スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の燕岳 Vol.6

2012年01月11日 18:10

2011.12.30(金)~2012.1.1(日)

1日目 宮城ゲート 10:21~14:13 中房温泉
2日目 燕岳登山口 6:57~9:52 合戦小屋 10:18~11:32 燕山荘 12:40~13:12 燕岳 13:26
     ~13:58 燕山荘
3日目 燕山荘 7:23~7:53 合戦小屋 8:04~9:10 燕岳登山口 9:26~11:59 宮城ゲート




2011.12.31(土)

冬の燕岳を目指した二人。

燕山荘の受付を済ませ、燕岳の山頂を往復しました。

快晴で風も穏やか、山頂までの稜線歩きは最高でした。



13:58 燕山荘に戻ると、ちょうどツアーが到着したようで大混雑。

混雑が収まるまで、景色を見たり、写真を撮ったり。

IMG_1020.jpg




部屋に戻ると大分人が増えていましたが、皆さんツアーではないようです。

大勢のツアー客はどこに入ったんでしょう・・・・?

暖かい本館に入ったのかなぁ・・・



基本的に本館は暖かいですが、奥に行くにつれ寒くなってきます。

一番寒かったのが最奥の棟に行く途中のカイコ棚。

結局ここには誰も入りませんでした。


IMG_1051.jpg IMG_1052.jpg
IMG_1053.jpg IMG_1054.jpg

12  1:本館から別館に向かう階段   2:階段の途中にある凍りついた扉
3|4  3:階段を登った所の空間      4:二人の部屋はカイコ棚を通過してさらに奥




二人はストーブの前に陣取って、ビールとツマミでダラダラと過ごします。

最初この空間は扉が開放されていたのですが、

気付くと締め切られていて、かなり暖かくなってました。

IMG_1022.jpg



南向きの窓からは光が差し込み、明るい日溜りの空間です。

例年ならこの窓は雪で覆われて何も見えないとの事ですから、

今年はかなり雪が少ないようです。

ここには強力な乾燥室(箱)も置いてあって、心強いです。




窓からは居ながらにして絶景を望めます。

西には常念山脈が大天井に向かって伸び、その背後に槍穂の稜線。

陽は大分西に傾いてきました。

IMG_1025.jpg




東には安曇野市街の向こうに八ヶ岳と南アルプス。

その間にうっすらと富士山です。

IMG_1024.jpg





16:40 西の空がオレンジ色に染まってきました。

二人も小屋の外に出てみました。

すでに多くの人が、カメラを片手に西の空を注視しています。

IMG_1028.jpg




そして西鎌尾根と笠の稜線が重なる辺りでしょうか・・・

IMG_1029.jpg




陽は今まさに沈もうとしていました。

IMG_1033.jpg






燕岳もホンノリと茜色に染まっています。

IMG_1039.jpg




おっと、こいつも忘れちゃいけんません。

とぼけた顔してババンバン。(笑)

IMG_1046.jpg






16:43 そして、2011年の最後の夕陽が沈みます。

IMG_1036.jpg






2011年も二人でいろんな山に登りました。

そして遅ればせながら、テント泊デビューの年でもありました。

キャンプに始まり、6月にはここ燕岳で初のテント山行。

・・・残雪の上でのテント泊は寒く長い夜でした。 (^^;

テントを担いでの西鎌尾根~キレット越えも経験しました。

重くてツライけど、テント泊に不思議な魅力を感じた1年でした。

2012年も良い山行ができますように。。。

IMG_1043.jpg





16:48 陽が沈んだ後も、人々は茜色の余韻が残る稜線を見つめていました。

皆さんは、2011年はどんな年だったんでしょう・・・

IMG_1047.jpg







夕焼けショーが終わると、ちょうど夕飯の時間。

17:00 そのまま食堂へ向かいます。

ハンバーグ、焼き魚、ポテトサラダ、肉じゃが・・・美味しく頂きました。

IMG_1048.jpg




さて、この日は大晦日。

夜はお酒と年越し蕎麦のサービスがあるとのアナウンス。

消灯時間が過ぎても食堂だけはライトを付け、TVも放映するらしい。


夕食後は例のストーブの周りに座り、うつらうつらとその時間を待ちます。

大晦日に早く寝ると、皺や白髪が増えるって言うし、何とか眠らず頑張りました。(^^;




19:29 食堂に行くとすでに皆さん着席して、TVでは歌合戦を放映中。

二人も何とか空いてる席を確保します。

まずは燕山荘のオーナー赤沼氏の挨拶と、山荘のスタッフ紹介。

P1020326.jpg




そして、キンキンに冷えた "大雪渓" が振る舞われます。

スッキリした飲み口・・・ちょっと厳かな味がしました。


IMG_1055.jpg IMG_1057.jpg
IMG_1056.jpg IMG_1058.jpg

12  1:食堂に集まった宿泊客   2:振る舞い酒のサービス
3|4  3:二人で乾杯          4:年越しそば



その後は年越しそば・・・ちょっとだけ。(笑)

