スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 残雪の唐松岳 Vol.4

2012年05月13日 06:34

2012.4.28(土)~29(日)  「八方尾根を辿って残雪の唐松岳へ」

1日目 11:17ゴンドラ山麓駅~(ゴンドラ・リフト)~11:45八方池山荘11:56~
     12:17八方山ケルン~12:35八方ケルン~13:17下ノ樺~
     13:43上ノ樺(幕営)
2日目 6:19上ノ樺~6:49丸山ケルン~7:32唐松岳頂上山荘7:41~
     8:03唐松岳8:16~9:15丸山ケルン~9:30上ノ樺(撤収)10:39~
     11:26八方山ケルン11:30~11:42八方池山荘~12:10ゴンドラ山麓駅






2012.4.29(日)

八方尾根を登り、上ノ樺でテントを張った二人。
夜はダケカンバを揺らす風音が強くなりましたが、
雪壁のお陰でテントは全く風の影響を受けずに朝を迎えました。


さて今回TONOは、雪上でリッジレスト・ソーラー1枚に寝てみたのですが、
心配した床からの寒さはほとんど感じませんでした。
ただインフレータブルマットを重ねた時と比べると、
クッション性は当然ながら落ちるので、寝心地と言う点では今一かも。
軽量化を取るか、寝心地を取るか・・・難しいところです。

一方、姫は寝心地を最優先しているので、
リッジレスト・ソーライトにサーマレスト・プロライトプラス女性用の組み合わせ。
(↑この人の場合、共同装備は一切持ってないので重さはあまり気にしてません^^;)
この組み合わせでTONOも横になってみたのですが、これが超快適。
底冷えは皆無で暖かいし、クッション性も抜群。
たとえ雪の上でも質の良い睡眠が約束されてるようなものですね。
唯一の欠点は、プロライトプラスにモンベルピローが連結できないことか・・・



4:57 テントの吹流しから外を確認。
この日も晴れ。 白馬三山がスッキリ見えています。

IMG_3466.jpg





5:06 八方尾根の向こう、戸隠連山から朝陽が昇りました。

IMG_3470.jpg





五竜・鹿島槍がほんのりオレンジ色に染まりました。

IMG_3472.jpg




白馬三山はいまいち・・・・
この日は思ったより焼けませんでした。

IMG_3473_20120510185611.jpg




テントに戻って朝食にしますか。
尾根から見るとマイテントは雪壁でほとんど隠れてますな。
そこまで壁を高くしなくても・・・って感じです。(^^;

IMG_3468.jpg




いつもの様にカップスープとパンの簡単な朝食を済ませます。
6時を過ぎた頃から何組かのパーティが尾根を登ってきました。
八方池山荘に宿泊した人達か、八方池や下ノ樺で幕営した人達でしょう。
この時間に出発した中には、五竜岳へ縦走する人も多いようです。


6:19 二人もアイゼンを着けて出発しました。
ザックの中は水と食料、防寒具、ツェルト(TONO)くらいですから超身軽です。

IMG_3476.jpg




2,361mピークへ向けて急斜面を行きます。
ザックは軽いですが、アイゼンを着けた足元はやはり重い。
まだアイゼンは要らないって言えば要らないんですが、
この時間はザクザクの雪が凍った状態なので念のため。

IMG_3480.jpg





6:32 2,361mピークです。
目の前には不帰キレットが迫力一杯。

IMG_3481-2.jpg





ここでシェルを脱いで体温調節。
ここからは白馬の稜線のほとんどを見渡すことができます。

IMG_3484.jpg




先行する登山者が丸山に向かうのが見えます。
目指す唐松岳は丸山の陰に隠れています。

IMG_3485.jpg





6:49 一登りで丸山ケルンに到着。

IMG_3488.jpg





主稜線が近づくにつれ、鹿島槍が五竜の陰に隠れていきます。

IMG_3489.jpg






6:56 唐松岳をクッキリと視界に捕らえました。
左から2つ目の三角のピークが↓唐松岳です。

IMG_3492.jpg





所々尾根の左を巻きながら進みます。

IMG_3498.jpg





そろそろ主陵線が近い。

IMG_3500.jpg




7:30 主陵線に飛び出すと、急に風が強くなります。
正面には剣・立山。
剣の北方陵線・・・険しいですねぇ。

IMG_3503.jpg






そしてこちらは目指す唐松岳。 優しい山容ですね。

IMG_3504.jpg





・・・で、五竜岳。 こちらはどっしりした山容です。
一旦唐松岳頂上山荘の前に下り休憩しました。

IMG_3506.jpg


 (続く)

   
 いつも応援ありがとうございます。
 ←ポチッと一押しお願いします。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. だジィ | URL | -

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.4

    本当に青い空と白い雪がきれいですねぇ。

    一つ前の記事のビールを飲んでいる写真
    ビール会社に投稿すれば宣伝用ポスターに
    採用されるのでは?(笑)

    欲しいテントがどこを探しても売り切れです。
    メーカーも予約でいっぱいだそうです(涙)
    毎日ネット通販とにらめっこです。

    僕もプロモンテにしようかな。

  2. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    雪と青空のコントラストが絵になりますよね。
    やっぱ雪山は晴れないと・・ですね!
    黄砂が飛ぶ前ならもっと良いんですが。

    白馬を見ながらビールを飲むショットは、ちょうど陽が傾きかた頃で、
    光の加減が良かったのかナイスな一枚になりました。

    昨年からテント泊ブームが来てますよね。
    その影響で人気のテントは売り切れ続出なんでしょうね。
    でもとりあえず何かゲットしないと夏にテン泊できないですし、
    住めば都じゃないですが、買ってしまえば結構愛着が湧きいてくるものですよ。
    プロモンテなら実績もありますし、赤いフライが嫌じゃなければ特に問題ないと思います。
    私が持っているファイントラックポットラック、MHWスカイリッジ、プロモンテVL33のうち、
    山で使うなら総合的にプロモンテが一番良いと感じています。

    私はテントは "使わず嫌い" でしたが、昨年から使ってみてその魅力にドップリはまってます。(笑)
    まずは何か買って使ううちに好みも明確になると思いますし。

    今年はどこかのテン場でバッタリできると良いですね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/407-63a75713
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。