スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 残雪の蛭ヶ岳 Vol.1

2012年03月30日 11:16

今週末の土曜は大荒れの予報だし、日曜もパッとしないですよね。
週初め~半ばは天気が良いのに、週末になると崩れる・・・
最近そんな好からぬ周期に嵌ってます。

あ~、青空の下で雪の上を歩きたい!


・・で、先週末は絶対晴れそうな丹沢に行ってみることに。
いちおう姫も誘ってみたんですが・・・
「丹沢~!? ドロドロでしょ? 姫は留守番してるから行ってきてイイよ~」
と予想通りあっさりパスされました。(^^;
まぁ確かに、大倉尾根とかはドロドロのグチャグチャなのは否定しませんが。


さて丹沢に行くときは電車・バスが多いのですが、今回は車も使えるので、
車がなければアプローチしにくい登山口から登ることにしました。
"塩水橋" から入って、"丹沢山" を経由して "蛭ヶ岳" を目指します。
どこから登っても蛭ヶ岳への行程は長く、これまで敬遠していましたが、
丹沢山へ最短で登頂可能な塩水橋からなら、何とか日帰りできるのではないかと。



6:24塩水林道ゲート~6:50本谷林道出合~7:11天王寺峠~8:57堂平分岐~
9:44丹沢山
9:51~10:24不動ノ峰休憩所10:37~10:45不動ノ峰~10:54棚沢ノ頭~
11:12鬼ヶ岩~11:41蛭ヶ岳12:04~12:26鬼ヶ岩~12:45棚沢ノ頭~13:01不動ノ峰~
13:40丹沢山~14:05堂平分岐~14:50堂平~15:45塩水林道ゲート






2012.3.25(日)

5:05 自宅を出発。
この日の晴天を約束するかのように、東の空は茜色に染まっていました。

IMG_2497.jpg




5:57 宮ヶ瀬湖のやまびこ大橋を渡り、70号線へ入ります。
道幅が狭く擦れ違い困難な箇所もありますが対向車はほとんどなし。
左へ鋭角にカーブするヘアピンの所が塩水橋。
そこから100mほど行くと、右手に塩水林道が派生しゲートがあります。
6:15 この周囲の路肩に車を駐めました。

IMG_2500_20120328155120.jpg IMG_2504.jpg
IMG_2505_20120328155136.jpg

  1|2  1:やまびこ大橋を渡り70号線へ
  3|   2:塩水林道ゲート(ヤビツ峠側から)
      3:付近の路肩に10台ほど駐車可能





6:24 準備を済ませ、ゲートの右端から林道に入ります。

IMG_2506.jpg



IMG_2508_20120328163339.jpg

6:28 ほどなく塩水林道と
本谷林道の分岐点。
行きは本谷林道を直進して、
帰りは右手の塩水林道を戻ってくる予定。





本谷川に沿って林道を行きます。
左手に本谷橋が見えてくると、その右手前が登山口。

IMG_2511_20120328163838.jpg




6:50 しっかりした道標を確認して、登山道に入ります。

IMG_2512_20120328164039.jpg





杉林の中を一登りすると尾根に上がりました。
7:11 天王寺峠です。

IMG_2518_20120329075354.jpg




ここから尾根を辿っていきます。
傾斜は緩やかで、木々の間から覗く青空を見ながら快適に歩けます。

IMG_2523_20120329080458.jpg





登ってる人もいなければ、下りて来る人もいない・・・
実に静かな登山道ですが、テープマークがあって、
要所要所には道標も整備されているので安心して歩けます。

IMG_2526.jpg

IMG_2531_20120329080051.jpg





キュウハ沢出合からの尾根を併せると、やがて左手が開け稜線が見えました。

IMG_2543.jpg




中央のピークに小屋が確認できます。
寄ってみるとどうやら塔の岳に建つ尊仏山荘のようです。

IMG_2542.jpg




IMG_2545.jpg
歩き始めて2時間が経過し、
そろそろ疲れてきました。
8:23 倒木に腰かけ休憩です。
ここまで中間着だけで上がってきましたが、
吹く風はまだ冷たくシェルを羽織りました。




10分ほど休憩して歩き始めます。
葉の落ちた木々の中を進むと、やがて潅木帯に入りました。
8:57 "堂平" 分岐です。
この辺りは大分雪が多くなり、日陰では凍結しています。
ここでチェーンスパイクを装着しました。

IMG_2552_20120329094430.jpg




潅木帯が終わると、ブナ林に入ります。
この辺りから光に溢れ残雪の山歩きの幸せを感じます。
前方には丹沢山の盛り上がりが見えてきました。

IMG_2557.jpg




青空に伸びる葉を落としたブナが美しい。。。
これが霧氷になったらさぞかしキレイなことでしょう。

IMG_2563.jpg




雪が融けている箇所では階段が出ていました。
以前初夏に来た際に、コバイケイソウが群生していた記憶があります。

IMG_2564.jpg




鎖の架かるちょっとした岩場を越えると、雪いっぱいのブナ林。
雪上ハイキングの楽しさを満喫しながら、サクサクと斜面を登ります。

IMG_2573_20120329131343.jpg




9:39 三ッ峰への稜線に出ました。
左へ折れて、丹沢山へと向かいます。
雲が多くなってきましたが、まだまだ青の比率は多いです。

IMG_2577.jpg

 



9:44 5分ほどでみやま山荘の前に出ました。
この山荘も尊仏山荘と同様に、色を抑えてシックな感じですよね。

IMG_2579_20120329133441.jpg




とりあえず丹沢山の標識前で一枚。
3週間前と比べると大分雪が減っています。
残念ながら富士山には雲がかかり、チラッと裾野だけ。

IMG_2582.jpg




IMG_2691.jpg

9:51 まだ時間的には余裕があるし、
トイレを済ませたら、
いよいよ "蛭ヶ岳" へ向かいます。



  (続く)




  
  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    日帰り蛭ヶ岳

    そうですか~いまは、蛭ヶ岳を日帰りできるのですね。
    よく考えたら、別にずっと前から塩水林道はあるんだし、やろうと思えば日帰りできたんですよね。
    まったく考えたことがありませんでした。

    天王寺尾根も学生の頃は、一般の人が辿るような道じゃありませんでしたが、いまは立派な木道とかあるんですね。
    やはり、札掛から長尾根をこえて塩水に出て、天王寺峠から丹沢山、塔ヶ岳、そして新大日から長尾根を札掛まで、年末の一日に回ったことがありますが、本当に静かな山でした。
    懐かしいです。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    以前塩水橋から丹沢山に登った事があって、
    その時から蛭ヶ岳の日帰りは狙っていたのですが、
    バスが通ってないのでなかなか機会がなく今回初めてトライしてみました。
    天王寺尾根は以前通った時も木道が整備されていましたが、
    今回は道標とかも増えて非常に歩きやすくなっていました。
    人の多い丹沢ですが、ルートを選べば静かな山行を楽しめますね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/387-8c47ae18
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。