スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回 Vol.2

2012年08月31日 06:40

2012.8.25(土)~26(日)

1日目 船山十字路7:32~南稜取り付き8:02~立場岳9:31~青ナギ9:47~
     10:19無名峰10:30~11:05樋~11:37阿弥陀岳12:09~中岳12:41~
     キレット分岐13:24~キレット小屋14:26
2日目 キレット小屋5:57~ツルネ6:32~7:32権現小屋7:45~ギボシ7:50~
     8:37青年小屋8:44~乙女の水8:49~西岳9:40~広河原分岐10:48~
     広河原11:13~船山十字路11:35





2012.8.25(土)

IMGP1740.jpg
船山十字路から阿弥陀南稜を目指した二人。
尾根に上がり、立場岳、青ナギを越えて
無名峰までやってきました。
これから歩くルートを見ながら10分ほど休憩。

10:30 無名峰からハイマツ、シャクナゲの中を
ちょっと藪漕ぎ状態で下ります。


10:35 登り返すとP1(2,564m)の頂点。
緑でその荒々しさが若干カムフラージュされていますが、
阿弥陀奥壁、P3の岩峰は迫力あります。

IMGP1742-3.jpg
                          (左奥が阿弥陀山頂、中央がP3)



振り返ると左のこんもりした部分が通って来た立場岳。
右に伸びる長い尾根は "御小屋尾根"。
二つの尾根の交わる辺りが船山十字路か。

IMGP1743.jpg
                           (P1から船山十字路方向を俯瞰)



さてP1からコルへ下り、岩峰の左を回りこみながら登ります。
P1を下ったコルでは抜いていった三人組が休憩中でした。

IMGP1746.jpg IMGP1748.jpg
 1|2  1:P1からコルへ向かう  2:岩峰を回り込む




再び稜線に出ると、前方にはP3が大きく聳えています。
まずはP2に登り、その基部を左に巻いて行きます。

IMGP1750.jpg 
IMGP1752-2.jpg IMGP1753-2.jpg
 11  1:稜線からP2、P3を望む
 2|3  2:P2に向かい登る  3:P2の基部で巻く






P2を過ぎると前方にはいよいよP3が大きく立ち塞がります。

IMGP1756.jpg





P3の基部で緑のデルタ地帯を左にトラバースします。

IMGP1757.jpg



IMGP1760-2.jpg

デルタ地帯を渡った後は、
岩峰の角を回りさらに左へトラバース。

11:05 そしていよいよ "樋" と呼ばれる
ルンゼ状の核心部の通過です。
姫が立っているポイントの
岩壁の裏側が樋になります。



樋の取り付き部分には細いワイヤーが張ってあります。
このワイヤーは見た目よりはちゃんと固定してあるようですが、
全面的に信用する気にはなれず、補助的に使ってまずは左下へ。
次は急な岩場を左上へ移動するのですが、ここが一番の核心部。
距離は1.5m程と短いのですが、スタンス・ホールド共に乏しく緊張を強いられます。

DSCF3377.jpg DSCF3378-2.jpg
DSCF3380.jpg DSCF3381.jpg
  1|2  1:左下へ  2:岩場を左へ移動
  3|4  3:岩を掴んで左上へ  4:無事に安全地帯へ




ビビリながらも何とか左上に移動し安全地帯でホッと一息。
ここで後から来た三人組のリーダーの男性に声を掛けられました。

 「もしかしてブログとかやってます?」
 「ええ・・・」
 「ブログのタイトルは?」
 「山・・・」
 「ときどき温泉ですよね」
 「あっ、そうです」
 「じゃあTONOさんと、姫様ですよね」
 「ええ、そうです」
 「いやぁ、いつもニアミスでようやく会えましたよ~」
 「あっ、そうなんですか」
 「肋骨はいいんですか? 最初見た時もしかしたらって思ったんですが、
  骨折してるのにこんな所にいるはずはないよなぁ・・って思ってたんですよ」 
 (そうだった、自分は肋骨を骨折してるんだった・・・^^;)
 「ええ、まだ手を伸ばすと鈍痛はあるんですけど・・」

・・・とまあこんな感じで核心部で声を掛けられたので、
この後、あまり怖さを感じる事なく、和やかにここを登り切ってしまいました。(笑)

DSCF3382.jpg DSCF3383.jpg
1|2  1:草付きの岩溝を上がります  2:岩棚部分で手を振るTONO




さて、この"樋" は取り付いてしまえばスタンスもホールドも取れるし、
今回は岩も乾いているのでフリクションも良く効きました。

IMGP1761.jpg IMGP1763.jpg
IMGP1764.jpg
  1|2  1:フリクションは良く効きます
  3|4  2:樋に入ってしまえばそう難しくはない
  5|6  3:S字状にカーブしながら登って行きます






