スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 日光白根山 Vol.1

2012年08月23日 20:28

今回の群発頭痛は、平成24年7月いっぱいで完全に終息しましたが、
前回の群発期はちょうど3年前の2009年・夏のことでした。
その時の山行記録でまだ残っていたものがあったので引越しします。
自己注射のキットを持っての山行だったようです。(^^;


2009.8.23 (日)

ポッカリ空いた日曜日・・・どこか山に行こうかな。。。
日帰り可能な所で、未だ未踏の山は・・・と。
でもまだ頭痛の発作期だし、お手軽な所で・・・
と、選んだのが 「日光白根山」
ロープウェイで標高2,000mまで上がれるし、帰りは温泉もあるしね。(^^v







3:20 自宅を出発します。
横浜新道~第三京浜~環八と走りますが、
時間が早いため流れはウルトラスムースです。

4:42 関越道練馬ICから高速へ。
5:05 高坂SAでトイレ休憩します。

101.jpg
                           (なま脚に山スカの姫)



群馬県に入り、前方には榛名山が見えてきました。

榛名山




6:00 沼田ICを下り、120号線を進みます。
6:59 丸沼高原に到着

丸沼高原




まだ車はまばらで、ロープウェイ山麓駅前に駐められました。

山麓駅




この時期は、7:30~営業しているようです。
準備をしてトイレを済ませ、チケット売り場が開くのを待ちます。

開場を待つ列




7:30 定刻に開場しました。
1,800円/人の往復チケットを購入。
ロープウェイ乗り場へ向かいます。

ロープウェイ乗り場へ




ロープウェイは、全長2,500m。
標高1,400mの山麓駅と2,000mの山頂駅を、約15分で結びます。

ゲレンデとロープウェイ




8人乗りのキャビンに乗り込むと、ぐんぐん高度を上げていきます。
上州・越後の峰々を眺めるうちに、山頂駅に到着しました。
山頂駅には、「ロックガーデン」という高山植物の庭があります。
シラネアオイ・ヒメシャクナゲ・コマクサ・コケモモ・チングルマなど・・・
残念ながらほとんど花期は終わってました。

山頂駅前広場




代わりに見かけたのは、トリカブト(鳥兜)
鮮やかな色だけど・・・何か毒々しいですね。

トリカブト





ノコギリソウ(鋸草 )
葉が鋸の歯のようにギザギザしています。

ノコギリソウ





ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)
フジバカマ(藤袴)やヒヨドリバナ(鵯花)に良く似ていますが、
葉に柄がなく、3~4個が輪生しています。

ヨツバヒヨドリ





これは、キオン(黄苑)のようです。
登山道に群生していた“ハンゴンソウ”と似ていますが、
ハンゴンソウの葉が3~7裂するのに対して、シオンの葉は裂けません。

キオン





敷地内には、「天空の足湯」という無料の足湯もありました。

天空の湯




さて、まずは腹ごしらえです。
日光白根山をバックにオニギリを頬張ります。

腹ごしらえ




8:02 さて出発しましょう。

登山道入口




赤い鳥居をくぐると、左手に二荒山神社がありました。
そこからすぐに鹿除けの金網のゲートがあります。
以前はここ日光白根山で、シラネアオイ(白根葵)の群生が見られ、
その名前の由来となっているのですが、
盗掘とシカによる食害により数が激減しており、
群馬県の準絶滅危惧種に指定されているとの事です。

ゲート




しばし遊歩道のような緩やかな道を行きます。

遊歩道




要所要所に道標も完備されています。

道標


オトギリソウ


オトギリソウ(弟切草)です。

この花の薬効を他言した弟が、
怒った兄に切り殺された・・・
という伝説を持つ花です。

葉に見られる黒い斑点は、
その時の血痕と言われています。



やがて道幅が狭くなり、登山道らしくなってきました。

林の中を行く




日の当たらない林の中に群生する白い花。
カニコウモリ(蟹蝙蝠)です。
葉の形が蟹の甲羅に似ている "コウモリソウ" という意味。
ちなみにコウモリソウ(蝙蝠草)は、
葉の形がコウモリ(蝙蝠)の羽に似ていることから付いた名前。
・・・となると、この花の場合は "カニソウ" という名前でも良いわけで、
何か回りくどい感じがしますね。 ( ̄ー ̄;
一面に咲いているのですが、何か地味~な感じでした。

