スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 残雪の唐松岳 Vol.5

2012年05月15日 08:05

2012.4.28(土)~29(日)  「八方尾根を辿って残雪の唐松岳へ」

1日目 11:17ゴンドラ山麓駅~(ゴンドラ・リフト)~11:45八方池山荘11:56~
     12:17八方山ケルン~12:35八方ケルン~13:17下ノ樺~
     13:43上ノ樺(幕営)
2日目 6:19上ノ樺~6:49丸山ケルン~7:32唐松岳頂上山荘7:41~
     8:03唐松岳8:16
~9:15丸山ケルン~9:30上ノ樺(撤収)10:39~
     11:26八方山ケルン11:30~11:42八方池山荘~12:10ゴンドラ山麓駅





2012.4.29(日)

上ノ樺で幕営した二人。
八方尾根を辿り、主稜線に飛び出しました。
まだ半分雪に埋もれている唐松岳頂上山荘の前で少し休憩。
山荘は前日から営業を開始したらしく、宿泊客がいるようでした。

IMG_3508.jpg
                                   (山荘前から見た唐松岳)





7:41 唐松岳を目指して出発します。

IMG_3509.jpg





山荘の横のなだらかな斜面が積雪期のテントエリアになっているようで、
たくさんの雪壁が残されていました。

IMG_3510.jpg




ここから見る景色も雄大です。
左に大きく五竜岳、奥には剣・立山、右には唐松岳(下の写真には写ってませんが)
テントからこの絶景を見れると言うのは魅力的ですが、
風は相当なもんなんでしょうねぇ・・・
ちなみに夏のテン場は左下の斜面の部分になります。

IMG_3512_20120514215851.jpg





一旦山荘と唐松岳のコルに下りてそこから登り返します。
コルの辺りは雪は融けて夏道が出ていました。
登りになると岩と雪が所々出てきて、途中からは雪の斜面となります。

IMG_3513_20120514220048.jpg





狭い陵線を行きますが、シッカリ道が出来てるので遠くから見た感じより、
実際に歩くと大したことはありません。

IMG_3516.jpg





8:03 唐松岳(2,696m)の山頂に到着です。
剣をバックに一枚♪
日焼けを気にする姫は、月光仮面スタイル。(笑)
まあ確かに、この時期の紫外線は馬鹿にできないですからね。

IMG_3520.jpg




それにしても360度の絶景です。
剣・立山、裏銀座、持参した双眼鏡で覗くと槍の穂先も見えます。
足元には不帰キレットへ向かう縦走路が伸びています。

そしていつか行って見たいこの時期の五竜岳。
双眼鏡で覗いていると・・・うわっ!凄いところをトラバースしています。

IMG_3528.jpg




上の写真では良く分らないので、拡大してコントラストを強くしてみました。
矢印がトレース、丸が登山者です。
ここからでは雪の状態やどの程度しっかりと道が出来ているのか分かりませんが、
ロープで確保しないと、とても行けそうにありませんな。

コピー ~ IMG_3528





快晴の空ですが、さすがに山頂の風は強いです。
8:16 絶景を楽しんだら体が冷え切らないうちに下山します。

IMG_3525.jpg





雪が無いところはアイゼンを着けてると歩き難い・・・

IMG_3529_20120514222113.jpg




コルの部分から振り返ります。
青空に唐松と剣のツーショット。
こうして見ると燕岳にちょっと雰囲気が似てるかも。

P1020644.jpg





帰りは山荘には寄らず、直接八方尾根へ向かいます。

IMG_3530.jpg





上から雪上のテントスペースを見下ろします。
この時間のテントは2張り。
新たに到着した人が設営に取り掛かるところでした。
雪壁が残されているし、床も平らに均されているので楽できそう。

IMG_3534.jpg





8:38 主陵線を離れ八方尾根を下ります。
素晴らしい景色を見ながらの下山です。

IMG_3537.jpg


 (続く)


    いつも応援ありがとうございます。
    ← ポチッと一押しお願いします。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.5

    堪能されたって感じでしょうか。
    そろそろ残雪期の山も終わりですね。
    いろいろと登られて、ご満足かな、と思います。
    でも、行動力ありますよね。
    見習いたいです。
    落葉松だけは、ずいぶん前に一人で種池から白馬鑓温泉までテントもって歩いた時以来、行っていませんが、あまり記憶にないです。
    八方尾根はなんとなく観光地という考えがあって、登ることを考えたことはないのですが、アプローチを考えたら、四季を通じて使えそうですね。
    こんどチャレンジしてみます。
    ありがとうございました。

