スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の燕岳 Vol.7

2012年01月13日 12:59

2011.12.30(金)~2012.1.1(日)

1日目 宮城ゲート 10:21~14:13 中房温泉
2日目 燕岳登山口 6:57~9:52 合戦小屋 10:18~11:32 燕山荘 12:40~13:12 燕岳 13:26
     ~13:58 燕山荘
3日目 燕山荘 7:23~7:53 合戦小屋 8:04~9:10 燕岳登山口 9:26~11:59 宮城ゲート






2012.1.1(日)

冬の燕岳に登頂した二人。

燕山荘で新年を迎えました。

前日寒さに震えた中房温泉と違って、心地良い目覚めでした。



燕山荘の布団はミズノのブレスサーモを使ったモノ。

ブレスサーモは、人体から発生する水分を吸収して発熱効果をもたらす保温メカニズム。

比較的薄くて軽いのに、とても暖かいです。

しかもこの布団は封筒型シェラフ様の構造なので、

多少寝相が悪くともスッポリと身体を包み込んでくれます。


外はマイナス20℃の稜線に立つ山小屋ですが、

この布団+毛布で、暖かく良質な睡眠を得ることができました。

凄いぞ、ブレスサーモ & 燕山荘♪



さて自然に目を覚ますと5時過ぎでした。

ちょうどスタッフがストーブに火を入れてくれたので、

布団を出てストーブの横でボーッと過ごします。



窓からは見える空は厚い雲に覆われ、寒々とした景色。

天気はこの日から下り坂だし、初日の出は厳しいかなぁ・・・

そんな中、燕岳での御来光を狙う人達が、準備を済ませ出ていきます。

IMG_1076.jpg
                            (モノトーンのイメージ画像です 笑)





朝食は並んだ順。

6時10分前に食堂に向かうと、すでに長蛇の列。

食堂の前がちょうどトイレですぐそこが玄関と受付なので、

朝食に並ぶ人、トイレに出入りする人、燕岳で日の出を見ようという人で大混雑。

6時になる前に食堂の準備が整った様で、順に席に案内されます。



6:01 二人も席について朝食です。

昆布、黒豆、蒲鉾、鰤の焼き物、雑煮・・・と正月らしいモノが並びます。

やはり雑煮を食べると正月気分が盛り上がりますね。

ごちそうさま~

IMG_1060.jpg







6:34 朝食を終えて部屋に戻ると、窓からは明るくなりつつある東の空。

上空は厚い雲に覆われていますが、帯状にオレンジのラインが見えています。

IMG_1061.jpg





西の空に視線を移すと、常念山脈は見えていますが、槍穂の稜線は雲の中。

IMG_1063.jpg





6:46 東の空は一層オレンジ色に染まり、八と南アがクッキリ。

そして富士山のシルエットもしっかり拝めました。

IMG_1064.jpg





曇り空ではありますが、御来光が望めそう♪

出てすぐに雲に隠れそうですから、チャンスは一瞬です。

当初は小屋の外で御来光と考えていたんですが、この窓からでも十分でしょう。

考えることは皆さん一緒で、この窓の周囲はにわかに活気付いてきました。

窓の外にチェックを入れながら、荷物をまとめ出る準備を進めます。

IMG_1065.jpg





6:54 太陽が顔を出し始めました。

IMG_1068.jpg




6:56 そして2012年の初日の出。。。

標高2,700m、燕山荘から見る御来光です。

横着して暖かい小屋の中から見てしまいましたが。 (^^;

