スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 冬の丹沢山 前編

2012年03月27日 06:43

2012.3.4(日)

姫は朝から仕事でTONO一人の日曜日。(最近このパターンが多いです)
天気もいま一つだし、家でゆっくり静養か・・・と思っていたら、
「何言ってんの! 山に行って来なさい!」 と姫に尻を叩かれ、
丹沢の積雪状況を見に行くことに。(^^;


さて今年は1月に表尾根で "塔の岳" に登ったし、
この日は塔ノ岳の先の "丹沢山" まで足を延ばしてみることに。
丹沢山まで往復するとなると、塔ノ岳+2時間はかかるので、
この日はより簡単に塔の岳に立てる大倉尾根で登ることにしました。

本当は南岸低気圧が通過して丹沢に大雪が降った直後に行きたかったんですが、
なかなかこっちの都合の良い様には雪が降ってくれないわけで。(^^;



7:34大倉~7:41登山口~8:06二股の分岐~8:19大倉高原山の家~
8:26見晴茶屋~8:58駒止茶屋~9:59花立山荘10:11~10:26金冷し~
10:43塔の岳
10:47~11:12日高~11:26竜ヶ馬場~11:49丹沢山12:11~
12:40日高~13:05塔の岳13:10~15:13大倉バス停








電車で渋沢駅を降りて、大倉行きのバスに乗ります。
バスは満員で、立っている人もいました。
今にも雨が落ちてきそうな鉛色の空にも関わらず、さすが人気の丹沢です。

ちょっと驚いたのは、若い女性の単独行がチラホラ見られること。
ヤビツ峠と比較すると明らかに山ガールが多い気がしました。
昨今の山ガール人気で、山にはカラフルなウエアが増えましたが、
一人で冬の丹沢に登るとは・・・ブームが根付いたという事か。


7:35 渋沢から20分ほどで大倉バス停に到着。
トイレを済ませ、準備をしたら歩き始めます。

IMG_2082.jpg
                                (大倉バス停)



昨夜は雨が降ったのか路面は濡れていました。
車道を5分ほど歩くと、大倉尾根の登山口です。
先は長いしゆっくり先行の登山者を追います。

IMG_2086_20120316100418.jpg




8:06 30分ほどで二股の分岐です。
ここは左右どちらを選んでも所要時間は一緒。
(・・って書いてはあるけど、右の方が早い気がするんだよね ^^;)
この先で左右のルートは合流します。

IMG_2088_20120316113837.jpg



今回は確認したいことがあって、左側の道を選択しました。
空からは雨の様なミゾレの様なものがパラパラ。
雪ならまだ良いんですが、引き返したくなる様な天気ですなぁ・・・
まぁ上に行けば雪に変わるでしょう。




8:19 "丹沢の門" をくぐります。
左手に見えるのが "大倉高原山の家"。

IMG_2091_20120322175309.jpg





で、確認したいこととは・・・これ↓↓↓

IMG_2096.jpg





基本的に幕営禁止の丹沢で、大手を振ってテントが張れる唯一の場所。
TONO的にはいつかここでテントを張ろうと狙っているわけで。
おそらく姫は嫌がると思うのでソロかなぁ・・・ (^^;
この日はここで実際に張ってる人を初めて見ました。

IMG_2098.jpg
                     (ひとつはプロモンテVLで親近感 ^^)




8:23 "雑事場ノ平" でもう一方のルートと合流です。

IMG_2099_20120322181112.jpg





8:26 "見晴茶屋" を通過
ここは居心地良さ気で、いつか中に入ってみたいですね。

IMG_2101.jpg





石混じりの斜面を登り、様々なタイプの階段を上ります。
標高が上がると登山道に雪が出てきました。
8:58 "駒止茶屋" を通過します。

IMG_2108.jpg





9:36 いつしか雨は止んだものの、今度はガスが出てきました。
雪はあるものの滑り止めはまだ不要です。

IMG_2112.jpg




IMG_2118.jpg
9:59 "花立山荘" に到着。
寒暖計は0℃。 寒くはないですよねぇ。

山荘前のベンチでザックを降ろして休憩。
パンを食べてテルモスのお湯で喉を潤します。

下山の人が皆アイゼンを着けているので、
この先は滑り止めが必要みたいですね。
・・・で、チェーンスパイクの登場。
今シーズン何回目だろう↑
・・・本当に大活躍です。





10:11 花立山荘を後にして "塔の岳" を目指します。
実際はそんなに寒くないけど、図的には寒々しいですなぁ。

IMG_2119_20120322183955.jpg





この辺りからが冬の丹沢のお楽しみ。
冷たく湿った空気が木々に当たってできる、自然が創った芸術品です。

IMG_2126_20120322184343.jpg

IMG_2150_20120322185913.jpg




IMG_2129.jpg

10:26 "金冷し" を通過。
ここで "鍋割山" への道を左に分けます。
さて残り600mの階段歩きです。





真っ白にコーティングされた木々の間を行きます。
その美しさに足が止まります。
森の妖精とか出てきそうです。(笑)

IMG_2130.jpg





10:43 "塔の岳" 山頂(1,491m)に到着。
こんな天気にも関わらずけっこう人がいました。
尊仏山荘が見えるか見えないかですから、眺望はゼロですけどね。(^^;

IMG_2134.jpg





さてさっき食べたばかりだし、トイレを済ませたら、
この日の目的地 "丹沢山" へ向かいましょう。

IMG_2135.jpg


 (続く)



  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    姫様の叱咤

    ご自分がお仕事なのに、山を勧めてくれるなんて、本当にお優しい。
    TONOさんも自由に登れてうらやましい。。
    ・・なんて思ってしまいますが。。

    それにしても、あまり丹沢山を日帰り往復しようなんて思ったことがないのですが、頑張りますねぇ。。
    高校生の時に札掛で合宿していて、長尾根通って丹沢山まで日帰りで往復したことはありますけれど。
    せっかく丹沢山まで行ったのなら、そのまま北に三つ峰を縦走してしまった方がいいような気もしますけど。

    時々、こうした拝見していると、こちらも丹沢に行きたくなってきますよ。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    長尾根と言うと三の塔の北端のお地蔵さんの所から札掛に至る尾根ですか。
    私は歩いたことがないですが、人が少なそうで魅力的ですね。
    丹沢山から三つ峰の縦走もしてみたいですが、
    その距離の長さとバスの便を考えると躊躇してしまいます。(^^;
    丹沢も奥が深いですね。

    先日塩水橋から蛭ヶ岳に行ってきました。
    行程の長い蛭ヶ岳ですが何とか日帰りできるものですね。

    姫が私に山を勧める訳は、最近メタボ気味の私のお腹にあるのだと思いますよ。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/382-0560dd5e
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。