スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 白馬岳 Vol.3

2012年07月25日 08:49

2012.7.15(日)~7.16(海の日)

1日目 6:21猿倉~7:17白馬尻小屋7:26~(大雪渓)~9:20葱平~(小雪渓)~
     10:57白馬岳頂上宿舎(テント泊)
2日目 5:23頂上宿舎~5:41白馬山荘~5:58白馬岳6:00~6:32三国境~
     7:04小蓮華山~7:39船越ノ頭~8:05白馬大池8:34~9:01白馬乗鞍~
     9:37天狗原~10:32栂池自然園







2012.7.16(海の日)

白馬岳頂上宿舎を出て白馬の稜線を辿り、白馬大池に着いた二人。
8時を回ったばかりの中途半端な時刻で、テン場には数張りのみ。

IMG_4648.jpg IMG_4649.jpg




チングルマが群生して咲く光景を期待したのですが、
まだ時期が早かったのかはほとんど見かけません。
かわりにハクサンイチゲとハクサンコザクラが咲いていました。

IMG_4641-2.jpg IMG_4646.jpgIMG_4647.jpg

  1|2  1:ハクサンコザクラ  
  3|4  2:タテヤマリンドウ
  5|6  3:ハクサンイチゲ





ここでトイレを済ませ、パンを食べて休憩します。
もう一日あればテントを張ってゆっくり過ごしたい場所ですが・・・



8:34 30分ほど休憩して大池を後にします。
ここから白馬乗鞍に登り返しますが、
小屋の裏手は小さな雪田になってました。

IMG_4652.jpg




こうして見ると大池の水際ギリギリまでテントを張れるようです。
湖面を渡った風が冷たそうですが、大池独り占めの気分を味わえそう。

IMG_4654.jpg



大池の北側を回り乗鞍岳へ向かいます。
ここで滑ると池に落ちてしまいそうな場所ですが、
小屋のスタッフが雪面を切って道を作ってくれていました。

IMG_4659.jpg




雪面のトラバースが終わると、岩が重なる急斜面の登りです。
4月に来た時は岩が雪で隠れていたので歩きやすかったですが、
雪がなくなってしまうと歩きにくいことこの上ない。

IMG_4661.jpg




振り返ると、大池を回るように道が付けられているのがわかります。

IMG_4663.jpg




高度が上るにつれて疲れも忘れる感動の景色が見えてきます。
残雪輝く鉢ヶ岳~雪倉岳のたおやかな山並み、
青空を映す大池の水面、ハイマツの緑、白い雪田、真っ赤な山荘・・・
コントラストが実に美しいです。。。

IMG_4664.jpg




そして向かう先には巨大なケルンが見えてきました。
9:01 ほどなくケルンに到着です。
ここには白馬乗鞍の山頂の標柱がありますが、
団体で混雑していたので二人はそのまま通過します。
それにしても広い山頂ですよね。

IMG_4667_20120724180440.jpg IMG_4668.jpg
IMG_4669.jpg
  1|2  1:ケルンが見えてきた  2:白馬乗鞍山頂
  3|4  3:ハイマツに覆われた広~い山頂






やがて大きな雪田の下りになります。
出だしこそ斜度は緩くそのまま突っ込みましたが、
途中から傾斜が増しチェーンスパイクを装着。
そして最後はロープが張られた急斜面となり、眼下に天狗原を見下ろします。

IMG_4673.jpg IMG_4678.jpg
IMG_4681-2.jpg
  1|2  1:雪田に突入  2:斜度が増してきた
  3|4  3:天狗原に向かい急斜面の下り




IMG_4682.jpg

この急斜面はけっこう長かった。
栂池自然園から白馬乗鞍を往復するのか、
全くの空身でここを登ってる人もいましたが、
下りは何らかの滑り止めがないと厳しそう・・・

まあ固定ロープを掴まって下りれば、
転倒しても命を取られる事はないでしょうけど・・・




9:27 雪田を下り切り、チェーンスパイクを外します。
ここからは緑のトンネルを抜けて行きますが、
岩が濡れていて滑るのでけっこう気を使いました。

IMG_4685.jpg




9:37 10分ほどで天狗原の木道に出ました。
水芭蕉やワタスゲの揺れる湿原を行きます。

IMG_4689.jpg



湿原を過ぎると急斜面の下りになります。
泥濘が多くなり極めて滑りやすい。
疲れた脚にこのドロドロの急斜面は堪えます。
もう二度と通りたくないと思うような道でした。

