スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 GWの北穂高岳 Vol.1

2012年05月19日 06:02

2012.5.3(憲法記念日)~5.6(日)  1日目「上高地入り」

GWの後半は上高地から入山して、横尾経由で涸沢で幕営。
北穂沢で北穂高岳に登りました。


5.3(木) 自宅~沢渡~上高地(西糸屋山荘泊)
5.4(金) 上高地7:48~10:12横尾10:33~11:37本谷橋11:48~13:28涸沢(幕営)
5.5(土) 涸沢7:20~9:30北穂高岳10:05~11:45涸沢(撤収)12:56~
     14:34横尾14:55~17:40上高地(西糸屋山荘泊)
5.6(日) 上高地~沢渡~自宅






2012.5.3(憲法記念日)

さてこの日からGW後半戦が始まりました。
TONOは4連休でしたが、姫はこの日は夜勤明け。
仕事を終えて帰宅したのは朝の10時半頃でした。
・・・で、この日はとりあえず上高地まで入って、前泊する予定。
TONO的には小梨平でテントを張っても良かったんですが、
姫的には 「どこかの宿でちゃんと布団で寝たい・・風呂も入りたいし・・・」
まぁ確かに夜勤明けで疲れてるでしょうし、
翌日からの英気を養うためにも、姫の希望通り宿に泊まることに。



11:30 大きなザックを持って、自宅を出発しました。
寝てない姫はちょっとハイテンションでしゃべり続けてましたが、
中央道に入る頃には爆睡状態。
そのまま高速をひた走り、一気に松本ICを下りました。
GWという事で渋滞も覚悟していたのですが、
時間が遅かったせいでしょうか・・思ったより空いてました。


16:00 さわんど駐車場に到着。
駐車場は半分ほど埋まってましたがまだまだ余裕。
この辺りはちょうど新緑が芽吹き始めていて、
遅咲きの桜とパステルカラーの競演をしてました。

IMG_3603.jpg




IMG_3606.jpg
準備をしてバス停に向かいます。
その間にバス(16:05発)が一台出て行きました。
どうせすぐ次のバスが来るかと思いきや、
なんと・・次のバスは16:45!!
30分以上も待ち時間があるじゃないですか!?
情報収集が足りなかった・・・




余程タクシーに乗ろうかとも思ったんですが、
この日は上高地に泊まるだけだし、まあ待つか・・・という事で。

IMG_3605.jpg




とりあえずバスはガラガラでした。
17:18 上高地バスターミナルです。
ドンヨリした空でしたが、GWなのでそこそこ観光客がいます。

IMG_3607.jpg




河童橋を渡って今宵の宿へ向かいます。
穂高方面は岳沢の辺りまでは見えていますが、
その上からガスがかかり、稜線は分厚い雲に覆われ全く見えず。

IMG_3612.jpg





17:27 河童橋から3分、西糸屋山荘に到着。
自然に溶け込む瀟洒な佇まいです。

IMG_3616.jpg





チェックインして部屋へ案内されます。
穂高側に窓のある本館の6畳和室でした。
ここは別館に登山者用の相部屋や貸切部屋もあります。

IMG_3617.jpg




インターネット予約の特典で、小さなインフレータブルマットが付いてました。
山に登る前に貰っても荷物が増えるし・・・と思ったんですが、
軽くて丸めれば嵩張らずザックのサイドポケットにスッポリ納まるし、
お尻に敷いたり、テントで足の下に敷いたりと今回の山行で大活躍でした。

IMG_3619.jpg





夕食前に風呂で汗を流しました。
まぁ、この日は流すと言うほど汗はかいてないですが・・・(^^;
風呂は温泉ではありませんが、西穂高方面からの伏流水を沸かしたものだと言います。
鉄分が多いときには赤茶色になるらしい。
シャンプー、石鹸も使えるのでありがたいですね。
晴れていれば大きな窓から穂高の峰々を望むことができるとの事。