カニコウモリ




徐々に、登山道は傾斜を増してきました。
さて今回も姫は山スカートです。
この山スカについては、賛否両論、物議を醸していますが、
足捌きが良く何と言っても夏場は涼しいので、姫はお気に入りです。
まあスカートとは言っても、下は "短パン" なんですけどね。
(現在山スカは完全に市民権を獲得しましたね)

傾斜が増す




この黄色い花は、ハンゴンソウ(反魂草)
"反魂" とは魂を呼び戻すと言う意味。
掌の様な葉の先が垂れ下がっていることから、
死人の魂を呼び戻すということらしいです。

ハンゴンソウ




このハンゴンソウ、いたるところで群生していました。

黙々と
                        (ハンゴンソウ咲く登山道を行く)


 (中編:関東最高峰の頂 へ続く)


  
   次の群発期はまた3~4年後にやっぱりやってくるんだろうなぁ・・・
   今回が最後なら良いのだけれど・・・






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kazu | URL | -

    Re: 2009 日光白根山 Vol.1

    TONOさん、こんにちわ
    土曜日に唐松岳に行ってきました。
    何故か土曜日だけ雨という運の無さ。。。
    朝から雨が降ってたんですが、ヤケクソ気味で登りました。
    展望ももちろんなく足場も悪かったんですが、
    なんというか行かなきゃ良かった、とも思わなかったですね。
    今度こそは!!!ですね。

    それと、スカートは僕は賛成です!
    女性にはオシャレでいてほしいですからw

    ( 2009年09月13日 12:53 )

  2. オニキス君 | URL | -

    Re: 2009 日光白根山 Vol.1

    こんにちは、高坂でスカートに生足v-10
    ロープウェイでは既にタイツがv-406
    さすがにスカートでは登んないですよね!
    トリカブト、この時期のブルーは映えますね~
    根っこはカジッちゃいけませんv-411
    ノコギリ草は葉っぱが好きです、秋ですね!
    天空の足湯~洒落たネーミングですね
    鹿よけゲート、シッカリ閉めないとHIMEさん鹿にド突かれちゃいますね(笑)
    キレイだからもって帰る、イケマセンよね!
    逆に大事に守ってあげないと...
    カニコウモリソウ=カニソウでOKです(笑)
    学名カニソウ!
    反魂草は一面にあるって事は...その数が蘇る~怖いです(笑)

    ( 2009年09月21日 12:45 )

  3. TONO | URL | -

    kazuさんへ

    こんばんは
    唐松岳は、天候に恵まれず残念でしたね。
    最近は晴れた日が続いて、今日も良い天気だったのに・・・
    狙ったように土曜日だけ雨でしたものね。(T T)

    私たちも土日で八ヶ岳か北アルプスを考えていたのですが、
    姫が体調不良なのと、土曜の天気を見て中止しました。
    来週の連休に期待してます。(^^♪

    kazuさんもスカート賛成派ですか~ 私も賛成派です。
    さすがに生足ではどうかと思いますが、タイツ着用の上でのスカートは大賛成です。
    女性らしいしオシャレですよね ♥

    ( 2009年09月13日 21:00 [編集] )

  4. TONO | URL | -

    オニキス君さんへ

    こんばんは
    姫が高坂で履いてるスカートと山で履いてるスカートは同じものです。
    駐車場に着いてから車の中でタイツをはいた様です。
    生脚とタイツ着用では、大分雰囲気が違いますよね~

    鹿にド突かれ事件・・・ありましたね~(笑)
    あの時はけっこう焦りました。(^^;

    反魂草が咲くのはちょうどお盆の頃ですから、
    たくさんの霊を呼び起こしてちょうど良いのかも!?

    ( 2009年09月21日 16:38 )

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/423-b7162707
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。