スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 丹沢表尾根縦走 後編

2012年01月18日 08:12

2012.1.8(日)

蓑毛10:21~11:26ヤビツ峠11:28~11:47表尾根登山口~12:37二ノ塔12:45~
12:58三ノ塔~13:19烏尾山~13:41行者岳~14:14新大日茶屋~14:25木ノ又小屋~
14:48塔ノ岳15:12~15:22金冷シ~15:34花立山荘15:37~15:51天神尾根分岐~
16:02堀山の家~16:18駒止茶屋~16:38見晴茶屋~16:51観音茶屋~17:12大倉






ポッカリ空いた日曜日に電車バスを乗り継いで、丹沢を訪れたTONO。
寝坊したため出発時間が大幅に遅れましたが、表尾根から塔ノ岳を目指します。
二ノ塔、三ノ塔、烏尾山、行者岳と越え、だんだん塔ノ岳が近付いてきました。



IMG_1197.jpg


13:55 政次郎尾根からの道が合流。
ここは "政次郎の頭"。



14:14 急斜面を上りきると、"新大日"(1,340m)。
ここには "新大日小屋" が建っています。
ここから "札掛" からの道が合流して、木段の下りとなります。


14:25 "木ノ又小屋" を通過。
傍らに少々雪が残りますが、ほとんどないですね。

IMG_1202.jpg IMG_1200.jpg
IMG_1204.jpg IMG_1206.jpg
 12  1:新大日(1,340m)  2:新大日茶屋
 3|4  3:下りの木段     4:木ノ又小屋





この辺も雪が降ると景色が一変するんですけどねぇ・・・

IMGP0423.jpg
                          (2009.3.1 雪化粧した丹沢表尾根)




最後の急斜面を上りると山頂です。
14:48 塔ノ岳(1,491m)に着きました。
時間が遅いのと、天気が今ひとつという事もあるのか、人影はまばらです。

IMG_1214.jpg




ちなみに昨年も同じ時期に登っていましたが、その時はこんな感じ。↓

IMG_5645.jpg
                                (2011.1.16 塔ノ岳山頂)




ここでパンを食べて休憩。
テルモスのお湯が非常に美味しいです。
ただのお湯なのに何でこんなに美味いんでしょ・・・



天気予報がバッチリ当たって、予報通りの曇り空です。(TT)
晴れてればこの背後に富士山が綺麗に望めるんですが・・・

IMG_1216.jpg




↓ こんな風に、表尾根は富士山の眺望が素晴らしい所です。

IMG_5619.jpg
                       (2011.1.16 丹沢表尾根から富士山を望む)




こちらは丹沢最高峰の "蛭ヶ岳" ・・・未だ未踏のピークです。
ここ塔ノ岳からピストンするとコースタイムで5時間ほど。
下から日帰りはなかなか厳しいので、やはり1泊2日の行程かなぁ。

IMG_1218.jpg



でも丹沢の小屋に泊まるのは、何故か抵抗があるんですよね。
丹沢って自宅から見えるし標高もさほど高くないので、
日帰りできる山・・・と言う思い込みがあるのかも知れません。(^^;



以前 "塩水橋" から2時間半くらいで丹沢山に登った事があって、
そこから "蛭ヶ岳" を目指せば日帰り可能だとは思うんですが、
そこまでの林道が二度と走りたくないくらい狭かった記憶があります。
・・・と言う訳で、未だ未踏の "蛭ヶ岳"。(^^;




反対側には東京の都市を見晴らします。

IMG_1225.jpg




中心部にズーム。
中央の高層ビル群は新宿副都心、やや右手は霞ヶ関のビル群か・・・
そして高く聳えるのはスカイツリー!?
小屋に泊まったら夜景がキレイだろうなぁ。。。

IMG_1227ー2






どこからともなく鹿の鳴き声・・・
見ると立派な角を持った雄鹿がすぐ近くに!
此奴いつからここに居たんだろう・・・ (^^;
人を見ても逃げるでもなく、自然体でやけに落ち着き払ってます。