今年も無事に1年を終える事ができました。 

来年も "細く長く" 健康に過ごせますように。

「・・・でも姫はあまり長生きしなくてもイイんだよね」 (姫談)

姫的には "太く短く" で良いらしい。 (^^;


こうして2011年の大晦日は、燕山荘での年越しとなりました。


 (続く)


人気ブログランキングへ ← ポチっと一押しお願いします。

FC2 Blog Ranking は山ブログが少ないので、
新春から人気ブログランキングに参加する事にしました。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 雲です | URL | P7ldfwG2

    羨ましい、限りデス・・・

    温泉に始まり、温泉で終わる・・・ではなくて、
    山に始まり、山で終わる・・・でしたか(笑

    山を知ってから、燕での年越しは憧れです♪
    ソロじゃ、あまりにも寂しいので
    Kちゃんと行きたいのですが・・・
    雪の急登を一緒に歩いてくれるのか?少々不安です(苦笑
    注:私も「太く短く」がいいカモです(笑

    今季こそは、何処かのお山で
    お会い出来る事を願っております、、、m(__)m

    追)そうそう、小屋の二段ベットって「カイコ棚」って言うんですね?
    ほんと、言い得てますねぇ~
    私は、何時も棚で頭ぶつけてます(学習能力無し)ヨ(微笑

  2. しょもも | URL | -

    こんにちは。

    大晦日の燕山荘。
    10年以上先になるかもしれないけれど、いずれ行く時をイメージして
    見ています(^_^)
    下界では何でもないことだけど、ここで年越しまで起きているのは
    大変そうですね。

    >姫的には "太く短く" で良いらしい。 (^^;

    あ~、私も!
    姫さんとは気が合うかもしれません(^^)

  3. TONO | URL | -

    雲さんへ

    燕岳での年越しは私もず~っと憧れていて、
    ここ数年狙っていたんですが、天気が悪くて諦めてました。
    今回は快晴の予報に満を持して行って参りました。
    雲さんも天気の良い年に是非。
    天気さえ良ければ、Kさんも(どなたか存じ上げませんが ^^;)
    きっと一緒に歩いてくれると思いますよ。(^^v

    山小屋はカイコ棚タイプの所が多いですよね。
    二段にすることで収容人数は倍に増えるので、空間の有効活用ができますし。
    でも天井がどうしても低くなるので、時には頭をぶつける事もあるかも。
    それに上の段だと疲れた脚に梯子が辛かったりします。(^^;

  4. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    こんにちは
    燕山荘での年越し、しょももさんは10年以上先になりそうですか・・・
    それまでに私はあと2回くらい行きそうです。(笑)
    燕山荘は居心地の良い場所がいろいろありますから、年越しまで起きてるのは大変かも。
    朝から登ってきてほどよく疲れているし、アルコールも入ると異常な睡魔が・・・(^^;

    しょももさんも "太く短く" 派ですか~
    じゃあ、年越しうどんですね。(笑)

  5. ZEP400 | URL | -

    最高の トシコシ・・・

    こんばんわ~
    良いトシコシですね!(^^)!ウラヤマシイ
    ただ…笑っちゃいけない・・・が 
     見れないのは俺にはキツイかもです。

    やっとパソコンの不調から脱出しました。
    足は…大晦日から自己判断でギプスはずしたので…
     まだしばらくかかりそうです。
    湯浴みもぬるめしかダメです(^^ゞ

  6. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    本当に良い年越しができました。
    こんなに天気がイイなら、毎年ここで年を越したいくらい。(^^)
    でも5年振りに晴れたらしいので、今度行くのはまた数年後かな・・・

    ZEPさんの脚はギプスを外してリハビリ状態でしょうか。
    やはり体が万全でないと山にも温泉にも行けませんし、早く良くなることを祈っております。
    春には山に行けるぐらい回復すればイイですね。

  7. だジィ | URL | -

    おはようございます。

    本当によい天気ですね。
    行かなかったのが悔やまれます。
    いつかは行きたい(いつになるやら)
    裏技参考にさせていただきます。(笑)

    寝るときは寒く無かったですか?
    自分昨年の5月に行った時、図書室?の上の
    2階の大部屋に寝たんですけど
    例の寝袋ではなくて、布団だったのですが
    とても寒かったんですよ。
    次からは自前の寝袋持ってこようと思いましたもん。

  8. TONO | URL | -

    だジィ さんへ

    天気が良いとやっぱり冬山はキレイです。
    だジィさんも天気の良い時に是非。
    いつか行かれるだジィさんの参考になれば幸いです。

    燕山荘の夜はさほど寒さは感じませんでしたよ。
    例の寝袋様の布団に入って寝たら朝まで良眠できました。
    中房の夜が異常に寒かったので、凄く快適に感じました。
    中房に泊まるときはシェラフがあると良いかも知れません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/353-f0741b3c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。