スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報! 2012 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

2012年08月27日 21:11

2012.8.25(土)~26(日)

夏休み最後の週末は良い天気でしたね。
お盆休みが雨だっただけに、ここは山に行っとかないと。
二人は南八のプチ・テクニカル&プチ・ハードな山行を楽しんできました。





1日目は船山十字路から入り、一登りして尾根に上がります。
キノコ山の樹林帯を登り、立場岳、青なぎ、無名峰と稜線を進むと、
快晴の空に阿弥陀岳の勇壮な姿が飛び込んできます。

IMGP1742-3.jpg
                        (南稜P1から阿弥陀岳を望む)



南稜ルートの核心部は "樋" と呼ばれる草付きのルンゼ状の斜面。
ここを一気に登り切り、岩稜帯の踏跡を辿ると、阿弥陀岳の山頂に飛び出しました。

IMGP1766.jpg
                         ("樋" を上り稜線を目指す)



トンボが飛び交う山頂で、無事に南稜を登った達成感を味わいます。
ここから急斜面を下り、中岳を越えて、赤岳を目指します。

IMGP1785.jpg
                             (阿弥陀岳から下る)



遠目にも赤岳のピークは大混雑していたので、分岐でキレット方面へ。
梯子、鎖が設置された岩場を過ぎ、滑り易いガレた斜面を急下降。
この日はキレット小屋に宿泊。
久々の小屋泊り・・・静かな良い小屋でした。

IMGP1829.jpg
                     (鎖、梯子の設置されたキレットを下る)




2日目、朝焼けの空に、富士山、奥秩父の山稜。
朝日を背に受け権現岳を目指します。
高度が上がると、右手には槍穂・・・あっちのキレットもはっきり確認できます。
そして雲に浮かぶ乗鞍、御岳、中央アルプス、富士山。。。

IMGP1878.jpg
                        (富士を見ながら稜線を進む)



長い梯子を上り権現岳の稜線に出ると、素晴らしい大展望。
昨日歩いた南稜ルートもよくわかります。
そして左に阿弥陀岳、右に赤岳、その間に中岳、
背後には横岳、硫黄岳・・・まさに南八の揃い踏み。

IMGP1906.jpg
                            (勇壮な南八の主役達)



ギボシを過ぎて、正面に編笠山を見て青年小屋に下ります。
青年小屋からは西岳を越えて千枚岩の分岐から広河原へ。
林道を歩いて船山十字路に戻りました。

IMGP1914.jpg
               (編笠山の直下に青年小屋、左に南ア、右奥に中央ア)



船山十字路を基点とした周回コース。
阿弥陀~赤岳、権現~青年小屋はさすがに人が多かったですが、
その他では出会う人も少ない静かな山歩き。
これから歩く稜線、そしてこれまで歩いてきた稜線・・・
それを確認しながら歩ける満足度の高いルートでした。

惜しむらくは・・・カメラがまだ修理中で、イイ絵が撮れなかった事か。

(詳細なレポは順次)


  
   まだまだ暑い日が続きますね~
   扇風機も大活躍です。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    画像から見ると「ルンゼ状の斜面」は、
    ちょっと怖いようなルートですね。
    姫さんは、きっと普通に登ってしまうのでしょう(笑)

    高度差があり、足がすくみそうですね。

    最近、八ヶ岳方面はご無沙汰しています。
    また、登ってみたくなりました。
    秋の紅葉のシーズンに。

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    こんばんは~

    かなり高度感があり怖い感じですね。
    足でも滑らせたら一貫の終わりですか(汗)
    特に写真4枚目はヤバそうな雰囲気ですね。

  3. devilman | URL | -

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    そうか、こういう周回ルートがありましたね。
    南稜を登ると、御小屋尾根というお決まりの下山路になるのは、ピークも阿弥陀岳だし、いまいちと思っていましたが、このルートなら、稜線歩きもさらに楽しめそうですね。

    25-26日の二日間も、裏銀座から八ヶ岳の全貌が良く見えていました。ホントに天気に恵まれた日々でしたよね。

    でも、プチ岩登り、肋骨は大丈夫でしたか??
    ご快癒を祈ります。

  4. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    ルンゼ状の核心部 "樋" は、その取り付き部分がけっこう怖いです。
    取り付いてしまえばあとは一気に稜線まで登るだけなんですが、
    45度くらいの急斜面が続くので気を抜けません。
    姫は前回登った時の事をほとんど忘れていたので、
    ここだけは私が先を行きましたが、前回同様ビビッて腰が引けてしまいました。(^^;
    姫はいつものように普通登ってましたよ。