    せっかく買ったテント、そろそろちゃんと使わないとね。。

  2. だジィ | URL | -

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.5

    おはようございます。

    姫さん、まさに月光仮面ですね。
    とってもユニークな1枚だと思います。
    でも、女性にとって日焼けは深刻な問題ですよね。

    五竜へのトラバース、世の中にはつわものがいるんですよね。
    でも登頂した時の感激もひとしおなんでしょうね。

    私事ですみません。
    メーカーに問合せましたら、ドマドームは今年分の製造は
    終わったそうです。(涙)
    「小売店でも予約注文はむずかしいでしょう」だって。
    タニ2pは今注文で小売店に入るのが9月初旬とのことでした。
    もう、この二つはあきらめました。甘かったです。

    トレックライズ2かVL24で迷っています。
    それから、シュラフカバーはゴアの方がいいのでしょうか?
    すみません、何もわからないもので・・・・。


  3. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    今年は雪山シーズンを満喫した感じで、GWで雪山に未練はなくなりました。(笑)
    八方尾根は確かに観光地化していますよね。
    この日も天気に誘われて、スキーやボードに来た人達が
    手ぶらで八方池の辺りまで登ってきてました。
    アプローチが抜群で手軽に登れる割に絶景を望めるので、
    天気さえ良ければ四季を通じて楽しめるんじゃないでしょうか。
    私は厳冬期に一度行ってみたいと思っていますが、
    冬はなかなかスッキリ晴れることは少なそうですよね・・・

    これから夏に向けてVL14のテン泊記事を待ってますね。(^^)

  4. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    この時期の雪山の紫外線を甘く見ると、ヒドイ目にあいますからねぇ。
    私は以前、残雪の富士山で火傷状態になりました。(^^;
    完全に日焼けを防止するには、日焼け止めを塗ったくらいでは駄目で、
    物理的に紫外線を遮断するしかないようです。
    ・・・で、月光仮面スタイルの女性をチラホラ見かけましたよ。

    土間ドームはもう今年分の製造は終わりですか!?
    梅雨時のテント泊に欲しいな・・・と思ってましたが、
    実物を見たこともない幻のテントになりつつありますね。
    もしどこかで見つけたら即買いしないとゲットできなそうですね。

    トレックライズ2とVL24ですか・・・どっちを買っても外れはないでしょうね。
    スリーブ式か吊り下げ式か、あと大きさが違いますか。
    吊り下げ式はフロアの四隅をペグで固定した後にポールをセットして立ち上げられるので、
    風が強い時、特に一人で設営する際は立てやすいと思います。
    もし2人で使うなら2~3人用の大きめなサイズの方が良いと思います。

    ちなみに最近プロモンテはVLの耐久性を増したVS20というモデルも出しましたね。
    ちょっと重くなりますが(+200g)、フロアが厚くなってグランドシートなしでも安心となれば、
    グランドシートを持つ必要がなくなり、トータルではかえって軽くなるかも・・・
    VL24を買うなら一考しても良いかも知れません。

    私はシェラフカバーはイスカのウェザーテックという素材の物を使っています。
    ゴアのものは倍以上するのでちょっと考えちゃいますよね。
    まあそれ以前にゴアは在庫が無い可能性も高いですが。(^^;
    さてウェザーテックですが、四季を通じて使ってみて特に支障は感じなかったです。
    結露で濡れたフロアでシェラフが濡れることもありませんし、
    結露の多い冬もシェラフが湿っぽくなるという事はなかったですし。
    ゴア以外の防水透湿素材は経年劣化するらしいですが、
    半分の値段ですからその時がきたら買い換えるという事で。(^^;
    あくまでも私の感想ですが、シェラフカバーはゴアにこだわる必要なないのでは・・と思います。

  5. だジィ | URL | -

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.5

    TONOさん、お返事ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    VS20。優柔不断な自分はまた迷ってしまいます。(笑)

  6. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    だジィさんが何を買われるか楽しみにしています。
    初張りが待ち遠しいですね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/408-a476c118
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。