スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 残雪の唐松岳 Vol.2

2012年05月10日 06:14

2012.4.28(土)~4.29(日)  「八方尾根を辿って残雪の唐松岳へ」

1日目 11:17ゴンドラ山麓駅~(ゴンドラ・リフト)~11:45八方池山荘11:56~
     12:17八方山ケルン~12:35八方ケルン~13:17下ノ樺~
     13:43上ノ樺(幕営)

2日目 6:19上ノ樺~6:49丸山ケルン~7:32唐松岳頂上山荘7:41~
     8:03唐松岳8:16~9:15丸山ケルン~9:30上ノ樺(撤収)10:39~
     11:26八方山ケルン11:30~11:42八方池山荘~12:10ゴンドラ山麓駅






八方アルペンラインで一気に八方池山荘までやってきた二人。
11:56 残雪の八方尾根を歩き始めました。
左手には五竜スキー場から延びる遠見尾根。
・・・五竜岳を目指していつか歩いてみたい尾根です。

P1020598.jpg




12:17 八方山ケルンを通過します。

IMG_3381.jpg





この辺りは広い尾根で悪天候時には道迷い必至の場所ですが、
晴れていると、白馬のスクリーンに向かって気持ち良く歩けます。
左の白いピークが丸山で、その右に目指す唐松岳が見えています。

IMG_3383_20120509085139.jpg
                          (不帰キレットを正面に見て進む)




視線を右に向ければ、白馬三山。
そして小蓮華山~白馬乗鞍へと続きます。

IMG_3386.jpg
                 (白馬鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳)



IMG_3387_20120509145648.jpg

12:35 八方ケルンを通過。
正面から見ると人面なんですが、
この角度はよくわからんですね。




八方池を見下ろす地点を行きます。
左手には五竜、鹿島槍が大きい。
この辺りは風が強いのでしょう・・・地面が露出しています。

IMG_3389_20120509151730.jpg




八方池は雪に埋もれていますが、木道が敷かれ何となくわかります。
ここで休憩がてら、薄手のシェルを羽織りました。

IMG_3392.jpg




前方に八方池ケルンが見えてきました。
ここから尾根は一旦左へカーブして、ダケカンバの生えた所を通ります。
このダケカンバの集まった場所が "下ノ樺"。
そこから今度は右にカーブし、再びダケカンバが見られる場所が "上ノ樺"。

IMG_3396.jpg





13:17 下ノ樺を通過します。
ここに2張りのテントがありました。
この日に頂上山荘まで行く積りはなかったので、
時間と疲れ具合をみてここにテントを張ろうか・・・と思ってましたが、
まだ時間は早いし、全然疲れてないので、上ノ樺まで行くことにしました。

IMG_3399_20120509171310.jpg




下ノ樺を過ぎると尾根は右にカーブして急斜面に入ります。

P1020607.jpg




13:43 上ノ樺に到着。
まだ体力的には余裕ですが、そろそろ良い時間です。
白馬三山もバッチリ見えるし、ここでテントを張りましょう。

P1020612.jpg




まずは少し掘って雪を踏み固めて平らにして、
グランドシート代わりのオールウェザーブランケットを敷きます。
その上にテントを広げポールを差し込んで立ち上げます。
冬用外張りをセットして張り綱で固定。
スカート部分に雪を載せてシッカリ設営しました。
あとは風上側に雪壁を作って完成。

姫は3分ほど雪壁作りを手伝いましたが、
いつの間にかテントの中に姿を消しました。(笑)
TONOは一人壁作りに没頭。
天気の良い日は雪壁作りは楽しいですねぇ~♪

IMG_3401_20120509180423.jpg IMG_3411_20120509184013.jpg
P1020613.jpg P1020615.jpg

  1|2  1:テント設営の下準備  2:設営完了
  3|4  3:雪壁作りに没頭  4:横にトイレスペース作製中
       



15:23 気付けばいつしかこんな時間。
何だかんだで小1時間ほど1人雪と戯れていたようです。(^^;

設営が完了したら・・・やっぱこれでしょう!!
乾いた喉に雪で冷やしたビールが美味~い。
重かったけどやっぱり持ってきて良かった~
ワインじゃこの喉越しは味わえないですよね。

IMG_3402_20120509181610.jpg





そして完成したテントの前で、あらためて白馬三山に乾杯。
う~む・・最高の瞬間です。。。

IMG_3405.jpg


 (続く)


   
 いつも応援ありがとうございます。
 ←ポチッと一押しお願いします。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.2

    最後のビール、うまそうですねぇ。
    本当に良い天気、春の雪山の醍醐味ですね。
    それにしても、体力ありますね。お二人とも。
    続きが楽しみです。

  2. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    この日は快晴で風も穏やかポカポカ陽気で、これぞ春の雪山!って感じでした。
    八方池山荘まではゴンドラとリフトなので、実際に歩いたのは・・・
    上ノ樺まで標高差450m、距離にしてわずか2.5kmくらい。
    ちょっと楽し過ぎな感もありましたが、
    今回は春の雪山でテントを張るのが目的だったので。(^^;

    汗をかいた後の冷えたプレモルは最高でしたよ♪
    最初の1本はほとんど一気に飲んでしまいました。
    重かったけど4本持っていって良かったです。(^^v

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/405-4dd8cd66
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。