スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 赤岳 Vol.1 天気悪いな・・・

2010年07月20日 18:00

さて、今度は2009年の "海の日" の過ごし方です。

花いっぱいの八ヶ岳 ♥

5回シリーズでお送りします。 (^^)



2009.7.19(日)

昨年、"真教寺尾根" で "赤岳" に登った時の記録です。








関東甲信地方は、7月14日に梅雨明け宣言らしきものが出た(?)ものの・・・

最終的には梅雨明けがハッキリしない年でした。


19日-20日の連休を前に、天気はかなり怪しくなってきました。


 「あんまり天気良くないね・・・」

 「19日早めに低気圧が行ってくれないかな~」

 「20日は大丈夫みたいだけど、19日は雨かな・・・」

 「でも、とりあえず行くでしょう?」



ということで、中央道に向かいます。

須玉ICから、141号線(清里ライン)を北上。

須玉~R141


清里方面へ左折して、清里駅前を通過。

"八ヶ岳線" の踏切を渡り、"八ヶ岳高原ライン" で "美し森" を目指します。

八ヶ岳高原ライン

う~ん、やっぱり天気悪っ!

山は全く見えないし。



"美し森ファーム" の看板で左折し、少し進むと建物が見えてきます。

7:11 敷地内に入ると奥に広大な駐車場がありました。

たかね荘駐車場
                                  (たかね荘の駐車場)
車は数台しか駐まっていません。


準備をして "美し森ファーム" へ。

美し森ファーム


宿泊施設も充実しているようです。

きれいなトイレがありました。

トイレ


ここは標高1,565m。

赤岳頂上までは、標高差1,300mか。

標高1,565


7:33 さて出発しますか。

最初は快適な遊歩道を行きます。

出発


ちょっと行くと案内図がありました。

今回のルートがイラストで載ってます。

ルート


今回は、"真教寺尾根" で "赤岳" を目指します。

下山は "県界尾根" を使う予定。



長い木段を登ります。

木段の遊歩道


7:52 登り切ると "羽衣の池" に着きました。

羽衣の池


小さな池です。

あまり花の姿は見かけませんでしたが、

「ミズチドリ」(水千鳥)が咲いてました。

ミズチドリ

花によい香りがあるので、「ジャコウチドリ」の別名があります。


さてここから登山道が始まります。

登山道へ


7:55 "羽衣の池" を後にして笹原の中を行きます。

笹原を抜けると、草原地帯となりました。


登山道の横には、可愛い花もちらほら。

ハクサンフウロ
                                    (ハクサンフウロ)

イワキンバイ2
                                     (イワキンバイ)



振り返ると "飯盛山" の後ろに "富士山" が。

残念ながらその頂は雲の中です。

雲の中の富士山



ここで、またまた発見してしまいました。

「アワフキムシだ!」

アワフキムシ1


先日、霧ケ峰でも見た正体不明のこの泡々

頂いたコメントから、泡々の正体が判明したのですが、

今回は、それを確かめるべく泡々の中を見てみました。


すると、出てきました!

アワフキムシ2

こいつが "アワフキムシ" の幼虫です。

私の40年間+α の人生で初めて見ました。

ちょっと感動。。。


8:42 右手にリフト降り場が見えてきました。

サンメドウズ清里スキー場


"サンメドウズ清里スキー場" です。

この時間、まだリフトは動いていませんでしたが、

リフトを使えばここまで1時間ほど短縮できます。



この辺りからかなり雲行きが怪しくなってきました。

ときおり雨もパラパラと落ちてきます。


スキー場のレストハウスで、雨具を羽織ります。

合羽を羽織る



8:57 少し行くと "賽ノ河原" に出ます。

賽ノ河原

晴れていれば、素晴らしい眺望とのことだが、

・・・通過します。



淡い紫色の花を見つけました。

ヤマホタルブクロ

「ヤマホタルブクロ」です。

"ホタルブクロ" の語源には、"蛍袋" と "火垂袋" の2説があるようです。

"火垂" とは提灯のこと。


"蛍袋" か~♪

この中でホタルが光っていることを想像してみます

・・・なんて素敵なんでしょう ♥


おっ! 何か中に隠れてるようです。

・・・蜂でした。

蜜を吸ってたんでしょうか? それとも、雨宿り?