IMG_1070.jpg



さてと、姫と新年の挨拶を交わします。

「年が明けたよ♪  おめでとう、今年もよろしくね ♥」




7:12 準備を済ませ小屋を出ると、燕岳はちょっとだけモルゲンロートに染まってました。

IMG_1077.jpg





テン場から続く雪面は白いキャンバスの様で何やら美しい。

IMG_1079.jpg




残念ながらこの日の天気は下り坂。

結局太陽が顔を出したのは15分程度だったでしょうか。

分厚い雲の切れ間から、まさに奇跡の御来光でした。


太陽が雲に隠れると、風雲急を告げる感じで横殴りに小雪が。

完全な雪にならないうちに下りましょう。




7:23 アイゼンを履いて、下山を開始します。

IMG_1082.jpg





小屋の裏から合戦尾根・・・先行する登山者が数名。

太陽はそろそろ完全に雲に隠れてしまいそうです。

IMG_1083.jpg




途中から雪が強くなってきました。

IMG_1090.jpg




黙々と尾根を下ります。

IMG_1089_20120112172327.jpg




7:47 合戦沢ノ頭からは右に下りていきます。

IMG_1092.jpg





7:53 小屋から30分ほどで、合戦小屋に到着。

ここで重い12本爪のアイゼンを外し、チェーンスパイクに付け替えます。

体も暖まったので、インナーを脱いで体温調節。

IMG_1094.jpg





8:04 合戦小屋を出て、登山口を目指します。

IMG_1096.jpg




富士見ベンチ、第3ベンチ、第2ベンチ、第1ベンチとノンストップで通過。

9:10 一気に燕岳登山口です。

ここでチェーンスパイクを外し、トイレを済ませます。

IMG_1103_20120112173712.jpg


ちなみに表のキレイなトイレは閉鎖されており、

裏の冬期トイレを使うのですが、これが異常に汚いです。

利用する場合は心して入らないと、思わずたじろぎます。(笑)




気付いたら姫は山スカに着替えてました。

この人、どこでも山スカなんだよね。 (^^;

9:26 さて後は宮城ゲートまで。

IMG_1104.jpg




一旦は外したチェーンスパイクですが、凍結した箇所はツルツル。

下山時に一番怪我が多いのが、この凍結した林道での転倒らしいので、

躊躇なくチェーンスパイクの再登場です。(着脱が簡単だと面倒がらずに付ける気になります)

IMG_1106_20120112175053.jpg




チェーンスパイク装着にてスリップフリーの林道歩きを満喫。(笑)

IMG_1109.jpg




基本的に平坦~下りなので惰性で歩けますが、信濃坂のトップまでは唯一の上り。

疲れた脚にはそれなりにキツい。

IMG_1112_20120113102723.jpg




標高が下がるにつれて、青空が広がってきました。

途中で一枚脱いで体温調節した以外は、ノンストップでひたすら歩き続けます。

IMG_1111_20120113085459.jpg IMG_1115.jpg
IMG_1121_20120113085554.jpg IMG_1120.jpg

 12  1:一部凍結した流れ   2:信濃坂
 3|4  3:芳雄地蔵菩薩   4:下界は青空が広がっていました



ゲートまで1kmくらいの地点(宮城ゲートまで20分ほどの所)で、

docomoが通話可能になったので、南安タクシーに迎車の電話を入れます。




11:59 宮城ゲートに到着。

ちょうどタクシーも到着したところで、ジャストタイミングでした。

IMG_1123.jpg


 


タクシーに乗り込み、しゃくなげ荘の登山者用駐車場まで。

二人の車を入れて駐車車両は3台のみでした。

元旦から高速の渋滞にハマりたくないので、風呂も入らずそのまま帰路に着きました。



燕山荘での年越しは、天気に恵まれて最高の山行になりました。

元旦は雲が多い天気でしたが、何とか初日の出も見れたし大満足。

こんな穏やかな天気ならまた行きたいところですが、

次はもっと厳冬期らしい景色も見たい気もします。


 (終わり)


人気ブログランキングへ
 ← ポチっと一押しお願いします。

FC2 Blog Ranking は山ブログが少ないので、
新春から人気ブログランキングに参加する事にしました。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    ゴライコウ・・・

    こんばんわ~
    新年 大変良いむかえ方ですね!
    そして 初日の出。

    元旦から気持良い山の過ごし方…
    十二分に伝わってきます(^^ゞ

  2. ZEP400 | URL | -

    あっ 追伸

    スイマセン追伸です。

    ミズノのブレスサーモの技術には 俺も驚きました。
    インナー用として持っている数年前のミズノのダウンが
    30%ブレスサーモで、薄いんだけど暖かい!

    今季はインナー系からの薄手ダウンがはやりなので、
    風が無ければ 普通に着れてます。
    厚いダウンと変わらずの暖かさには感心です。
                   くだらん追伸でした(^^ゞ

  3. じもら~ | URL | -

    冬の燕岳

    毎回楽しく拝見しています。
    燕岳の年越しいつかはと思っています。
    詳細レポありがとうございました。

    スノーチェーン良さそうですね。
    この間、石井スポーツで見て良いかもと
    思っていましたが便利そうですね。

  4. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    家でノンビリ迎える新年も悪くないですが、
    動けるうちはこんな非日常的な新年の迎え方も良いですよね。(^^)

    ブレスサーモって暖かいんですね。
    夏に泊まった時はその凄さがよくわかりませんでしたが、
    今回はその効果を実感しました。
    私はブレスサーモのウエアは持ってないんですが、
    ベースレイヤーかソックスを買ってみようかな。