下る途中でカメラのバッテリーがエンプティとなり、以後写真はなし。
換えのバッテリーは持ってたんですが、ザックの奥深いところだったので・・・(^^;


ビジターセンター前に到着すると、観光客が一気に増えます。
観光客に混じって舗装路をロープウェイ駅まで歩きます。
10:32 栂池自然園駅に到着。
ロープウェイとゴンドラを乗り継ぎ、栂池高原駅へ。


ゴンドラ駅を出ると、駅前のロータリーには客待ちのタクシーが数台。
待つことなくタクシーに乗車できました。
八方第5駐車場までは10分程度。料金は2,700円でした。


さて行きのタクシー料金は、八方第5駐車場~猿倉で3,000円。
帰りは、栂池高原~八方第5駐車場で2,700円。
今回行きは4人で同乗したため2人分が1,500円。
帰りの2,700円とあわせると4,200円でした。

猿倉~栂池間の車の回送が5,500円なので、(微妙にタクシーより安く設定してある)
結果的にはタクシーの方が安く済みましたが、
タクシーにすぐに乗れるとは限りませんし、
予定がはっきりしてたら回送を頼んだほうが楽だと思いました。

ちなみにバスを使うと白馬八方~猿倉900円/人、栂池~白馬八方500円/人。
一人1,400円、二人で2,800円と安いですが、
バス時刻にあわないとどうしても時間的なロスが生じますしね。


11:40頃には八方を出て真っ直ぐ帰路に着いたんですが、
中央道が小仏トンネルから30kmの大渋滞。
大月~須走~246~小田原厚木道路で結局6時間半ほどかかってしまいました。

実はこの日、翌日からの東北出張に備えて新幹線を予約してたんですが、
家に着いて直ぐ出ないと間に合わない時間になってしまったので、
翌朝一番の新幹線に変更しました。
最終便なら間に合ったんですがもう疲れ切ってしまって、
その日に出るモチベーションは保てませんでした。

久しぶりの山、しかもテント山行・・・
翌日から筋肉痛で駅ではエスカレーターを利用したのは言うまでもない。(^^;

 
 (終わり)


 




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あさみん | URL | 1Nt04ABk

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    だジィさんの紹介でブログ拝見しました!
    ちょうど同じ日、同じコースで白馬岳を廻ったんですね!
    二日目はたぶんウチらのほうが数分遅れです。
    初日の雨でどうなるかと思いましたが、天気が回復して良かったですよね♪
    白馬気に入りました~♪

  2. devilman | URL | -

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    海の日の連休で白馬岳周辺に行かれた方のブログをあちこちで見ましたから、それだけ混んでいたということなんでしょうね。
    それにしても、白馬大池のあたり、本当に絵のような美しさですね。人が集まるわけもわかります。
    ほとぼりが冷めたころ、行ってみようかと考えています。

    でも、山から帰った後の通勤の駅の階段、辛いですよね。
    エスカレーター、並んででも乗りますよね。

  3. ダジィ | URL | -

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    TONOさん、おはようございます。
    最後の足の件、詳しい説明ありがとうございました。

    縦走で何がネックって、
    車の場合元の場所に戻らないと行けないことですよね。
    なるべく安く、時間的にも効率のいい方法を望むわけで
    大変参考になりました。

    お盆に剣に行こうと思っていますが、
    未だに扇沢までのピストンにするか
    せっかくだから違うところから入ろうかと
    (または抜けようか)悩んでいます。

    そうそう、ひとつ疑問なのですが、
    回送を頼んだ場合、キーは当然渡すと思うのですが
    回送先で受け取る場合、時間指定の待ち合わせで
    手渡しでしょうか?
    それとも回送先の駐車場の管理をされているところに
    届けられているのでしょうか?
    それともキーを二つ持っていって、
    回送先では室内(グローブボックスかなんかに)に入れたまま
    ロックしてもらうのでしょうか?