とは言っても、振り返ると高度感は凄いです。
もし足を滑らせたら下まで止まらないでしょう。
また落石があった場合は、ちょうど登って行く溝の部分を落ちていくと思われ、
ヘルメットくらいは着けた方が良いのかも知れません。

IMGP1766.jpg




最後は斜度が緩み草で覆われた斜面を登ります。
11:19 稜線に出ました。 吹く風が気持ちイイ~
ここまで来れば山頂まではあと少しです。

IMGP1767.jpg




P4の基部に来ました。ここも左から巻いて行きます。

IMGP1769.jpg




基部をトラバースした後に踏み跡を追って上へ上へ。
振り返れば眼下には歩いてきた道。。。

IMGP1770.jpg DSCF3390.jpg
IMGP1772.jpg DSCF3392.jpg




山頂直下は一旦右下へトラバースしてから急な岩場を登ります。

IMGP1774-2.jpg.IMGP1773.jpg
.IMGP1775.jpg
  2 | 1  1:右下へトラバース  2:山頂へ向かい岩場を登る
  2 | 3  3:山頂まであとちょっと





11:37 阿弥陀岳の山頂に飛び出しました。
山頂では大勢の登山者が思い思いに寛いでいます。
そしてどこで羽化したものか・・アキアカネの群れが飛び交っていました。

IMGP1776.jpg


 (続く)


  
   今週水曜日、姫が一人で前穂に登ってきました。
   さわやか信州号で早朝の上高地に入り、岳沢から重太郎新道を日帰りピストン。
   この八ヶ岳山行から帰りTONOは筋肉痛だと言うのに ・・・ 元気な人です。^^;





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. だジィ | URL | -

    Re: 2012 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回 Vol.2

    へーって思うルートで登って来られたのですね。
    本当に大丈夫なの?って人事ながら心配になります。
    骨折してからこんな短時間に再挑戦されるなんて
    執念ですね。(笑)

    キレットに興味あります。
    編笠山の方から赤岳に行くのにどんなだろうって。
    続き楽しみにしてます。

  2. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re: 2012 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回 Vol.2

    おはようございます
    昨日、この周回ルートをトライしてみます・・・なんて、軽く言いましたが、今日、31日掲載の記録を読んだら、ちょっと無理かもなぁ~なんて気になってしまいましたe-263
    そうです、樋の部分でちょっとビビッています。
    姫様はすごいですね。ああいう部分でもなんなくクリアーしてしまうんですねぇ~。

  3. TONO | URL | -

    だジィ さんへ

    阿弥陀南稜は前に登った時は雨だったので、
    天気の良い時に行きたいと前々から狙っていました。
    ところが前回は登山口に着く前に骨折しちゃったので、(^^;
    骨折が良くなったら絶対行こうと思ってました。
    けっこう執念深いです。(笑)

    キレットはまさに切戸で赤岳から一気の急下降でした。
    権現の稜線からは南八の眺望が素晴らしかったですよ。
    いずれ詳細にレポします。(^^)

  4. TONO | URL | -

    kaizan さんへ

    樋の通過は入ってしまえばそう難しくないですが、
    その取り付きの部分だけはちょっと滑落の恐怖を感じます。
    でも細いワイヤーが設置してあるので、それを補助的に使えば何とかいけます。
    ただ雨で樋を水が流れている時とか凍結している時とか
    条件が悪い時はかなり危険だと思います。

    姫はこういう岩場は本当に得意ですね。
    取り付き部分で私はビビってましたが、姫は涼しい顔で通過。
    「殿様腰引けてるし。ビビり過ぎなんだよね!」って言われちゃいました。(^^;

  5. devilman | URL | -

    Re: 2012 阿弥陀南稜から立場川源頭を周回 Vol.2

    詳細な写真つきレポートありがとうございました。
    これなら、安心して、次に行けますね。
    乾いていれば、気持ちのよい岩みたいですね。
    こういうところで「肋骨」を話題にされるとは、さすが、人気ブログですね。

    割合と秋を感じさせるさわやかな一日、気分の良さが伝わってきます。

  6. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    樋の取り付きさえクリアすれば、
    後はスリルと高度感を楽しみながら上って行けました。
    この日肋骨の事はすっかり忘れて歩いていたのですが、
    話しかけられて自分が肋骨を折ってる事を再認識しました。(笑)
    ブログでアップしてるとは言え、
    見ず知らずの人に「肋骨は大丈夫ですか?」と聞かれたのには
    さすがに驚いたと言うか戸惑ったと言うか、何とも複雑な気持ちでした。(^^;

    これから秋に向けて山は爽やかな空気に包まれますね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/446-9f210cdc
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。