スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 白馬乗鞍 Vol.3

2012年04月23日 23:12

2012.4.14(土)~15(日)

1日目 栂池高原~栂の森~栂池自然園~天狗原(テント泊)
2日目 天狗原~白馬乗鞍~天狗原(テント撤収)~栂池自然園~栂の森~栂池高原








2012.4.15(日)

白馬大池での幕営を目指した二人でしたが、
下は雨、上は雪の天気にテンションも下がり気味。
強まる風雪に当初の目的地は断念し、
天狗原の外れにテントを張って一夜を明かしました。

姫は明け方になり寒さを感じたものの、良く眠ったようです。
一方TONOはハイテンションのまま0時頃に横になったものの、
凹凸な雪面になかなか寝付けず、寝たような寝てないような朝を迎えました。




5:00 プロトレックのアラームが鳴ります。
テントの外を確認すると、よし!晴れてる!
眠気も吹っ飛びました。

IMG_3017.jpg




東の空には雲海が広がり、ほんのりとオレンジ色に染まっています。

IMG_3018.jpg






前日は見れなかった杓子~鑓~唐松の稜線もクッキリ。
その後には五竜、鹿島槍が控えています。
う~ん、目覚めてすぐにこの景色。。。
良いですね~♪

IMG_3021.jpg





白馬乗鞍の山腹には前日の雪と風が作った紋様が刻まれていました。

IMG_3019.jpg




5:22 東の空に陽が昇りました。
この瞬間はいつ見ても神々しい。。。

IMG_3022.jpg





そして白馬の稜線がオレンジ色に染まりました。
この広い雪原に二人っきり・・・
オレンジ色に染まる白馬の稜線を見る。
サラサラサラサラ・・・風に飛ばされる雪の音。
なんて至福な時間。。。

IMG_3023.jpg

IMG_3024.jpg





しばし朝焼けショーを見たら、朝食にしました。
パンとカップスープ・・・いつものメニューです。

朝食の間にモルゲンロートな時間はすっかり終わってました。
青い空を白馬のスカイラインが切り取ります。
この時期は黄砂によって、白がくすんでしまう事が多いですが、
昨日の積雪のお陰でこの朝は輝くようなホワイト&ホワイト。

IMG_3028.jpg





テントの周囲には人間はおろか何の生物の痕跡もありません。
二人のトレースはものの見事に消失して、まるで上からポトンと落とされたような感じ。

IMG_3026.jpg





6:43 白馬乗鞍に向けて出発します。
この時点ではハクノリを超えてせめて小蓮華山まで行こうと思っていました。
↑・・と思っていたのはTONOだけで、姫的にはハクノリまでと考えていたようです。(^^;

IMG_3031.jpg






振り返るとテントの向こうには雲海が広がっていました。

IMG_3032.jpg





白馬の稜線を右手に緩やかに登って行きます。
天気は快晴ですが、アゲンストの風が容赦なく吹き付けます。

IMG_3034.jpg






シュカブラ・・・風が創った雪の芸術。

IMG_3037.jpg




シャープなラインと滑らかな曲線。。。
光と影が織り成す造形美。。。
思わず足が止まります。

IMG_3039.jpg




この瞬間にも、軽い雪は風に流され、シュカブラは徐々にその形を変えていきます。
 「雪の上じゃないみたいだね」
 「うん・・砂の上にいるみたいだ・・・」

IMG_3040.jpg






さてハクノリの急斜面が近付いてきました。
とりあえずまだ誰もいないし、足跡一つありません。
あそこをスキーで滑ったら最高だろうなぁ・・・

IMG_3041.jpg





急斜面に入りました。
紺碧の空に向かい1歩ずつ。 気持ちの良い登りです♪

IMG_3046.jpg





急登にめげて途中からトラバース。
ここで厚着の姫は温度調節。
この人シェルの下にダウンとフリースの両方着てたりして、見ただけで暑そう。(^^;

IMG_3050.jpg




山頂に立つケルンを探しますが、
何しろ広~い山頂です、どこにあるのやら・・・
↑この時、山頂部分の南~西端を廻る様に歩いていたようです。
出だしの急斜面を直登すれば、自然とケルンに出たはずなんですが・・・
そのうち、正面には白馬の稜線が見えてきました。

IMG_3057.jpg




右端のピークが "船越ノ頭"。
なだらかに稜線を辿ると "小蓮華山"。
そしてその左に "白馬岳"。
歩いてみたい・・・そう思わせる魅惑的な稜線です。

IMG_3060.jpg






そして視線を左に移せば、ド~ンと広がる大展望。
険しくも美しい。。。

IMG_3059.jpg






この辺りは所々雪が硬くクラストしています。
スノーシューのトレースはほとんど付きません。
↓遠く離れた所を歩いてるのはTONOです。 (^^;

P1020579.jpg





山頂を廻る形で今度は北側に行って見ます。
すると、向こうに見えるのは水平線じゃないですか!?
・・・日本海です。

IMG_3063.jpg






西側を見下ろすと、何となく凹んだ所が白馬大池の様です。
小屋はまだ完全に雪に埋もれています。
あの辺りは雪がかなり深そうですね。

IMG_3066-2.jpg






真後ろを振り返ると、自然の岩とは明らかに異なる三角錐。
・・・ケルンだ!
それにしても広い・・・
これだけ広ければガスッたら迷って当然ですな。

IMG_3067.jpg






この広い山頂を廻っているうちに、小蓮華山は叉の機会でイイか・・・
という気持ちになってきました。
だんだん雲が多くなり高曇りな感じになってきているし、今日はここまで。
ケルンに向かいます。

IMG_3069.jpg


 (続く)


   
  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    白と青

    すばらしい雪と空のコントラストの世界ですね。
    まさに登高意欲を掻き立てられる光景ですね。
    それに、やはり北アルプスはスケールが違いますね。
    今年の雪山は八ヶ岳に二回など、登っていますが、その先に行きたいですね。
    テントで荷物も多かったことと思いますが、今後も気を付けて頑張ってください。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    前日の雪と朝まで続いた風が作った雪原の景色。
    その向こうに真っ白い山肌と青い空。。。
    今回は雪山にまた魅せられてしまいました。
    あの青と白のコントラストを見たら、テンション上がりますよね。

    今シーズンの雪山もあとはGWを残すだけですね。
    テントを持ってどこへ行こうか悩むところです。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/396-63660e27
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。