ですね。紅葉に雪化粧した山、綺麗ですね。

    もう、この時点では初冬の山ですね。
    寒さもきっとあって、tonoはお疲れでは?
    こういう時の暖かいラーメンって、本当においしいですね。
    おつゆまで飲む気持ち分かりますね。

    しかし、いつもながら姫さんのパワーには圧倒されてしまいます。
    どんな方か、一度お目にかかってみたいですね。

    笠新道のきつさは、噂には聞いていますが
    どんな感じなのか、次回を楽しみにしています。

    ( 2009年11月03日 20:26 )

  3. 札幌温泉人 | URL | -

    絶景に感動っす(^^)

    TONOさん こんばんわ。

    素晴らしい景色・・絶景に感動っす(^^)
    稜線を歩くって、凄く気持ちが良さそうっすね。
    そこまで、行くには、過酷なことも多いだろうけど・・。
    TONOさんに、言われた通り・・・
    来年は、自分の足で、その景色を見に行こうと思います (^^)v

    山小屋で、食べるラーメンって、うまいだろうなぁ~。
    小さな時、スキー場のロッジで、ラーメン食べるのが、楽しみだったし・・・
    なぜか、めちゃくちゃ美味く感じた思い出があるなぁ~。
    スープも飲み干して、元気復活・・それ、わかります (^^)

    ( 2009年11月03日 20:50 )

  4. オニキス君 | URL | -

    No title

    長そうな稜線ですね、って長いかぁ(笑)
    こんな上にも山小屋があるんですね~
    HIMEさんは鉄人か!!
    言わないでね~TONOさん、HIMEさんに
    出禁になっちゃうから
    すたこらっさっさ、パワーみなぎってますね~
    でも、昼前でも5.5℃...食事をとらないと死んでしまいますよ~
    素朴なラーメン大好き!

    ( 2009年11月05日 19:01 )

  5. ゆぅ&かん | URL | -

    No title

    こんばんは~(^^)

    冠雪した山並みって魅力的ですよね‥(^^)
    吸い込まれそうになります‥(^-^)
    姫さん体力あるんですね、前の方を2人も抜いちゃったんですか‥(^^;
    疲れた時は男も女もありませんから、ザックを背負ってもらった方が良いですよね‥(^^)
    私達も良く重いザックをうちの姫に背負ってもらっていますよ‥(^^;
    女性は、たくましいです‥(^0^)
    疲れた時や冷えた時のラーメンは格別に美味しいですよね、元気が付きますね‥(^^)
    TONOさん達は冬山も登るんですか、私達は冬山は登ってません、
    冬山も魅力あるんだろうな‥(^-^)/

    ( 2009年11月06日 18:37 )

  6. kita | URL | -

    No title

    こんばんわ。
    笠ヶ岳も良いですね~
    また行きたい山が増えちゃいました(o^∇^o)

    スノーシュー
    僕も買おうか迷っています。
    半年近く山に行かないなんて考えられなくて(笑)

    ( 2009年11月07日 17:33 )

  7. TONO | URL | -

    shu-ranさんへ

    こんばんは、草津も雪が降りましたか~?

    笠ヶ岳って何気にキツイ山です。
    笠ヶ岳山荘に宿泊すれば余裕ですが、
    宿泊なしでそのまま下山しようとすると、
    どのルートもコースタイムで11~12時間かかります。

    姫は旭川出身なんですよね。
    子供の頃は父親に連れられ、大雪山とかに登ったって言ってます。
    それが早く歩ける要因ですかね~
    本人は根性って言ってますが。 (^_^;

    ( 2009年11月03日 20:52 )

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    こんばんは
    快晴の山の景色は登った人しかわからない素晴らしさですよね。
    あの景色を見たら、それまでの苦しい登りを忘れますね。

    …とは言っても、体は疲れ切ってて、姫に全く付いて行けませんでした。(T_T)
    もし姫が単独なら、 二人の時の1割~1.5割減の時間だろうな…って思います。

    笠新道はただひたすら下ったという感じです。
    ともかく辛かったです。 (^^;

    ( 2009年11月03日 21:07 )

  9. TONO | URL | -

    札幌温泉人 さんへ

    こんばんは
    稜線を辿って山を歩くのは気持ち良いです。
    山の上で遥かに続く稜線を見ると、そこを歩いてみたいって思いますよ。
    来年は温泉人さんも上からの景色を見てくださいね。(^^)

    山で食べるラーメンって美味しいですよね。
    汗かいて塩分が不足してるから、 スープも全部飲みしてしまいます。

    ( 2009年11月03日 21:17 )

  10. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    笠ヶ岳に向かって、雲上をたおやかに伸びるこの稜線は、
    晴れて槍穂高が見れれば、素晴らしい稜線漫歩となるでしょうね~
    この日はガスで槍穂を見れず残念でした。

    それにしても空身なのに、 ザックを背負った姫に付いていけないとは…
    私も先行する登山者を何人か抜いてますから、 そんなに遅くはないんですが…
    まさに鉄人HIMEです。 (笑)

    ( 2009年11月05日 20:43 )

  11. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    姫は旭川出身なんですが、北海道の女性はたくましいんですかね~(^^;

    私たちは天気が安定している時に日帰りで雪山に行くことはありますが、
    基本的には冬は山に登ってません。
    でも今年はスノーシューで、いろいろチャレンジしてみようかと思ってます。
    雪山って凄く綺麗だけど魔力を感じますよね~

    ( 2009年11月06日 21:12 )

  12. TONO | URL | -

    kitaさんへ

    こんばんは
    笠ヶ岳はなかなか登り応えのある山です。
    せっかくなら晴れた日に登りたいところですね。

    スノーシューは昨年体験して良かったので、
    今年は本格的にやってみようかと思ってます♪

    ( 2009年11月07日 18:49 )

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/344-d7341535
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。