スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 笠ヶ岳 Vol.6

2011年12月28日 08:09

2009.10.10(土)~10.11(日)

1日目 新穂高温泉~わさび平小屋~(小池新道)~鏡平山荘
2日目 鏡平山荘~弓折乗越~大ノマ乗越~秩父平~笠新道分岐~笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳~
     笠ヶ岳山荘~笠新道分岐~杓子平~笠新道登山口~新穂高温泉




2009.10.11(日)

鏡平山荘を出て5時間20分、笠ヶ岳山荘に着いた二人。

ヘロヘロ状態のTONOでしたが、温かいラーメンを食べて復活!



11:52 姫のザックは小屋にデポして、山頂に向かいます。

IMGP5045.jpg




休んでる間に、完全にガスがかかってしまいました。

視界は30mくらいでしょうか・・・石屑の道を登っていきます。




12:04 祠がある場所に着きました。

笠ヶ岳頂上の文字に、姫はてっきりここが山頂だと思ったようです。

IMGP5046.jpg



でも・・山頂にしては標柱とかがないよねぇ・・・

あれ!? 向こうになんかあるよ。

左側へ続く道を辿るとすぐに、三角点のある場所に出ました。




12:06 ここが "笠ヶ岳"(2,898m)の山頂のようです。

P1060158.jpg




あっぶねぇ~ 気付いて良かった~

ここまで来て、山頂を踏まずに帰るところでした。 (^_^;

IMGP5050.jpg
                                  (プレートの裏側です)





ここから、槍穂の姿を見てみたかったな~

IMGP5049.jpg
                          (槍穂は残念ながら雲の中です)




12:12 ガスで展望のない山頂を後にします。

途中何も見えませんでしたが、急にガスが切れると山荘はすぐそこでした。

小屋の後ろに見えるのは、"小笠" と呼ばれる小さなピーク。

IMGP5051.jpg





12:22 山荘に戻りました。

姫のザックを取ったらすぐに下山開始です。

帰りはTONOがザックを背負って行くことに。 (^^;

IMGP5052.jpg





12:33 "サヨナラ岩" を通過。

またいつか来れるかなぁ・・・

IMGP5055.jpg





ガスの中、稜線を下っていきます。

IMGP5056.jpg





行く先が見えないとちょっと不安。 (・・;

IMGP5058.jpg




この辺りは "播隆平" と呼ばれる場所か・・・?

地図によると、右下に池があるはずだけど・・・

IMGP5057.jpg




12:50 スッパリ割れた岩の間を通り抜けます。

IMGP5059-1.jpg
              (この岩は抜戸岩と呼ばれています)





12:57 チングルマの果穂が風に揺れる気持ちの良い場所です。

夏は一面のお花畑なんだろうなぁ。。。

IMGP5063.jpg





おっ~! 雷鳥だ~♥

さすが悪天候の使者・・・このガスに誘われて出てきたのでしょうか。

IMGP5066.jpg
                             (冬に向けて白く変身中ですね)




さてここで問題です。

この写真の中に何羽の雷鳥がいるでしょうか?

IMGP5068.jpg








答えは・・・・・・・3羽・・なんですが、保護色って凄いですよね~

実際にすぐ近くで見ていても、動かないと見失います。 (^_^;

コピー ~ IMGP5068






13:29 "笠新道" 分岐です。

ここでTONOは、デポしたザックを回収。

IMGP5070.jpg



IMGP5071.jpg


わずかに上ると "抜戸岳" の分岐。


しかし当然ながら、

"抜戸岳" に寄るような

時間的・体力的余裕はなし。(^^;


そのまま真直ぐ下山です。




ガスガスの中、"杓子平" へ向けて下ります。

IMGP5072.jpg





晴れていれば、笠と抜戸の迫力ある姿を見れるのでしょうが・・・

IMGP5073.jpg




この時間、けっこう登ってくる人とすれ違いました。

もう時間的に日帰りは無理でしょうから、皆さん上で宿泊ですか。

翌日の天気も良さそうだし、山頂からの素晴らしい景色を見れたんでしょうね。

来シーズンは快晴の日に笠でテント泊してみたいところです。




14:15 "杓子平" の道標が立つ場所を通過。

IMGP5075.jpg




"抜戸岳南稜" を乗り越して進みます。

IMGP5077.jpg






ここから長~い急坂を下ります。

下っても下っても着かない、長い長い、キツ~イ下りです。

IMGP5083.jpg





遥か下の方に白い線のように見えるのは・・・ "蒲田川" か。

これからあんな下まで下りるの!? ・・・眩暈もんです。 ( ̄▽ ̄;)!!