IMG_3620.jpg風呂上りにビールで喉を潤しました。
つまみはコンビニでゲットした
"ばかうけ塩わさび味"。
大王わさび農園のわさびと、
沖縄の塩シママースを使ってるらしい。
適度な塩味とわさびの爽やかな辛さが
信州限定とのことですが、
全国で販売して欲しいところです。
↑・・と思ったら、家の近くのコンビニで売ってました。(^^;




19:00 夕食です。
食事処でかと思いきや、嬉しいことに部屋食でした。
山菜や川魚を使った料理で、健康的でかつ美味しかったです。

IMG_3626.jpg

IMG_3628.jpg



夕食を食べながら、翌日からの予定を話し合います。
・・・で、もし明日出発する時点で上高地が雨なら、今回の涸沢テント泊はスッパリ諦め、
そのまま上高地を出て、新穂高温泉でキャンプ&温泉三昧という結論に。

2年前のGWは雨の中を上高地から涸沢まで歩きましたが、
カッパを着てザックカバーをしていても汗と雨でザックの中まで濡れてしまい、
濡れた物を乾かすのが本当に大変でした。
今回はザックの中は大きな防水のスタッフバックで包んでいるので、
中が濡れる事はないと思いますが、初めから雨の中を歩くのはちょっと・・・
翌日が快晴ならまだ考えなくもないですが、
今年のGW後半の天気は駄目駄目の予報でしたからねぇ・・・


 (続く)


  
  いつも応援ありがとうございます。
  ← ポチッと一押しお願いします。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. devilman | URL | -

    Re: 2012 GWの北穂高岳 Vol.1

    いつも思いますが、上高地から横尾、そしてその奥へのアプローチ、皆さんよく歩きますよね。
    あれが、なければ、もっと槍穂高も行きやすいのにな、と思ったりします。
    ですから、雨なんか降っていたら、あり得ません。
    僕だったら、岳沢から登るか、蒲田川側です。

    上高地で旅館て、なんかリッチでいいですよね。
    山に入る前や降りた後に、坂崎温泉を利用している方もいます。これもいい案ですね。

    今後の展開を楽しみにしています。

  2. だジィ | URL | -

    Re: 2012 GWの北穂高岳 Vol.1

    上高地で前泊。それも車中ではなく旅館だなんて、超リッチ。
    うらやましいです。TONOさん優しいですね。

    夜中に家を出て夜通し走って
    寝不足で登ってバテている誰かとは大違い(笑)

    TONOさん、ルート図の次、建国記念日になってますよ。
    気になったもので・・・・。スミマセン

  3. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    そうですよね~・・・上高地~横尾の林道歩きは本当に長いですよね。
    行く時はまだ良いんですが帰りは本当に嫌になります。
    無雪期なら涸沢から奥穂~吊尾根~岳沢~上高地なんですが、
    雪がある時期は仕方がありませんね。

    当初は早朝上高地入りして一気に涸沢まで・・と思っていたのですが、
    姫が前日夜勤になってしまったので上高地に泊る事にしました。
    坂巻温泉は泊った事がないですが興味がある所です。
    山を下りてから泊ってみたいですね。(^^)

  4. TONO | URL | -

    だジィさんへ

    早速、建国記念日→憲法記念日に修正しときました。(^^;
    教えて下さりありがとうございます。
    こういうのって自分ではなかなか気付かないものですね。

    上高地の前泊は時間を贅沢に使った感じがしました。
    自分的には小梨平でテントを張ってみたかったんですけどね。
    即座に姫に却下されました。(^^;
    ちなみに下山後も同じ宿に泊ってしまいました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/411-1dcddd64
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【2012 GWの北穂高岳 Vol.1】

2012.5.3(憲法記念日)~5.6(日)  「北穂沢から北穂高岳」GWの後半は上高地から入山して、横尾経由で涸沢で幕営。北穂沢で北穂高岳に登りました。1日目 自宅~沢渡~上高地(西糸屋山荘泊)2日目 上高地7:48~10:12横尾10:33~11:37本谷橋11:48~13:28涸沢(幕営)3...



最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。