スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 冬の赤岳 Vol.4

2012年03月02日 06:55

2011.12.24(土)~25(日)

1日目 美濃戸口8:08~8:56美濃戸9:18~(南沢)~11:50行者小屋12:17~(文三郎尾根)~
     13:23中岳分岐~13:58赤岳~14:20赤岳展望荘~14:31地蔵の頭~(地蔵尾根)~
     行者小屋~15:35赤岳鉱泉
2日目 赤岳鉱泉8:07~(北沢)~8:56堰堤広場~9:26美濃戸山荘~10:09美濃戸口





2012.12.25(日)

赤岳へ登頂して赤岳鉱泉に宿泊した二人。
コタツに足を突っ込んで暖かい夜を過ごしました。


IMG_0748.jpg


7:00 朝食です。
鮭、焼海苔、納豆の定番メニュー。
普通に美味しいです。





この日は下山するだけの予定でしたが、
もしも快晴なら硫黄岳に行ってもイイかな~とも考えていました。
朝は一瞬青空が見えてちょっと期待をもたせたんですが・・・

IMG_0764.jpg




結局、赤岳~横岳~硫黄岳の稜線上の分厚い雲はとれず。

IMG_0760.jpg




8:07 真っ直ぐ下山することにしました。
いつものようにチェーンスパイクを着けたら出発です。
小屋の前は準備する人たちで混雑していました。
皆さん狙うは赤岳でしょうか、それとも硫黄岳?
我々は美濃戸口です。(笑)

IMG_0750.jpg




テン場は撤収する人や出発する人で活気があります。

IMG_0757.jpg




小屋の裏手には青白く光る巨大な人工氷瀑。
赤岳鉱泉名物のアイスキャンディです。
こうしている間にも上からは水が降りかけられ成長中。
その傍らに二人・・・トップロープで登るようです。

IMG_0758.jpg





アイスキャンディを過ぎて振り返ると、赤岳方面は完全に雲の中。
稜線上は吹雪いてそうですね・・・

IMG_0762.jpg





美濃戸を目指して北沢を下っていきます。
白い小枝・・・霧氷がとてもキレイです。

IMG_0763.jpg
IMG_0766.jpg




"峰の松目" 方向は青空が覗き、光を受けて白く輝く山肌が眩しい。

IMG_0772.jpg





何度か沢を渡り返しながらなだらかに下って行きます。

IMG_0777.jpg




上りに通った南沢は凍結していましたが、北沢には流れがあります。
やはり沢に鉱泉が流れ込んでいるためでしょうか。
沢床は茶色に変色していました。

IMG_0779.jpg IMG_0785.jpg
IMG_0789.jpg





標高が下がってくると霧氷もそろそろ見納めです。

IMG_0783.jpg




8:56 橋を渡ると堰堤広場です。

IMG_0793.jpg




あとはダラダラと林道歩きが続きます。
9:26 美濃戸山荘を通過。

IMG_0804.jpg




赤岳山荘を過ぎてしばらくは所々凍結していて、
やっぱり車で上がって来なくて良かったかも・・・

美濃戸~美濃戸口の中間点くらいで、一旦チェーンスパイクを外したものの、
やはり滑って転びそうになるのでTONOは再装着。
姫はそのまま外して歩いてました。

IMG_0808.jpg




10:09 美濃戸口の駐車場に着きました。
昨夜はこの辺りでも雪が降った様です。
駐車場にも薄っすらと雪が。
それにしても下は良い天気だ~

IMG_0811.jpg




中央道に向かう車中から見えた八ヶ岳・・・
上はやっぱり雲がかかってるなぁ。

IMG_0815.jpg


 (終わり)



  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ZEP400 | URL | -

    年中フィールド!

    おはようございます。

    1年中活動できるフィールド、よいですね。
    そこの自然にさえ溶け込めれば、
     どこでも1年中歩けますが・・・厳しいのにも限界が!
    山に厚い雲が被っていても上る人、すごいな~

    それにしても さすがエージェント姫
    滑らないんですね(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    ZEP400さんへ

    八ヶ岳の一般ルートは一年中人が多くて賑わってます。
    でもさすがに天気の悪いときは私は遠慮しときます。(^^;

    帰りの林道歩きで、私はチェーンスパイクを外した後は滑りまくってまくって、
    すぐにまた装着したのですが、姫は全然普通に歩いてました。
    しかも着けてる私より全然早くて、途中で姿を見失いました。(^^;
    あのツルツルの道で何であんなに早く歩けるんでしょう・・・
    やはり北海道の人は子供の頃から雪道に慣れてるんですかねぇ。

  3. kita | URL | CdCU2NDA

    お疲れ様でした~
    いつかは冬の八ヶ岳も行ってみたいですね。
    まずは滑落の心配のない山で慣れてからでしょうけど^^

    チェーンスパイクって気になりますねぇ。使えますか?

    それと長野の人もあんまり滑らないかもしれませんね。
    雪のある地域の人って無意識にそうなってるのかも(笑)

  4. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    チェーンスパイク!まだ遊歩道でしか使ってませんTOT
    憧れの赤岳!!まず夏に登ってみよう^0^

  5. TONO | URL | -

    kita さんへ

    チェーンスパイクはかなり使えます。
    前爪が無いし爪自体が小さいので、滑落の危険がある急な斜面では使えないですが、
    ちょっとした滑り止めとして使うなら最高です。
    アプローチで凍結した林道を歩くとか、所々雪がある山道を歩くとか、
    アイゼンを付けるほどじゃないけど、何かしら滑り止めがあると安心・・・
    と言うようなシーンでは無敵じゃないでしょうか。
    ともかく5秒で着けれて、1秒で外せます。
    軽いので持って行くのが苦にならないし、着けても足が疲れません。
    今年の夏は雪渓歩きに使おうと思ってます。(^^v

  6. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    みいとにゃーすけさんはチェーンスパイクをゲットしたんでしたね。
    冬の薬師岳まではこれで行けましたから、かなりのシーンで使えそうですよ。
    天狗岳、硫黄岳、蓼科山とか北八ならこれで行けるんじゃないかと。

    私も赤岳はまた登りたいですね。
    今度は快晴の時に冬の眺望を楽しみたいです。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/377-86359c8c
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。