スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 奥鬼怒 Vol.3 爽風の楽園

2010年07月03日 06:00

2009.6.27(土)

女夫淵温泉から歩いて加仁湯に着いた二人。

早速、鬼怒沼に向かいます。

11:37 林道を辿って行くと、鄙びた一軒宿の前に出ました。

「日光沢温泉」です。

IMGP2333.jpg

木造2階建ての古~い建物です。

ここにも雰囲気の良い混浴露天風呂が二つあるようです。

またの機会に入浴したいですね。



さて旅館の下をくぐると、登山道が始まります。

IMGP2334.jpg



鬼怒沼方面へ足を向けます。

IMGP2335.jpg



11:40 すぐに橋が現れ、渡ると本格的な登山道になります。

IMGP2336.jpg



しばらくは、登山道を緩やかに進みます。

IMGP2337.jpg


11:54 こんな標識が。

IMGP2338.jpg

ヒナタオソロシの滝!?

何やら恐ろしげな名前だ。

この他に、オロオソロシの滝というのもある。


宿で聞いたところ、ヒナタは日向、オロは日陰という意味で、

オソロシは恐ろしいと言うことらしい。

ふ~ん。 (リアクション少な過ぎ! ^_^; )


TONO的には、この先の "滝の展望台" でお昼・・・と思っていたのですが、

姫はもうお腹が空いてどうしようもないらしい。

と言うことで、ここでお昼にしました。

IMGP2339.jpg



12:12 満腹で再び登り始めます。

今までと違って、異常に急登ですけど・・・ (>_<)

でも先を行く姫はペースが全く落ちません。

すぐTONOの視界から消えます。



12:29 展望台です。

渡る風が気持ち良い~ (^。^)

IMGP2342.jpg

オロオソロシの滝が白い糸のように見えます。

う~ん。どの辺が恐ろしいのか・・・???



ここからは傾斜が緩んできますが、そこからがまた長かった。

IMGP2345.jpg


1時間ほどだらだらと登ると木道となります。

尾瀬ガ原へ向かう道に似ていますね。


13:36 急に視界が開け、鬼怒沼に到着しました。 (^o^)丿

IMGP2348.jpg

鬼怒沼は、標高2,020mに広がる高層湿原。

栃木県のはずれ、ほぼ群馬県との県境に位置します。


同じ湿原としてはあの尾瀬ガ原が有名ですが、

その尾瀬より鬼怒沼の方が標高は600mほど高く、

日本ではかなり高い場所に存在する湿原のようです。



13:37 とりあえずザックを下ろし休憩。

P1050486.jpg


爽やかな空気が、辛い登りを忘れさせてくれます。

この日湿原で出会った登山者は、4組8人と1匹(ゴールデン・レットリーバー)のみ。

とても静かな湿原でした。

このまま、ここにザックをデポして湿原を1周しましょう。

IMGP2362.jpg



可憐な高山植物を観察できます。

IMGP2360.jpg
                                   (タテヤマリンドウ)

IMGP2365.jpg
                                    (ヒメシャクナゲ)
 
IMGP2367.jpg
                                       (ワタスゲ)

IMGP2369.jpg
                           (イワカガミ)

IMGP2386.jpg
                                     (チングルマ)


来て良かった~♪

爽やかな風が吹き抜ける標高2,000mの楽園です。



右手に見えるのが、標高2,140mの "鬼怒沼山"。

IMGP2366.jpg



さらに進むと、前方に双耳峰が見えてきます。

東北最高峰、標高2,356mの "燧ヶ岳" です。

IMGP2377.jpg


"至仏山" と "燧ヶ岳" ・・・5年前、姫と一緒に登りました。

思い起こすと、懐かしいなぁ~



この先をひたすら行けば大清水。 尾瀬の入口か~ 

IMGP2374-2.jpg



鬼怒沼の向こうに聳えるのは、"根名草山" と "日光白根山"

IMGP2381.jpg
    (根名草山 2,330m)              (日光白根山 2,558m)


前には、関東最高峰の "日光白根山"

振り返れば、東北最高峰の "燧ケ岳"


ワタスゲの湿原の中、幸せな気分で歩きます。

IMGP2382-3.jpg
                          

50分ほどで湿原を1周。

IMGP2385.jpg



名残惜しいところですが、そろそろ戻らないと。

次はもっと早い時間に来たいな。。。


14:31 鬼怒沼を後に下山開始。



木道の上は歩きやすいですね。

IMGP2391.jpg



いつものように飛ぶように下る姫。

IMGP2392.jpg

先行する登山者をごぼう抜きです。(^^;)

まっ、ごぼうを抜くほど登山者はいませんが。(笑)



15:50 加仁湯に戻ってきました。

IMGP2402.jpg
    (玄関で何故か仁王立ちの姫。トイレ行きたいって言ってたから漏らしたのかと ^^;)


 (白濁の湯へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Zep400 | URL | -

    湿原と木道

    自分で大雪山の湿原の木道歩いたのは…5~6年前だったかな。

    自然の息吹を感じる壮大な景色が思い出されます。
    あ~行きたくなってきた…

    次は何所の山の絵くるのかな 楽しみ(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんにちは
    大雪山・・・奇麗でしょうね~
    先日NHKで大雪山の自然を特集した番組をやってました。
    あれを見ていると実際に行ってみたくなりますね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/36-73ae03bb
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。