スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 尾白川キャンプ Vol.4

2012年06月26日 09:00

2012.5.13(日)

尾白キャンプ場でテントを張った二人。
暑くなく寒くない快適な一夜を過ごし朝を迎えました。
この日は日向山にハイキングに行く予定。


テントを抜け出すと、冷やりとした空気に包まれます。
まだ6時を廻った時刻ですが、尾白川には釣り人の姿が。
これだけの清流ですから、確かに魚がいそうです。
・・・見る限りでは何か釣れた様子はなかったですが。(^^;

IMG_3974.jpg IMG_3980.jpg
  1|2  1:前日の夕方に2張り増えました  2:釣り人




二人はコーヒーとホットサンドで朝食にしました。
ホットサンドはガスストーブで5分ほど焼けば完成です。
バターを塗ってハムととろけるチーズを挟んで、
マヨネーズで味付けしただけなんですが美味いです。
朝食の後は川面を見つめて贅沢な時間を過ごしました。

IMG_3983.jpg IMG_3984.jpg
IMG_3990.jpg IMG_3999.jpg
  1|2  1:コーヒードリップ中  2:ホットサンド焼いてます
  3|4  3:こんがりと美味しく焼けました  4:食後に川辺で寛ぎます









8:15 日向山へ向かい出発です。
矢立石の駐車スペースまで車で行こうか悩んだんですが、
人気の日向山ですから車が停められない可能性も無きにしも非ず・・・
結局足で登る事にしました。
姫は空身、必要物品は全てTONOのザックの中です。(^^;

IMG_4003.jpg






新緑の急斜面を九十九折りに登っていきます。
朝の爽やかな空気の中、新緑が実に美しい。。。

IMG_4006.jpg





途中急な尾根を登り、やっぱり車で行けば良かった・・・と後悔。
再び九十九折りに登ると、林道が見えてきて着いた~と思いきやまだ先。
200~300m林道を辿り再び登山道に入ります。
8:51 ようやく矢立石に到着しました。

IMG_4009.jpg IMG_4011.jpg
IMG_4012.jpg IMG_4013.jpg
 1|2  1:急な尾根  2:途中で林道に飛び出します
 3|4  3:再び登山道へ  4:矢立石に到着





矢立石の駐車場は予想通り満車で、路肩にも車が停まっています。
この先の錦滝方面は、土砂崩れにより通行不能になっているようです。

登山口周辺は団体やら家族連れやらで大混雑しています。
日向山の人気の高さを再認識です。


8:52 登山口から登り始めます。
良く整備されたハイキング道で快適に歩けます。
0/10から番合が振ってあって、最後の10/10を目指します。
この番号は最初が間隔が長めで、最後は短く感じます。
真ん中辺りは急登でキツい部分です。
要所要所で木々の間から富士山が見えたり、
甲斐駒、鳳凰三山が見えたりしてテンションを上げてくれます。

IMG_4015.jpg IMG_4017.jpg
IMG_4019.jpg IMG_4025.jpg






9/10の雨量計測所を過ぎると傾斜は緩み、ほぼ平坦に登山道を辿ります。
今回、林の中の三角点はパスしました。
そして道が白砂に変わり、その瞬間が近づいてきました。

IMG_4028.jpg





9:57 傾斜をわずかに登ると、木々が切れ突然目の前に開ける白い砂浜。
雁ヶ原は何度来ても感動する場所です。

IMG_4030.jpg





陽射しを受けて眩いばかりに光り輝く白砂。
右に八ヶ岳、左に甲斐駒ヶ岳。
人々の感嘆の声と笑顔・・・ここには幸せな時間が流れています。

IMG_4033.jpg IMG_4040.jpg
IMG_4052.jpg IMG_4057.jpg
 1|2  1:日向山の標柱  2:甲斐駒をバックに賑わう山頂
 3|4  3:甲斐駒を正面に錦滝方面へのトラバース  4:花崗岩の奇岩群の向こうに八ヶ岳






