スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 北八 スノーハイキング Vol.2

2012年02月04日 18:11

2012.1.29(日)

ピラタス蓼科ロープウェイ駐車場~山頂駅~坪庭~北横岳ヒュッテ~北横岳・南峰~
北峰~南峰~北横岳ヒュッテ~三ツ岳~坪庭~縞枯山荘
縞枯山~縞枯山荘~ピラタスロープウェイ山頂駅~駐車場






快晴の北八ヶ岳へやってきた二人。
この日はピラタスロープウェイを利用して、お手軽スノーハイキングです。(^^)
まずは坪庭から一歩きで "北横岳" に登頂しました。



森林限界を超えた山頂には、容赦なく強風が吹き付けます。
この北横岳、お隣の蓼科山、車山方面は良く晴れていますが、
南八方面は厚い雲に覆われていました。

P1020344.jpg
            (後ろに見えるのは蓼科山)



10:31 北峰から南峰へ戻ります。
途中で何人かの登山者とすれ違いました。
スノーシューを履いてる人、前爪のあるアイゼンの人、軽アイゼンの人・・・
ちなみに二人はチェーンスパイク・・・人それぞれですなぁ。
坪庭では靴に縄を巻いただけの人も見ました。  

IMG_1436.jpg




10:37 南峰を後にして下り始めます。

IMG_1441.jpg





白いモンスターに変身したシラビソの林を行きます。
う~む、北八ヶ岳らしい景色ですねぇ。。。

IMG_1445_20120202185621.jpg




山頂からの下りはけっこう急な斜面で、
チェーンスパイクではグリップ不足が否めずズルズル滑るんですが、
故意に滑らせて下る分にはこれがけっこう楽しかったりします。(^^ゞ




10:45 北横岳ヒュッテを通過します。
この日は宿泊客がいるのかヒュッテは営業中のようです。
ヒュッテのオジさんが何やら作業中でした。

IMG_1446_20120202195846.jpg




IMG_1469_20120202203057.jpg

10:50 "三ツ岳" 方面への分岐です。

この後は縞枯山に向かうのですが、
三ツ岳~雨池峠を経由しても、
縞枯山に行くことができます。





しかし・・・ 「この先、三ツ岳は岩場で危険です。軽装での方は入らないで下さい。」 の看板。
この "軽装" の意味がよくわからないので、このルートは無雪期にも敬遠してました。



"無雪期に歩いたことのないルートは、積雪期には歩かない"
これが二人のルールなんですが、(あくまでも基本的には・・・ですけどね ^^;)
先に伸びるトレースの誘惑に負けました。

IMG_1450_20120202203518.jpg





潅木帯~樹林帯を進むと、前方には岩場が見えてきました。

IMG_1452.jpg





基部まで行くと、鎖の張られた岩場です。
上部はある程度急ですが、まぁ大したことはありません。
この後に難所が待っているのか・・・

IMG_1455_20120202204144.jpg





11:10 鎖場を越えてちょっと行くと小ピーク。
標柱などはありませんが、ここが三ツ岳の山頂・・・?

IMG_1459.jpg





ピークから縞枯山をバックに一枚。

IMG_1461.jpg





そしてこの先に進もうと思ったんですが、ここでトレースは消失。
ツボ足の足跡は残っていたんですが、これって人間のものか・・・

IMG_1465_20120202205451.jpg




姫はその足跡を追って、少し先まで進みましたが、
途中で大腿まで埋まって四苦八苦してました。(^^;
ここは大きな岩が重なって形成されたピークの様だし、岩と岩の隙間はかなり深そう。
しかも地図を見るとこの先には急な下りが待っています。



岩にペンキマークがあるのかも知れませんが、この時期は雪に隠れているし、
いったいどっちに進めば良いのか・・・
こうなると万事休す。 引き返すしかありません。

IMG_1463.jpg





11:45 分岐まで戻ってきました。
素直に坪庭経由で縞枯山へ向かいます。

IMG_1468.jpg






この辺りは木々の間から陽射しが差し込み、明るい雰囲気。

IMG_1478.jpg





仰ぎ見れば、北横岳上空には相変わらずの青空が広がっています。

IMG_1479_20120202213215.jpg





一方、坪庭~縞枯山は雲に覆われ、暗~く、寒々しい雰囲気ですなぁ。
これからあそこに登るんだけど・・・( ̄ー ̄;

IMG_1471.jpg





12:02 坪庭探勝路に合流しました。

IMG_1483_20120202213522.jpg





さてこれは "雨池山" ですが、波型の "縞枯現象" がハッキリわかります。
この現象の原因には未だ定説はないようですが、
ミステリアスな縞模様は北八の特徴的な景色かも知れません。

IMG_1484_20120202213934.jpg






樹林の向こうに青い屋根が見えてきました。
お~っ! 縞枯山荘だ。。。
この小屋が見えるとホッとします。(^^)

IMG_1488.jpg






パッと周囲が開けて小屋の全体が見えてきました。

IMG_1490.jpg





12:17 縞枯山荘に到着です。
ちょうど昼時ですしここでお昼にしましょう。
ツアーでしょうか・・・20数名の団体が出発するところでした。
時間帯が重ならなくて良かった・・・(^^;

IMG_1491_20120202215150.jpg


 (続く)



人気ブログランキングへ ← ポチっと一押しお願いします。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    北八ツ

    毎回、拝読するのを楽しみにしています。
    今回の北横岳から縞枯山のあたりは、ぜひ今年行ってみたいと思っているところでしたので、大変参考になります。
    八ヶ岳は基本、積雪期に訪れていますが、白駒池以北に足を踏み入れたことがありません。(家族旅行で坪庭を散策したことを除けば)
    やはり、ぜひ行ってみたいですね、それもクロカンとか山スキーで。
    続きを楽しみにしています。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    コメント励みになります。
    北八はやはり冬に訪れる事が多くて、夏にはあまり行かないエリアですよね。
    登山口まで楽にアプローチできますし、険しい所もなくて、晴天率も高いので、
    冬になると俄然目がいってしまう場所です。
    私は今シーズンは真冬の天狗岳に行ってみようと思っています。
    devilmanさんはクロカンor山スキーですか~
    今回スキーを履いた人達もちらほら見かけましたよ。

  3. 『キラリ館』 | URL | -

    はじめまして。
    『キラリ館ブログキング』と申します。
    ご訪問いただければ幸いです。

  4. 超楽しそうですね~^0^

    チェーンスパイク二人分買いました。
    でも地震が多くてみいは怖いから行きたくないって・・・

    奥鬼怒でも行ってみようかな?

    天狗岳は道が開通した頃行くつもりです。

  5. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    チェーンスパイクはけっこう使えるシーンが多いですよ。
    降雪直後でない限り、北八のスノーハイクくらいならこれで用は足ります。
    道が開通する時期なら、天狗もこれで行けるでしょう。

    最近富士山近辺でも地震があったりして、確かに怖いですね。
    温泉とセットで奥鬼怒とか良いかもしれませんね。
    でも雪が深かったらワカンとかスノーシューとか要るかも・・・
    トレースがあれば問題ないでしょうけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/367-7013da8b
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。