IMGP5088-1.jpg





この "笠新道" は、標高差1,600m の北アルプス屈指の急登。

ちなみに笠ヶ岳~新穂高温泉は、標高差1,800m もあります。

登りに使うと体力的に凄く辛そうです。

下りにしても膝の負担が大きいです。




このルートにも標識が完備されています。

標高100m毎に、この標識が立っていました。

IMGP5085-1.jpg
                            (槍穂高の眺めが一望できます)





でも槍穂は完全に雲の中。

ちょうど標高2,500mくらいから上は、厚い雲に覆われていました。

IMGP5082-1.jpg
                        (手前の中崎尾根とその奥に蒲田富士)





山の中腹では、まだ紅葉も見れました。

P1060164-1.jpg





"ゴゼンタチバナ" の赤い実です。

P1060162-1.jpg





気が遠くなるほど下り膝はガクガク、「もういい加減にして・・・」 と思う頃、

ようやく蒲田川佐俣林道に降り立ちます。

P1060165-1.jpg





16:20 往路で見送った "笠新道登山口" 戻ってきました。

さすがキツイと言われる "笠新道" ・・・本当に疲れた~

P1060166-1.jpg






さてあとは "新穂高温泉" までの林道歩きです。

IMGP5095-1.jpg





16:35 中崎橋の上です。

欄干が曲がるほど雪が積もるんですね。 (・・;)

IMGP5096.jpg





ホウバを見つけて嬉しそうな姫。

IMGP5099-1.jpg
                             (この人まだまだ元気です ^^;)




17:10 林道のゲートまで来ました。

前を歩いていた3人は、ここで車に乗り込んでました。

ここに車を駐めていれば・・・ (T_T)

IMGP5103.jpg





17:20 新穂高バスターミナル着。

ここから車を回収しに、鍋平まで上らないと!

ロープウェイ駅に行ってみますが・・・すでに営業は終わってました。

そこでこの日の宿に電話したところ、迎えに来てくれることに。




5:35 観光案内所前のベンチで待ちます。

IMGP5104.jpg



もう暗くなり、バスもないし、タクシーも見かけません。

観光案内所の窓口も終わっています。

同じ槍穂の玄関口である "上高地・沢渡" と比べると閑散としてます。


20分程待つと、旅館の若奥さんが迎えに来てくれました。

鍋平駐車場まで送ってもらい、真っ暗な駐車場から宿に向かいました。


 (終わり)


今年のブログは今回にて終了です。

一年間ご訪問頂きありがとうございました。

来年は正月明けに再開予定です。


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 札幌温泉人 | URL | -

    雷鳥・・・

    TONOさん おはようございます。

    雷鳥・・TONOさん、いわく、ライv-238ライv-238っすよね。
    さて?何羽いるでしょうか?と・・何羽もいるので、
    高地の山には雷鳥は多くいるのかと思ってました。
    先日、テレビを見ていると・・雷鳥の絶滅を救えって、講演会の模様を目にする機会が・・。
    温暖化や餌の問題など色々な要因で、極端に生息数が減少、
    生息する高山も限られてきている状況なんだと・・。この様なことを知りました。
    TONOさんとのお付き合いがなければ、山への興味、あるいは雷鳥だとかも、
    きっと気にすることはなかったと思います。TONOさん、姫さんへ感謝っす(*^_^*)
    何か、取り留めないコメントですいません(^^;)

    ( 2009年11月05日 08:42 )

  2. JJ | URL | -

    おはようございます。
    いやぁ~今回も歩いてますねぇ。 とても日帰りとは思えません!
    雷鳥の写真問題...一羽も見つけれませんでした。 残念!
    初めて生の雷鳥みました(写真ですけど・・)
    お菓子でしか見たことなかったので、ちょっと嬉しいですね♪
    それにしても毎週のような山行、お疲れ様です。
    これからの季節はどうするんですか?!
    ゆるい旅をオススメします♪

    山本館の湯、残念でしたね。日によって違う感じはありましたけど...
    こまめに調節しているとも思えないような(^^;

    ( 2009年11月05日 08:52 )

  3. ゆぅ&かん | URL | -

    こんばんは~(^^)
    笠ヶ岳この山も高くて美しい山並みですね‥(^0^)
    雪と緑の稜線のコントラストがたまらなく綺麗です‥(^^)
    何時かは、行ってみたいですね‥(^0^)
    雷鳥は全部で4羽ですかね‥???
    疲れきって登山口まで下山して車に乗り込む人を見るとガッカリしますよね、
    でも迎えに来てもらって良かったですね‥(^-^)/

    ( 2009年11月06日 18:23 )

  4. オニキス君 | URL | -

    こんにちは、サヨナラ岩ですかぁ~名づけましたね!
    山頂は、サッパリした感じですね。
    山小屋が近くに見えますけど、実際距離ってありそうですが、どんなもんですか?v-410
    今回は雷鳥は3匹当てましたよ!前回は数が少し足りませんでしたが(笑)
    チングルマが風にたなびいているのが良いですね~
    ひざがガクガクになってしまうほど、お疲れ様です(笑)
    ホウバはでかいですよね、お面作って遊べますから~
    今度は車ここにおいて行きましょうv-411
    宿の方も、何故ここに?って思ったでしょうね。