八ヶ岳方向には、前日行ったサントリー白州工場が見えました。

IMG_4043.jpg





IMG_4050.jpg

甲斐駒を正面に見て少し先へ進むと、
錦滝方面へ下る登山道がありますが、
現在このルートは足場が悪く、
下りに使うのはご遠慮下さい
との注意書きがありました。
登りに使うのは大丈夫らしい。





足を踏み外せばサラサラとどこまででも落ちていきそうなトラバース。
美しいアリ地獄です。

IMG_4056.jpg





トラバースの先からは素晴らしい景色が望めます。
甲斐駒、鳳凰三山、富士山・・・
木々の間から見えていた三者が青空にクッキリと。

IMG_4061.jpg IMG_4063.jpg
IMG_4064.jpg IMG_4067.jpg
 1|2  1:富士山  2:鳳凰三山・・・地蔵岳のオベリスクが確認できます
 3|4  3:甲斐駒  4:錦滝方面へ続く道






10:22 下山開始します。
11:05 一気に矢立石登山口
11:28 尾白キャンプ場に到着。

IMG_4073.jpg IMG_4098.jpg
IMG_4100.jpg

  1|2  1:日向山山頂から下山
  3|4  2:矢立石からキャンプ場へ向かう
 5|6   3:キャンプ場売店に到着








キャンプ、渓谷散策、プチ登山・・・新緑の白州を満喫した二日間でした。
テントに戻り撤収します。

IMG_4104.jpg





荷物を持って車まで20mほど・・・二人で二往復。
キャンプサイトに完全に車が入らないのはちょっと不便だけど、
大した荷物じゃないし、これはこれで良いのかも。

IMG_4106.jpg


 (終わり)


6週間前の尾白キャンプ場レポがやっと終わりました。 (^^;
三歩進んで二歩下がる的に、ようやく頭痛は良くなりつつあります。
あと2~3週で今回の群発期も終わりを迎えそう。
さてそうなると梅雨明けがいつになるのか気になるところ。
今年はちゃんと梅雨明けしてもらって、夏山らしい夏山を味わいたいものです。
でもその前にリハビリして筋力を戻さないと、
とても重いザックを担いでは歩けそうにありません。
とりあえず次に山に行くまで、ブログは完全にお休みです。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Sakura | URL | -

    Re: 2012 尾白川キャンプ Vol.4

    こんばんは☆

    秘湯を求めて高い場所へ高い場所へと向かう今日この頃、
    Mr.とのトークは、お二人の活動についてが中心になってます^^

    テントも登山も、興味津々ですが。。。
    実行まではまだハードル高そうです><

    頭痛は落ち着かれましたか?
    お大事になさって、また更新を楽しみにしています!!

  2. TONO | URL | -

    Sakuraさんへ

    こちらにもコメント頂きありがとうございます。
    Sakuraさん達は新穂高温泉に行かれたようですね。
    広い露天風呂で混浴を楽しまれたようで。(^^)
    私の頭痛はようやく落ち着いてきました。
    梅雨が明ける頃には活動できるようになってると思います。
    今年の夏から秋はまたどこか山の秘湯を目指したいところです。(^^v

  3. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2012 尾白川キャンプ Vol.4

    こんばんは、頭痛の具合はどうですか? 憧れの日向山!!中々機会が>_< 今週末に行こうかな? それとも混浴かな~?

  4. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんにちは
    頭痛は大分良くなりましたよ。
    まだ薬は飲んでますが、注射をするような痛みはなくなりました。
    今度の連休はどこか山に行こうか考えています。
    天気が悪ければ混浴になるかも知れませんが。(^^;

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    こんにちは、ご心配頂きありがとうございます。
    私の体調はまだ万全ではありませんが、前より大分良くなっています。
    この三連休で久しぶりに山に行ってきました。
    大雪渓から白馬岳。翌日、大池を回って栂池に下山しました。
    初日は雨の中の登りでしたが、2日目は青空も覗き稜線漫歩を楽しめました。

    関東甲信越は今日梅雨明けしたみたいですね。
    夏山が待ち遠しいですね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/429-085a257f
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。