ヤマホタルブクロと蜂
                       (下から覗くと全く別の花に見えます)



先へ進みましょう。

IMGP2803.jpg



登山道には、所々こんな標識が出てきて安心です。

IMGP2806.jpg



次第に風が強くなり、激しく木々を揺らします。

ゴ・ゴォー、ザ・ザ・ザ・ザァーと恐ろしげな音

こんな日に山に来るとは覚悟しろ! と言ってるようです。 (^^;)



高度が上がり、亜高山~高山植物の姿を見るようになりましたが・・・

ヨツバシオガマ
                                    (ヨツバシオガマ)

この強風に花も、たえず揺れています。

上手く写真が撮れません。 (>_<)



林の中で 「ギンリョウソウ」(銀竜草)を見つけました。

ギンリョウソウ

もう枯れかかってますね~ (^^;


9:57 "牛首山"(2,280m)に着きました。

牛首山

ここがちょうどルートの中間地点です。



ここからは緩やかに登って行きます。

10:10 ほどなく "扇山"(2,356m)です。

扇山



針葉樹林帯の中で、「ハクサンシャクナゲ」が咲いてました。

ハクサンシャクナゲ

しっとりと濡れた深い緑の中で、

鮮やかに浮かび上がる白いブーケ



こちらは道の傍らにひっそりと咲く、「マイヅルソウ」(舞鶴草)

マイズルソウ

この写真では葉が写ってないですが、

葉の様子を、ちょうど鶴が羽を広げた形に見立てたようです。



この辺りは 「ゴゼンタチバナ」(御前橘)をよく見かけました。

IMGP2816.jpg


こんな登山道の真ん中にも咲いてました。

ゴゼンタチバナ

名前は白山の最高峰 "御前峰" に由来すると。



この先、岩場になると休む場所もなさそうだし、

10:36 早めにお昼にすることにしました。

早い昼食

静かな登山道です。


この日出会った登山者は30人ほど。

下山する人が大半(うち15人ほどの団体が1組)で、

登っている人は、単独行の男性1名、同じく単独行の女性1名、

60代の3人組のみでした。



最初にすぐ先を歩いていた若い3人組の男女は、

途中で引き返したのかな・・・

見なくなりました。

姫が落としたシャミースを届けて頂き、ありがとうございました。m(__)m


 (花とガスと風・・いっぱいの真教寺尾根 へ続く)


-追記-  2009.7.30

"ホタルブクロ" の名前の由来 を調べていたら、

おもしろいサイトを見つけました。


この方は想像にとどまらず実際に、

「蛍を捕まえて "ホタルブクロ" の中に入れる」

という実験をなさってます♪


その時の幻想的な写真は、こちら ↓↓↓↓↓ から。

http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/81hotarubukuro.htm


みなさん、"ホタルブクロ" の語源はどちらがお好み?



☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 赤岳 2009 Vol. 1 「天気悪いな・・・」

    こんにちは!  赤岳いつか行ってみたい山です。 来年行けるよう計画しておこう^^

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    甲斐駒黒戸尾根を制覇したお二人なら、
    赤岳は楽勝でしょう。
    あとはどのルートで登るかですね。
    この真行寺尾根は鎖場が多いですが、静かでお勧めです。

  3. Zep400 | URL | -

    天気悪い山も自然・・・

    曇り空の山があるからこそ~
    晴れの青に映える山の素晴らしさを~感じることができますよねー

    でも、俺はしばらくブリの山行なので、晴天狙っちゃいます (^^ゞ

  4. TONO | URL | -

    Zep400 さんへ

    こんばんは
    昨年は梅雨明けがないような年でしたから、
    快晴!っていう天気は少なかったですね。
    しばらく振りの山行ってことは、
    晴れた日にどこか行くんですね!
    楽しんできてください。(^^)

  5. tabibito | URL | -

    Re: 赤岳 2009 Vol. 1 「天気悪いな・・・」

    とってもお久しぶりでございます。tabibitoでございます。
    (ワタクシのこと、覚えていらっしゃいますでしょうか…)

    真教寺尾根…懐かしいですね。久々に赤岳に行きたい気持ちは
    あったのですが、相棒が「たいらっぴょう!」と言い張るので、
    プラっとお山歩してきました。

    モウいい加減、お山歩復帰したいと願って願って
    お仕事には目を瞑る感じでお出かけですw

    ブログのデザイン変ったんですね☆(^_^)
    うちも変えようかなー

  6. TONO | URL | -

    tabibitoさんへ

    お~っ! tabibitoさん。
    生きてらっしゃったんですね。(笑)
    浅間山以来音沙汰ないので、
    どうしたかと思っておりました。
    平標山に行かれたんですか♪
    お花はたくさん咲いてましたか?
    早速ブログにお邪魔しますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/44-59286b74
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。