    ( 2009年11月07日 10:25 )

  5. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    おはようございます。早速のコメントありがとうございます。

    確かに高山に行って雷鳥を見かけることはそう多くありません。
    今年の春頃「白山で70年ぶりに雷鳥を発見!」というニュースがありましたが、
    どこの山でも雷鳥はその数を減らしているんでしょうね。

    ( 2009年11月05日 11:02 )

  6. TONO | URL | -

    JJ さんへ

    こんにちは
    鏡平~笠ヶ岳~杓子平~新穂高温泉は、標準タイムが12時間のロングコースでした。
    笠新道の下りがとても辛かったです。(>_<)

    これから雪が降って本格的な冬が来れば、山にはそうそう行けませんので、
    ゆる~い温泉旅行が多くなると思います。(^^♪
    ただ天気が良い日には、スノーシューで雪上ハイキングもイイかなと考えてます。

    ( 2009年11月05日 11:13 )

  7. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    こんばんは
    笠ヶ岳は槍穂の人気の陰で、そんなに登る人も多くない孤高の山です。
    でもその稜線は凄く魅力的です。
    槍穂を見ながらの稜線漫歩・・・
    今回はかないませんでしたが、いつかまた歩いてみたいです。

    雷鳥は写真に写ってるのは3羽なんですが、実際に見たのは4羽でした。
    1羽は写真に入らなかったです。

    ( 2009年11月06日 21:18 )

  8. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんにちは
    よく雷鳥分かりましたね~
    私はその場で見てても、雷鳥が動きを止めた瞬間、見失いました。(笑)
    山頂から小屋までは10分くらい。
    写真を撮った場所からは1~2分だったでしょうか。
    途中チングルマの果穂がたくさん風に揺れていて、今度は夏に訪れてみたいと思いました♪

    ( 2009年11月07日 15:56 )

  9. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    こんにちは。  笠ヶ岳も侮れないロングルートなんですね(>_<) そこから槍穂眺めてみたいです。  ちょっと早いですが、今年もお世話になりましたm(_ _)m 来年も頑張ってブログアップしていきたいです(^^)/

  10. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    笠は登りごたえあって想像以上にキツいですよ。
    おそらく笠の日帰りは、甲斐駒黒戸尾根の日帰りに匹敵するキツさだと思います。
    単純に標高差だけを比較すると、新穂高温泉~笠ヶ岳は1,800m、
    黒戸尾根は2,200mと甲斐駒黒戸尾根の方があるんですが、
    時間的には同じくらいかかる感じがしました。
    来シーズンは快晴で槍穂の眺望が良い時に、笠でテント泊してみたいです。

    こちらこそたくさんのコメント頂きありがとうございました。
    "温泉行こうね" のご発展をお祈りしております。
    来年もよろしくお願いします。(^^)

  11. ZEP400 | URL | -

    今年も ヨロシクです(^^ゞ

    あけました!
     おめでとうです!!
    ことしもよろしくです。

    今年は春で 色々なことから解放されそうです。
    少し多めに…山と温泉と野営に行けそうです。

    本年もお互い健康に留意して
    自然に 溶け込みましょう ZEP400(^^ゞ

  12. devilman | URL | -

    今年は、楽しく、また興味深い山登り紀行をたんと読ませていただき、大変ありがとうございました。
    この笠新道、計画外で、何の気なしに登ってしまったことがあります。
    上でテント張りました。
    どうか、またお気をつけて山登りを続けてください。
    来年も、よろしくお願いします。

  13. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    明けましておめでとうございます。
    今年も楽しい山旅と温泉を楽しみにしています。

    TONOさんの記事を参考に、山旅を考えたいと思います。

    笠ヶ岳、まだ登っていないので、今年こそ・・?
    まずは 体つくりからと 思うお正月です。

  14. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    おめでとうございます。 今年もよろしです。
    特にキャンプについてはご指導のほどお願いします。

    山と温泉と野営・・・今年もどんどん行きますよ~
    ZEPさんも怪我を治して春から楽しみましょう。

    年末年始は北アルプスに行って来ましたよ。(^^v

  15. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    昨年中は色々とコメントを頂きありがとうございました。
    大変励みになりました。
    今年もよろしくお願いします。

    笠のテント山行いいですね。
    あのテンバから槍穂の稜線を見てみたいです。
    でも笠新道はかなり覚悟を決めないと入れません。(^^;

    devilmanさんもお気を付けて山行を楽しんで下さい。(^^)

  16. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    おめでとうございます。
    今年もよろしくおねがいします。

    私も笠はまた登ってみたいですが、裏銀座の奥地にも行きたいし、
    もっと時間が欲しいところです。(^^;

    クロちゃんさんは家でお正月ですか?
    私は燕に行ってきましたよ。
    2011年最後の夕日と、2012年の初日の出を拝んできました。(^^v

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/345-95285fe0
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。