IMG_1223.jpg





IMG_1230_20120117174518.jpg

フッと気付くと誰もいません。
皆さん下山したようで・・・
牡鹿とTONOの二人きり。




15:12 下山開始。
大倉尾根を一気に下ります。

IMG_1232.jpg





こんな時間ですが、何人か登ってくる人とすれ違います。
連休の初日なので、小屋泊まりで明日は縦走するんでしょうか。
この大倉尾根にも山小屋が多いです。

IMG_1240.jpg IMG_1251.jpg
IMG_1255_20120117183654.jpg IMG_1262.jpg
IMG_1271.jpg

  1|2  1:花立山荘  2:堀山の家
  3|4  3:駒止茶屋  4:見晴茶屋
  5|6     5:観音茶屋
             







ノンストップでただひたすら木段を下ります。
大倉尾根・・・通称バカ尾根。
この "バカ" には色んな意味が込められてるんでしょうね。(^^;

IMG_1234_20120117181427.jpg IMG_1245.jpg
IMG_1248_20120117181502.jpg IMG_1258ー2




途中にはこんな気持ちの良い尾根歩きもあるんですけどね。

IMG_1253_20120117182445.jpg IMG_1259.jpg




左手(東側)には上りで使った表尾根・・・三の塔、烏尾山が確認できます。
そして尾根の向こうの三角錐は大山。

IMG_1238_20120117182828.jpg





大倉まで下りると、黄昏時・・・秦野市街に明かりが灯ります。

IMG_1281.jpg




17:12 大倉バス停に着く頃には暗くなってましたが、
ヘッデンは登場せずに済みました。
そしてほどなくバスがやってきました。
ミッション達成・・・何とか夕飯の時間には家に帰れそうです。 (^^;

IMG_1283ー2


 (終わり)


人気ブログランキングへ ← ポチっと一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking は山ブログが少ないので、新春から人気ブログランキングに参加する事にしました。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 凄ーい!! 立派な鹿がすぐそこに!!
    俺だったら、ちょっかい出して角でやられていたかも>_<

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    この鹿、どうもこの山頂付近にいつもいるようです。
    人に慣れてて、と言うか人を全く無視して前を通り過ぎて行きました。(^^;
    何年か前に姫と登った時に、姫が鹿にチョッカイ出して、
    角で胸をドンと突かれてましたよ。

  3. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    危険

    こんばんは~

    鹿結構危ないから気を付けた方が・・・
    札幌温泉人さんは、鹿に襲われ電柱に登り難を逃れたと言う伝説もあるし(汗)
    角の生えた雄鹿はちょっと怖いですね~

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    鹿って自分から人を襲ってくることもあるんですか!?
    この時は気付いたら、すぐそこに角の生えた雄鹿がいてビックリ。
    しばし目が合ったんですが、何事もなかった様に前を通り過ぎて行きました。
    でもあの角で突かれたら確かに危険ですよね。

    温泉人さんの鹿伝説の話は以前読みました。
    電柱に登って巻舌で鹿を追い払ったという話ですよね。(笑)

  5. しょもも | URL | -

    私が最近歩いている山と標高的に似た感じ・・いや、丹沢の方が高いんです
    けどね~、景色が違いすぎ!
    雪山ばかり歩いていると、たまにはこのような登山道を歩きたくなります。
    でも今週末は丹沢にも雪が積もるんでしょうね。

  6. TONO | URL | -

    しょももさんへ

    冬型の時は太平洋側と日本海側じゃ、天気が正反対ですものね。
    丹沢はもろ太平洋側ですから、なかなか雪が積もってくれません。
    しょももさんが歩いてる低めの雪山が羨ましいです。(^^;
    確かに今週末は丹沢も雪になりそうです。
    これが根雪になればそのあと多少は積もるんですが・・・

  7. ZEP400 | URL | -

    ん~冬なのに・・・

    こんばんわ~

    冬なのに ほんとに雪ないですね~
    例年より少ないとは・・・
    まるで こちらの晩秋初冬のような感じですね。

    あれ!?
    ミッション達成なら・・・
    ヘリコプターテで帰るのかと思ってました(^^ゞ

  8. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    今年の冬は東京に連続35日の乾燥注意報が出されたくらいで、
    雪どころか雨も降らない状況でしたが、今朝はみぞれっぽいのが降りました。
    丹沢では間違いなく雪でしょう。
    この南岸低気圧が何回か通り過ぎると丹沢でもまとまった積雪になります。
    週末が晴れれば雪化粧した丹沢を見に行きたいところですが・・・

    ミッション達成ですが、姫と一緒じゃないとヘリは来ません。(笑)
    私はバスと電車を乗り継いで帰りますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/356-198ef6f3
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。