    最後の方法が時間を気にしなくていいなあって思うのですが。

  4. TONO | URL | -

    あさみんさんへ

    初めまして、コメント頂きありがとうございます。
    同じ日程で白馬だったんですね。
    初日の雨の中の登りは辛かったですよね。
    二日目は天気が回復して稜線漫歩を楽しめました。
    あさみんさんは雷鳥と遭遇されたようで羨ましい。
    もうすっかり夏の雷鳥ですね。

    やっぱり白馬は良いですよね~♪
    あの稜線の奥にも行ってみたいところです。

  5. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    三連休ということで悪天候覚悟で、14日(土)から登った人も多かったみたいですね。
    小屋の中はどの程度混んでいたか分かりませんが、
    テン場は100張りほどでしたから満員御礼状態でした。
    ただ二日目は早めに出たためか、稜線上ではさほど人が多い感じはしませんでした。
    途中で15人~20人の団体はパスしましたが。

    白馬大池周囲は本当に美しいです。
    チングルマが満開の頃にテントを張ってみたいと思いました。
    なかなか日程的に難しいですが・・・

    下山して3日ほどは脚が筋肉痛で階段は手すりがないと厳しいです。(^^;
    エスカレーターがあれば当然並んでも使いますよ。(笑)

  6. TONO | URL | -

    ダジィさんへ

    お盆の剣ですか~
    相当な混みを覚悟しないとですね。
    タテバイ、ヨコバイは一方通行ですが大渋滞するみたいですよ。
    と言いながら私も密かに狙っているんですが、まだ未定です。(^^;

    私が回送を頼んだ時は、過去の二回とも回送先で駐車場を管理している所で鍵を受け取りました。
    駐車場に隣接している施設だったのでほとんど時間的なロスはありませんでしたよ。
    今回頼もうとしてた回送会社では、車を回送後キーを車の中に入れてロックして駐めておくというシステムでした。
    なおスペアキーがない場合、もしくは忘れた場合は別料金になると言ってたので、
    その場合は時間と場所指定で手渡しになるんだと思います。

    縦走の際の車の回収は大きな問題ですよね。
    親しい人で同じ日程で同じルートを逆コースで歩く場合は、
    縦走路の真中で待ち合わせして鍵を交換して、それぞれ相手の車を回収して帰りにまた待ち合わせするという方法もあるようです。
    でも一般的には回送システムを頼むのが便利かな・・・と思います。

  7. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    やはり 結構 TONOさんてきには きつかったようですね。
    でも、今週の暑さを考えれば、極楽のような世界でしたね。
    やはり、画像からみても 雪は少し多そうですね。
    自分も行くときは、軽アイゼンを持っていこう。

    ところで,TONOさん愛用のチェーンスパイクとは
    どのようなものなのでしょうか?

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    姫のスピードに付いて行くのはかなりキツかったです。
    基本的に普段からトレーニングしてる姫は筋肉も付いてますし敵いません。
    それにテント一式とストーブなどの共同装備は、
    私が全部背負っているのでザックの重さが大分違います。
    加えて私はここ2ヶ月全く運動をしていないわけで、
    栂池に下山した時はもう脚がガクガクでした。(^^;

    夏の日差しを浴びての雪渓歩きは最高でしょうね。
    私が行った時は雨とガスと風で寒いくらいでした。

    チェーンプパイクは言葉で説明するのは難しいので、モンベルのHPを見て下さい。
    http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129612
    いわゆる軽アイゼンの範疇に入るものですが、
    爪が短く靴底全体にあるので雪がない場所でもあまり違和感なく歩けます。
    またその軽さと着脱の容易さは特筆ものです。
    慣れれば着けるのに片側5秒。外すのは1秒です。
    装着のストレスなく使えるので、着けようか着けまいか悩んでるうちに滑って転倒という事が減ります。
    そういう点では一般の軽アイゼンより安全!?と言えるかも知れません。
    夏の雪渓歩き、アイスバーンの林道、雪が出たり消えたりする状況などには最適だと思います。
    問題は湿った雪は団子になって付着するという点ですかね。

  9. クロちゃん | URL | -

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    TONOさん ありがとうございます。
    確かに画像で見た方が よくわかりますね(笑)
    着脱が簡単で迷うことなく、靴下のように「はく」という
    感覚でつけられそうで いいですね。

    よくわかりました。ありがとうございました。

  10. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    山に行かれたんですね~^^
    うちは前の日に新穂高に行きましたが、雨で温泉だけにしましたTOT
    天気も良く、絶景ですね!!