  5. TONO | URL | -

    じもら~さんへ

    冬の北アルプスはハードルが高いですが、
    年末年始の燕岳は訪れる人も多いですし、
    中房温泉も燕山荘も営業してるので比較的行きやすいですよね。
    私は数年前から燕山荘での年越しを狙ってたんですが、天気が悪く断念してました。
    今回は天気が良さそうだったので、思い切って行ってみました。
    これまで何度か燕に登ってますが、今回が最高の山行でした。(^^)

    チェーンスパイクはその着脱の容易さは特筆ものです。
    凍った道もしっかりグリップしますし、着けてる事を感じさせない軽さも良いです。
    急な斜面ではさすがにグリップに不安がありますが、
    非常に便利で実用的な商品だと思いますよ。

  6. devilman | URL | -

    よかったですね。

    前日の大晴天といい、ラッキーな初日の出といい、ご苦労されたかいがありましたね。
    登山口までの10キロ以上の雪道歩きには躊躇してしまいますが、行ってみたいと思わせるに十分な山紀行でした。
    スノースパイク、アマゾンで見て、興味を持っていましたので、大変参考になりました。秋の谷川岳や子持山など、アイゼンでも、キックステップでも歩きにくく、滑りやすい中途半端に、どうしたもんだろうかと、思っていましたので、試してみたいと思います。
    ありがとうございました。

  7. ノラの小走り | URL | 9/37nIp6

    はじめまして♪

    TONOさん、はじめまして。
    ノラの小走りと申します。
    登山歴は1年弱、の初心者です。

    ブログのタイトルに惹かれて、おじゃまさせていただきました(^-^ )

    燕岳での初日の出、素敵ですね。
    マイナス20℃とはさすがだな~という感じですが、
    こんな場所で御来光を見ながら年明けを迎えられたなんてすばらしいです。

    私も燕岳は親子で昨年の夏に登り、その人気ぶりに驚いたのですが、冬も賑わってるんですね~

    また時々おじゃまさせてくださいね!

  8. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    欲を言えば元日も晴天だったらもっと良かったんですが、
    奇跡の初日の出も見れたし十分ですね。(^^;

    チェーンスパイクは非常に守備範囲が広いと感じました。
    雪~凍結~土~岩・・・と路面状況が変化するようなシーンで重宝します。
    軽アイゼンでも良いのかも知れませんが、
    着けるのがけっこう面倒だし、雪が無くなると途端に歩き難いし・・・
    チェーンスパイクは圧倒的に軽くて着脱が極めて簡単。
    しかも土の上でもほとんど違和感がないです。
    そしてソール全体を覆う形なので安定感があります。
    この土日は1人で雲取山に登りテン泊してきましたが、
    山頂~山荘までの雪の斜面でも活躍してくれました。
    これは買って損はないものだと思いますよ。(^^)

  9. TONO | URL | -

    ノラの小走り さんへ

    はじめまして、訪問&コメントありがとうございます。

    燕岳での初日の出は一瞬な感じでしたが、
    標高2,700mの北アルプスのその稜線上で新年を迎える・・・
    そんな非日常的な経験ができて良かったです。
    マイナス20℃+風で体感温度はかなり低かったと思います。

    年末年始の燕岳は人気の山ですよね。
    中房温泉、燕山荘が営業していて、登る人が多いのでトレースはしっかりあるし、
    ワンドが立ってるのでホワイトアウト時にも迷いにくい、尾根登りで雪崩の心配がない・・・
    冬の北アルプスとしては非常に登り易いのではないでしょうか。
    ただ年末年始の時期を過ぎると訪れる人はほとんどいなくなるみたいです。

    ノラの小走りさんは親子で登山されてるんですか。
    とても素敵な事ですね。これからも続けて下さいね。(^^)

  10. いい山行でしたね^^
    話題のチェーンスパイクかみさん用に持っているのですが、自分用は4本刃で済ませていました。 急ではない所で雪が深くても使えそうですか? 夏の雪渓にも良さそうなので、買おうか買うまいか?毎回悩んでいました。

  11. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    こんにちは
    チェーンスパイクは私も夏の雪渓用に買ったのですが、
    結局昨年は白馬も針ノ木とも歩くチャンスがなくて、
    今回思わぬところで活躍しました。
    傾斜がなければ雪がある程度あっても使えますよ。
    当然膝まで潜る位深ければ、ワカン等が必要になりますが。
    なおワカンとの併用はできません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/354-3298d66b
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。