    昨年の山の紅葉はいま一つでしたが、今年はどうでしょうかね。

  5. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    晴れていると高度感いっぱいのルートでした。
    核心部の樋は一般ルートであれば鎖や梯子が設置される様な場所ですし、
    キレット部分はルートは整備されていますが落ちたらアウト的な切れ落ち方です。
    疲れた脚にガレた斜面の急下降は神経を使いました。

  6. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    日帰りで南稜に行くと帰りは必然的に御小屋尾根という事になりますが、
    1泊すれば赤岳まで足を伸ばせますし(今回赤岳のピークは踏んでないですが^^;)、
    キレット~権現の稜線も歩けて充実した山行でした。
    南稜とキレットはちょうど向かい合わせになるので、
    ルートを再確認しながら歩けるところもイイですね。

    肋骨はまだ鈍痛はありますが、あとは時間の問題のようです。

  7. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    このような周回ルートがあるとは、まったく知りませんでした。
    当然、バリエーションルートなんですよね?

    核心部と書かれている「樋」とは、南稜のどの辺りにあるのでしょうか?
    これって、写真で観るとかなりの勾配でコワイ感じがしますね。
    姫様は普通に登ったって・・・スゴイ。
    斜度45度なんて、崖そのものですからねぇ~。

    肋骨、完治を祈ってます。

  8. 3人組リーダー | URL | ACwgKBkQ

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    お疲れ様でした。
    舟山十字路で、ひょっとして、と思ったのですが、
    まさか肋骨骨折している人が山に来るわけないと声をかけるのをためらいました。
    青ナギの先で会話した時、ああやっぱTONOと姫だなと確信した次第です。
    樋の取り付きという危険な場所で、正体を明かしてくれてありがとうございました。
    生TONO、生姫、おふたりにお会いできて、より楽しい山行になりました。
    また、どこかの山で会えることを楽しみにしています。

  9. TONO | URL | -

    kaizanさんへ

    阿弥陀南稜はバリエーションルートではありますが、
    踏み跡はしっかりしてるし、核心部の"樋"の部分以外は普通の登山道です。
    条件の良いときなら"樋"の取り付きさえクリアすればあとは特に問題なく歩けます。
    "樋" が南稜のどの部分にあるかは本編に載せておきますね。

    阿弥陀岳山頂からは一般ルートに入りますが、
    キレットへの岩場の急降下は疲れた脚にはけっこう堪えました。
    下山時の西岳を過ぎて千枚岩から広河原に下るルートは、
    地図に破線で記してある通りかなり荒れていましたが、
    踏み跡もテープマークもあるので迷うことはないと思います。

  10. TONO | URL | -

    3人組リーダーさんへ

    いつもブログに訪問頂いている様でありがとうございます。
    立場岳に向かうキノコ山で、後ろから三人さんが良いペースきてるのを感じてました。
    前を行く姫はドンドン飛ばすし、後ろからは追い上げられるしで大変でした。(^^;
    でもちょうど核心部の樋の取り付き部で声を掛けて頂いたので、
    その後の上りではほとんど恐怖を感じず上り切ってしまいました。

    三人さんは阿弥陀から御小屋尾根で下ってその日は下でキャンプされたんですよね。
    「下でキャンプしてバーベキューとかするのもイイね~♪」と姫が羨ましがってましたよ。

    またどこかの山でお会いできればイイですね。(^^)

  11. 荒野鷹虎 | URL | -

    Re: 速報! 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回

    いつも拝見感動そのものです。!
    頑丈なご主人に、かならずしもお体が大きくない、か弱そうな奥様の険しい山岳に挑戦される姿を見るとひときわ美しくお見えになります。実際お綺麗ですが・・!!

    温泉ではまた可愛らしい卵のようなお姿をご披露なされ我ら、男の夢を誘惑していただき嬉しく思います。がんばってくださいと、感謝を表明いたします。☆彡

  12. TONO | URL | -

    荒野鷹虎さんへ

    いつも姫に過分なお言葉を頂きありがとうございます。
    私は自分ではそう頑丈ではないと思っているのですが、
    肋骨が折れていながら山に行く訳ですから頑丈なんでしょうかねぇ。(^^;
    ・・・で、か弱そうに見える妻ですが(笑)、
    深夜バスで今朝上高地に入り一人で前穂高を目指しております。
    今頃は快晴の穂高の岩場を歩いているはずです。

    秋に向けて山と温泉を楽しんで行こうと思います。
    鷹虎さんの応援を励みにブログアップも頑張ります。(^^v

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/444-89ef1b32
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。