スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 残雪の唐松岳 Vol.6

2012年05月16日 07:07

2012.4.28(土)~29(日)  「八方尾根を辿って残雪の唐松岳へ」

1日目 11:17ゴンドラ山麓駅~(ゴンドラ・リフト)~11:45八方池山荘11:56~
     12:17八方山ケルン~12:35八方ケルン~13:17下ノ樺~
     13:43上ノ樺(幕営)
2日目 6:19上ノ樺~6:49丸山ケルン~7:32 唐松岳頂上山荘7:41~
     8:03唐松岳8:16~8:38八方尾根~9:15丸山ケルン~9:30上ノ樺(撤収)10:39~
     11:26八方山ケルン11:30~11:42八方池山荘~12:10ゴンドラ山麓駅






長々と引っ張ってきた唐松岳の記事ですが、ようやく最終回を迎えました。
書いてる本人も飽きてきましたが、見てる方も飽きてますよね。(^^;


さて上ノ樺で幕営して、唐松岳に登頂した二人。
8:38 主稜線を離れ八方尾根を下り始めました。
振り返ると青い空に唐松岳(写真右のピーク)が映えます。

IMG_3540_20120515115811.jpg





春雪の下り斜面は早い。
緩んできた雪に足を取られながらも、大砂走り状態でドンドン下ります。

IMG_3553.jpg IMG_3554_20120515120120.jpg
IMG_3556_20120515120126.jpg IMG_3557.jpg

1|2  1:広い尾根を行きます  2:前方のピークに丸山ケルン
3|4  3:2,361mピークが見えてきました  4:テントを目指して急斜面を下ります





9:30 テントに到着。
光に溢れ、のどかな春山の雰囲気に包まれてます。

IMG_3562.jpg
                                   (上ノ樺の幕営地)




とりあえず、パンを食べながら休憩しました。
軟らかな陽差しに時おり渡ってくるそよ風が気持ちイイ♪

P1020653.jpg





シェラフを日光浴させながら、姫はテント内のお片付け。
TONOはその間に張り綱を外して竹ペグを回収、
外張りのバックルを外したりスノースカートの雪を除いたり・・・

IMG_3563.jpg





10:31 撤収完了です。
この時間になると登山者がドンドン上がってきてました。
「あっ!イグルーがある!」 の声。
単なる雪壁(ちと高くなりましたが)なんですが、
テントがない状態で向こうから見れば、壊れかけのイグルーに見えなくもないか。(^^;

IMG_3566.jpg





10:39 ゴンドラ駅を目指して下山です。
10分ほどで下ノ樺が見えてきました。
2張りのテントが見えますが、行きに通った時と同じものでしょうか。

IMG_3569_20120515134409.jpg
                                        (下ノ樺)




下ノ樺を通過すると、右前方には八方池ケルン、
その左に八方池の窪地が見えてきます。
陽が昇るにつれてこの日の気温は急上昇、半袖の人もチラホラ。
雨傘を日傘代わりに登ってくる人も。

IMG_3574_20120515135056.jpg
                                     (八方池付近)





そして広~い尾根です。
右手に八方ケルンが見えます。
登山者はまだ続々と上がってきます。
八方尾根スキー場にスキーやボードに来て、
この天気に誘われて、上までやってきた人もけっこういるようでした。

IMG_3581_20120515135129.jpg





スキーツアーでしょうか。
白馬三山をバックに一列縦隊で登って行く姿が絵になります。

IMG_3582.jpg




IMG_3588.jpg

11:26 八方山ケルンでちょっと休憩。
姫は顔をこんなに覆って、
ちゃんと前が見えてるんでしょうか。(^^;




もうすぐゴンドラ駅。
後はアルペンラインで下るだけです。

IMG_3591.jpg



GWの前半は天気に恵まれ、楽しいテント泊山行でした。
今までならば日帰りでピストンしていた唐松岳・・・
テント泊することで贅沢な時間の使い方が出来たし、
刻々と変化する夕暮れ時の山の表情も見れました。

何と言っても、暖かな陽射し、青い空、白い山肌、薫る風・・・
やっぱ春山はこうじゃなくちゃね。(^^)


 (終わり)


    いつも応援ありがとうございます。
    ← ポチッと一押しお願いします。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 2012 残雪の唐松岳 Vol.6

    穏やかな春の山歩き、いいですね。
    でも、紫外線が強くないかな?
    姫さんの怪しい姿にも 納得です。

  2. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    晴れた日の残雪の山は良いですよね。
    でも確かに紫外線は上から下から強烈です。
    油断するとGWが明けても職場に行けない顔になります。(^^;
    日焼け止めは必需品ですが、絶対焼きたくない女子の場合はそれだけでは不十分。
    やはり物理的に紫外線を遮断するのが一番なようで、
    怪しい月光仮面女子が自然発生的に増加しますね。(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/409-6dd92365
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。