スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 白馬乗鞍 Vol.4

2012年04月25日 06:34

2012.4.14(土)~15(日)

1日目 栂池高原~栂の森~栂池自然園~天狗原(テント泊)
2日目 天狗原~白馬乗鞍~天狗原(テント撤収)~栂池自然園~栂の森~栂池高原






2012.4.15(日)

天狗原に張ったテントを抜け出し、白馬乗鞍を目指した二人。
広い山頂部分を進むと船越ノ頭~小蓮華山~白馬岳の稜線が間近に迫ってきました。

IMG_3061_20120424204351.jpg





山頂部分を廻りながら素晴らしい景色に感動です。

IMG_3068.jpg





予定は小蓮華山~白馬岳でしたが、ここからの景色に心満たされてしまいました。
上空には雲が多くなってきたし、今回はここで引き返す事にしました。
広~い山頂にポツンと立つケルンを目指します。

IMG_3069.jpg





ケルンに到着。
ここに白馬乗鞍の標柱も立っていました。

IMG_3073.jpg





たまには二人で撮ってみる?
標柱の上にカメラを置いてセルフ撮り。
TONOが間に合わず・・・失敗。(^^;

IMG_3075.jpg






この先の登頂を諦めたので時間は沢山あります。
ケルンの基部の掘れた部分で風を避けて休憩しました。
太陽が高くなると、陽だまりの様に暖かい。

IMG_3084.jpg





9:08 下山開始します。
日の出の頃と比べるとかなりそよ風程度になり、気温もグングン上昇してます。
雪はだんだん重く湿った感じに変化してきました。

IMG_3086.jpg




9:32 乗鞍から天狗原へ向かう急斜面です。
ここは一気に尻セードと思ってましたが、重くなった雪がブレーキとなり全く滑りません。
仕方なく足で下りますが、スノーシューのクランポンに雪が団子になるし、
油断すると足元が崩れてズルズル滑るので非常に神経を使いました。

IMG_3099.jpg




この時間になり、ボーダーやスキーヤーが登ってきています。(赤い矢印)
ヘリスキーのヘリも頻繁に飛んでました。
さて二人が戻るテントは、と・・・
雪壁があるので黄色が見えにくいんですが、あの辺ですね。

IMG_3100.jpg




下っているうちにテントを見失いました。
出発したときのトレースを辿れば良いと思ってましたが、
風に吹かれてものの見事に消えていました。
思ったより右に下りてしまった様で、左に移動するとテントを発見。
10:00 テントに戻ってきました。

IMG_3101.jpg




テントを撤収してパッキング。
手で持つとズッシリとザックが重い。 こんなに重かったっけ・・・
でも背負ってしまえば不思議と何とか歩けます。
10:57 ロープウェイ駅に向かいます。

IMG_3103.jpg





スキーツアーが雪原を行くのが見えます。
ボーダーも続々やってきます。
朝の内は良かったけど、この時間は雪が重くて大変そうです。

IMG_3102.jpg





下山途中で白い雷鳥を見かけました。
晴れた日に雷鳥を見るとは珍しい。
でも立ち止まることなくどこかへ行ってしまいました。

IMG_3104.jpg





下りるにつれて、気温が上がり雪が腐って歩き難い事この上ない。
スノーシューを着けてるとステップを切れずかえって歩き難い感じですが、
外してザックに付けるのも面倒なのでそのまま歩きます。

IMG_3110.jpg






右手には八方尾根がなだらかに延びて、主陵線から唐松岳へと続きます。
視線を下にずらすと、自然園から稜線へ向かう人たちがアリの様に見えます。
ハクノリを経由せず船越ノ頭を目指すんでしょうか。

IMG_3111.jpg





尾根を外れ、ロープウェイ駅へと向かいます。
前日は雪とガスで何も見えなかったけど、ここって景色の良い場所なのね。

IMG_3115_20120424184752.jpg




11:33 ロープウェイ駅に到着。
スノーシューを手に駅に入ると、ちょうど発車するところでした。
そのままロープウェイに乗り込み自然園を後にします。


栂の森でロープウェイからゴンドラに乗り換えますが、
この駅間の移動って微妙に距離があるんですよね。
腐った雪に足を取られながら、スノーシュー片手に歩くのは結構ツラかった。

IMG_3117.jpg





後はゴンドラに乗って一気に下るだけ。
高度が下がると辺りは春の雰囲気に溢れています。
それにしても栂池のゲレンデって広いですねぇ。

IMG_3120.jpg




ゴンドラからも後立山の稜線が見渡せました。
大分雲が多くなってきたし、下りてきて良かったかも。
今回は完全に敗退してしまいましたが、
またいつの日か、ここから白馬大池~白馬岳を目指すことを心に誓います。

IMG_3123.jpg





12:15 駐車場に到着。
この天気で駐車場は超一杯でした。
ザックを下ろして、簡単に着替えます。

IMG_3124.jpg




ゴンドラ駅に隣接して温泉施設があったんですが、渋滞を避けたかったので、
そのまま帰路に着きました。
昼過ぎに出て、家に着いたのは夕方6時過ぎ。
翌日の仕事の事を考えると、やはりこの時間に帰れると楽チンです。


来シーズン同じ時期にまたチャレンジする事を考えると、
もし1日目に白馬大池で幕営したとしても、
2日目に白馬山頂を往復して撤収して戻ってきて、
さらにここから渋滞の中を運転して帰るのはかなりのハードスケジュール。
歳を考えるとやっぱり2泊3日は必要だよなぁ・・・ (^^;


 (終わり)


   
  いつも応援ありがとうございます。
  ←ポチっと一押しお願いします。  


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    楽しまれましたね。

    春山満喫、ですね。
    厳冬期の寒さと春では、同じ雪山でも別物ですね。
    それにしても、後立山の絶景には感動されたでしょうね。
    来年か再来年か、ぜひ行ってみたいです。

    それにしても、ご自宅から北アルプス往復、本当に大変ですよね。
    ご無事でお帰り、何よりです。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    いつもコメント頂き本当にありがとうございます。
    今回のテント山行はとても楽しかったです。
    初日は雨~雪でしたが、ノートラックの雪面を登れたし、
    新雪の中でのテント設営、雪壁作り、風雪の去った後の夕暮れ、街の夜景、満天の星空、
    翌日の朝焼け、まっさらな雪原、真っ白い後立山・・・
    行って良かったと思える素晴らしい景色、体験。。。
    白馬の山頂には遠く及びませんでしたが、ピークを踏まなくとも十分満足できました。(^^)

    ・・・でも、やっぱり帰りの運転はツライですよね。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/398-4134dc04
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。