  11. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    そうです。まさに靴下を着脱する感覚です。
    土日で扇沢から針ノ木雪渓を上り、針ノ木岳、蓮華岳に行ってきました。
    またまたチェーンスパイクが大活躍しましたよ。(^^v

  12. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけさんへ

    三連休の前半は天気悪かったですよね。
    みいとにゃーすけさんは新穂高でしたか。
    天気が良ければどこか登れたのに残念でしたね。
    温泉編はブログ見にいきますね。(^^)

  13. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 2012 白馬岳 Vol.3

    お久しぶりです。
    白馬大池の景色は綺麗ですね~
    登山始めたばかりの時、写真で見たあの青い空と
    緑の山と赤い屋根にヤラレたのを思い出します。
    日本にもこんな所があるんだなぁ。。。って^^






  14. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  15. TONO | URL | -

    kita さんへ

    お元気ですか?
    今回のルートはkitaさん達の初のテント山行と同じ。
    歩きながらkitaさんのブログを思い出しましたよ。
    ここら辺で誰かがヘロヘロになったとか、夕方になって白馬のテン場は寒かったとか、
    白馬大池から栂池に下りて観光客の前では元気に歩いたとか、(わかる~ 笑)、
    猿倉~栂池の車の回送が便利だったとか・・・

    ハクノリから見る白馬大池は本当に日本離れした景色ですよね。
    私も今回完全にヤラレました。(笑)
    あそこでテントを張ってみたいものです。

    kitaさんも腰の調子を見ながらまた山に行ってくださいね。(^^v

  16. TONO | URL | -

    Kさんへ

    頭痛のため2ヶ月間、山はご無沙汰でした。(梅雨時と言うのもありますが・・)
    身体が健康じゃないと心も病んできますよね。
    私は毎回頭痛の時期は鬱々しちゃいます。
    でも姫に「そうやって暗くなってるから良くないんだよ!」と言われ、
    ここ数年は頭痛の時期でもある程度良くなってきたらなるべく外に出たり、
    可能なら山に行ったりして活動するようにしています。
    そうすることで前より精神的にはずっと楽になった気がします。

    Kさんも思い切って山に行かれて良かったですね。
    山に行ってから身体がドンドン良くなってるなんて、素晴らしいじゃないですか。
    次はどこの山に登られるんでしょう・・・また報告待ってますね。(^^)
    でも無理は禁物ですよ~

  17. 札幌温泉人 | URL | -

    お久しぶりです。

    TONOさん、山復活ですね(^-^)
    頭痛の方は、落ち着いたのですね?
    自分は、最近、山登ると、頭痛に襲われるんです(^^;;
    旭岳、富良野岳…登山途中、1.800m付近から、何となく頭痛に襲われて。
    何とか、山頂へは到達してますが…。
    緑と残雪の風景って、めちゃくちゃ感動っすね。
    登山途中の花々…癒されますよね!

  18. TONO | URL | -

    札幌温泉人さんへ

    おかげさまで頭痛はもう大丈夫みたいです。
    薬も先週の土曜に夜テントの中で飲んだきりです。
    昨夜は試しにビールをコップに二杯だけ飲んでみましたが、
    頭痛に襲われることはありませんでした。
    今回の群発期はようやく終わったようです。
    これで本格的な夏山を前に生ビールが飲めます。(笑)

    温泉人さんは登山中の頭痛ですか?
    気圧とか酸素濃度が関係しているんでしょうかね。
    私も富士山に登ると3,500mくらいから頭痛になりますが、
    1,800mと言うとまだ酸素濃度はさほど低くないですし・・・
    緑と残雪のコントラスト、色とりどりの高山植物・・・
    せっかくなら頭痛のない状態で見たいですよね。
    超ゆっくり登るか、途中に宿泊できる所があれば一泊してみるというのも手かも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/433-490995a8
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。