スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 冬の雲取山 プロローグ

2012年01月19日 19:59

2012.1.14(土)~15(日)

センター試験があった土日は、東京でもグっと冷え込みました。

試験ではトラブルが続出で受験生も大変ですよね。


この週末、姫は用事があり、山に行くのは無理と。

TONOは・・と言うと、またまた土日で連休。

姫に出されたミッションもあるし(笑)、やっぱり一人電車で山か!?

・・・

・・・

さて、年越し燕山荘で見た純白の雪の中でのテント泊。

ハードルは高いけど、TONO的にはちょっと憧れちゃったりするわけです。

「えっ!絶対無理!殿様だけテントね!姫は小屋に泊まるから」 って言われちゃいましたが。(^^;

IMG_1080.jpg
                    (2012.1.1 燕山荘のテン場)




・・・で、フラっと入った山の店で衝動買いしちゃいまいました。


VL33冬用外張り
プロモンテVL33(34)の冬用外張り。 (^^;

これで極寒地での気密性・耐風性がアップ。

スノースカートが雪や風をしっかりガード。



本当に厳冬期の雪山に行くかは別として、GWには使えるかな・・と。

ただGWだと雨が降る可能性もあり、普通のフライも必要になりますが、

まぁ、どっちみち雨ならテント泊しないし。(笑)



さて買ったとなると使いたくなるのが人の常で、早速どこかで試し張りをしたいところ。

週末連休だし、じゃあちょっと行ってみますか♪

電車で行けて、テントが張れて・・少し雪があった方が雰囲気出るかな♪

・・・で、狙った先は鴨沢コースで "雲取山"



昨年10月に "三条の湯" から東京都の最高峰を目指したにもかかわらず、

不覚にも山梨県側のピークのみ踏んで帰ってきたあの山です。(笑)

IMG_9909_20120117135157.jpg
     2011.10.29 雲取山  ↑ 現在このお腹の肉が問題となっております ^^;)




と言うことで登って来たんですが・・・、ここで悲しいお知らせがあります。

カメラのバッテリーがなくなり、ほとんど写真が撮れてません。

しかも登り始めて早々、まだ登山口にさえ着かない内にです。



その直前まではバッテリーの表示はまだ全然減ってなかったのに・・・

以前からフルチャージの表示から1段階減ったと思うと、

アッと言う間にエンプティーになる傾向にはあったんですが、

今回はフルからいきなりエンプティー。


寒さが原因かとバッテリーを温めてみても変わらず・・・ (T T)

もう登るのやめて帰ろうかと思いました。




DVC00142.jpgもしここが丹沢だったら

間違いなくそのまま帰宅したところですが、

奥多摩の鴨沢って遠~いんですよね・・・

自宅から電車とバスを乗り継いで、

3時間半~4時間かかるわけで、

また同じ時間かけて戻る気にもなれず・・・

泣く泣く登り始めたTONOなのでした。




・・なので、この山行レポはあまり気が乗らないんですが、

途中から携帯のカメラで少々写真を撮ったので、それを使って作成することにしました。


本編は登って、休んで、登って、山頂。 テント泊して下山・・・という、

"超スピーディーな展開" かつ "イラスト風(!?)の写真" でお送りします。 (爆)


(続く)


人気ブログランキングへ
 ← ポチっと一押しお願いします。

FC2 Blog Ranking は山ブログが少ないので、
新春から人気ブログランキングに参加する事にしました。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    冬山テント・・・いいですね

    こんばんわ~
    テント いいですね!
    山絵 今回は試練でしたね~

    冬山用なら、寒くなったら余裕で使えて 羨ましいです。
    気にはなるんですが・・・
    冬泊は、こちらじゃ命かかるんで、持ってません。

    カメラは バッテリー交換しかありませんね、きっと。
    でも 携帯絵 楽しみにしてますよ(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    今回は登山口に着く前にカメラがただの重りになってしまって・・・(T T)
    携帯絵は期待しないでください。
    ピンボケとか白飛びとか黒つぶれとかのオンパレードでした。
    あっ、昔の写真風というのもあるか・・・(^^;
    普段何ら感謝の念もなく使ってるカメラは優秀なんだな~って思いましたよ。

