スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 冬の赤岳 Vol.3

2012年02月29日 18:35

2011.12.24(土)~25(日)

1日目 美濃戸口8:08~8:56美濃戸9:18~(南沢)~11:50行者小屋12:17~(文三郎尾根)~13:23中岳分岐~
     13:58赤岳~14:20赤岳展望荘~14:31地蔵の頭~(地蔵尾根)~行者小屋~15:35赤岳鉱泉
2日目 赤岳鉱泉8:07~(北沢)~8:56堰堤広場~9:26美濃戸山荘~10:09美濃戸口





2011.12.24(土)

美濃戸口から入山して文三郎尾根で赤岳に登頂した二人。
地蔵尾根で下って、赤岳鉱泉までやってきました。
この日はここに宿泊です。

IMG_0746-2.jpg




受付時に尋ねるとまだ個室が空いているとの事。
今夜はXmasイブだし、ちょっとリッチ(+4,000円也)に個室にしました。
部屋は1階の食堂に近い場所。
4.5畳くらいの広さですが、なんと電気炬燵が置いてありました。
コンセントを接続して、スイッチを入れると・・・
「お~っ!点いた~!!」



IMG_0731.jpg

簡単に着替えを済ましたら、
炬燵にあたりヌクヌクです。
ビールで乾杯して、
ホッとする幸せな時間。





山小屋と言うより、山奥の一軒宿に居る感じ。。。
窓には霜が張り付き、天然のXmasデコレーション♥

IMG_0735.jpg




IMG_0724.jpg

部屋の隣は強力なヒーターが焚かれた乾燥室。
・・室と言うか扉はないので乾燥スペースか。
濡れたものもアッと言う間に乾きます。
前を通過するときは火傷に注意。




IMG_0737.jpg

  このヒーターが廊下も暖めていますが、
  離れるにつれ寒くなります。
  トイレ手前の廊下の外れが一番寒かった。



IMG_0738.jpg

ただここを通過して、トイレ・洗面の空間に入ると
ストーブが焚かれていて、ホンワカと暖かい。
冬の山小屋とは思えない快適なトイレでした。





さて、この小屋には鉱泉の名が付いてる訳ですが、
さすがにこの時期、風呂はやってませんでした。
冷泉なので沸かさなくちゃいけないし、燃料代がかさむんでしょうねぇ。

食堂の前には、マムート、ミレー、ノースフェースの最新モデルが展示してあります。
まぁここで買う人はそうそういないとは思いますが、宣伝にはなりそうです。

IMG_0749.jpg IMG_0728.jpg
IMG_0727.jpg

  1|2  1:食堂の向かいに自炊室
  3|   2:本棚に山雑誌があり暇潰しできます
       3:マムートのコーナー





17:00 夕食の時間です。
暖房の効いた食堂はとても暖かい。
テーブルにはステーキが乗っております。
「お~っ! これが赤岳鉱泉名物のステーキの陶板焼きか~」

IMG_0741.jpg



IMG_0742.jpg

お肉を焼いて頂きます。
思ったより軟らかくてジューシー。
とても美味しかった。

なお、スープとご飯はお代わり自由です。




小屋のスタッフはトナカイの被り物でのサービス。
クリスマス気分を盛り上げてました。

IMG_0743.jpg





夕食後は部屋に戻り、布団を敷いてコタツで寛ぎます。
姫は布団に入るとコタツに足を突っ込んで早々にお眠状態。
TONOが談話室で山雑誌を見ているうちに爆睡してました。(^^;
・・・で、消灯時間を待たずに就寝です。

IMG_0730-2_20120229133424.jpg


 (続く)



  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    これが 山小屋イブ

    こんばんわ~
    山小屋イブ いいですね~
    食事もアルコールも 旨そう。
    これに湯浴みができれば 完璧ですね。

    丁度このころ…俺は
    毎年恒例の「明石やサンタ」見る準備中でした~

    トノさん姫様の山小屋のイブ いいなぁ(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    こんばんは
    昨年はちょうどクリスマスが週末に当たり、山小屋イブを過ごすことができました。
    鉱泉なのでもしかしたら風呂も入れるか!?
    と期待したんですが、さすがに冬はやってなかったです。(^^;
    でも部屋はコタツで暖かかったし、食事も美味しかったので、
    良いイブを過ごせたと思います。
    姫もこの小屋には満足してたみたいです。
    ただ夕食前にビールを飲みすぎて、ワインが飲めなかったのは心残りですが。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/376-e494c641
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。