    冬用外張りは暖かいんですが、気密性が高いせいか結露が凄いです。
    気温が低いんで結露は凍ってしまい問題はないですが、
    中途半端に寒いと中はびしょ濡れになりそうです。(^^;
    帰宅後家の中にテントを立てて乾かしたんですが、けっこう激しく濡れてました。

  3. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    気になる冬用外張り

    こんばんは~

    冬用外張り購入ですか!!!
    僕もVLシリーズなのでずっと気になっていました。
    どんな使用感なのかなぁ~ 今から次回記事が楽しみです。

    カメラのバッテリー O社のは-10℃まで使用できると謳っていますが、
    寒いと極端早くバッテリーが消耗します。
    N社のコンデジは0℃までの使用温度ですが、
    こちらの方が-10℃でも、バッテリーのもちが良かったりします。

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    マニアさんもVLシリーズでしたよね。
    今回完全な雪山で張った訳ではないですが、実際に使用してみて、
    確かに気密性と耐風性は高いと思いました。
    スノースカートに雪を乗っければ更にアップしそうです。

    この時はまだ下の方でしたので気温はせいぜい0℃くらいで、
    今回よりずっと寒い所で使用した時は大丈夫だったんですが…
    前回の丹沢の時から充電しないで使ってたので、
    バッテリーの表示はフルでしたが実際はかなり減ってた可能性はあります。(^_^;
    いずれにせよ今後バッテリーの予備は必需品ですね。

  5. だジィ | URL | -

    寒い時期はご用心!

    こんにちは。
    毎日寒いですねー。
    まあ、一年で一番寒い時なので仕方無いですけどね。

    バッテリー、残念でしたね。心中お察しいたします。

    全然関係ないんですけど、
    僕も先日メガネのフレーム壊しちゃいまして。
    というのも、プラスチックフレームなんですが
    車の中が冷え込んでいたからか
    座席にちょこっと当たっただけで、つるの付け根が折れちゃいました。
    登山中にやっちゃったらと思うとメガネの予備も要るなあと
    思っちゃいましたよ(笑)

    TONOさん、ステップアップが早すぎますよ(笑)
    昨年のテント泊デビューからもう雪中テント泊ですね。
    今年末辺りは極寒期のテント泊になるんでしょうか。

    TONOさんのレポを拝見するとプロモンテVL33(34)は
    よさそうですね。
    今年、GETの第一候補になりそうです。

    冬用外張りの感想とても楽しみです。

  6. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    こんにちは
    今回の事を教訓にバッテリーは予備を一つ買っておこうと思います。
    もし夏の縦走の途中でバッテリーが無くなったらあまりにもショックですから。(^^;

    メガネの破損は私も何度か経験があります。
    岳沢でテントを張った時には朝まだ氷点下の時に、
    メガネに何か当たったと思ったらツルの根元が割れてました。
    度付きのサングラスがあったので事なきを得ましたが、
    この度付きサングラスがあったために起こった悲劇もあります。
    北岳山荘にテント泊した時(だジィさんに会った時の前の北岳)に、
    普通のメガネをテントのメッシュポケットに入れてたんですが、
    撤収の時にサングラスをしていたためにメガネを存在をすっかり忘れてて、
    そのままテントを畳んでしまいました。
    帰宅後メガネがないと大騒ぎして、結局テントの中から無残な姿で発見されました。(^^;
    最近折り曲げても大丈夫なメガネが出てるので山用に一つ作ろうかな・・・と思ってます。

    だジィさんも今シーズンはテント泊デビューですね。
    プロモンテは今のところ特に大きな不満はないです。
    張り綱が細く岩で擦れて切れやすいとか、(→交換しました)
    ポールが一体式で立てにくいとか、(→慣れの問題かな)
    ポールとフライを紐で結ぶところが面倒とか、(→これは改良の余地あり)
    中のメッシュポケットが少ないとか(→紐を張って吊り下げてます)・・・
    挙げれば小さな改良点はありますけどね。(^^;

    今回は雪中テント泊というほど雪はなかったので、
    実際に雪の上でテントを張るのはおそらくGWになると思います。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/357-ab5604bf
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。