スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 秋色の千畳敷 Vol.3

2012年10月04日 07:57

2012.9.29(土)

8:10黒川平駐車場8:27~9:05しらび平9:17~9:25千畳敷9:41~10:08極楽平~
10:53宝剣岳~11:11乗越浄土11:23~11:48勒銘石~12:44七合目13:04~
13:38小屋場13:48~14:23うどんや峠~14:39清水平14:49~
15:16蛇腹沢登山口~15:58北御所登山口16:10~16:31黒川平駐車場





台風の合間をついて、秋色を探しに千畳敷へやってきたTONO。
青空の下、予想よりも色付いたカールにテンション

IMGP0359.jpg




千畳敷駅から極楽平に上がり、宝剣岳を越えて乗越浄土に至りました。
残念ながらあっという間に青い空は雲に覆われてしまいましたが、
時折日差しもこぼれ、お天気はまあまあ。
乗越浄土でお昼休憩をしていると、続々と登ってくる観光客と登山者。
そろそろ下りのロープウェイも混んできたのか、
整理券を発行するとのアナウンスも聞こえてきました。
こっちはロープウェイを使わずに下るので関係ありませんが。(^^v


11:23 北御所登山口に下山開始。
まずは伊那前岳に向かいます。
こちら側は木曽駒方面と比べると圧倒的に人は少ないですが、
ザックを乗越浄土にデポして、伊那前岳を往復する人もいます。

IMGP0456.jpg
                     (手前の小ピークが和合山、奥が2,911mピーク)




2,911mピークは千畳敷側を巻いて行きます。

IMGP0473.jpg




左手は↓木曽駒ヶ岳方面です。
向かって左の岩が集まってる所が中岳、右のピークが木曽駒ヶ岳。
テント場の様子を見たかったんですが、こちら側からは確認できませんでした。

IMGP0475.jpg




右手は千畳敷方面。すっかり秋色ですね~
千畳敷駅から極楽平に向かう登山道が良くわかります。
バックには空木岳、そのやや右に南駒ヶ岳。

IMGP0480.jpg
                            (赤い鉄塔はやはり目立ちます 笑)




さきほど歩いてきた極楽平~サギダルの頭~宝剣岳。
まぁ、三ノ沢側を巻いてる部分も多いんですけどね。(^^;

IMGP0481.jpg



IMGP0482.jpg

11:38 九合目を通過。
景色に見惚れながら歩いているので
なかなか先に進めません。





しばしなだらかな稜線が続きますが、この先の一番高い所が伊那前岳です。
この辺りまで来るとグッと人がいなくなりました。

IMGP0486-2.jpg




IMGP0497-2.jpg

11:48 勒銘石を通過。

ろくめいせき!? ・・・なんじゃそれ?
漢字だけだし、意味わからん。

この時はそのまま素通りしたのですが、
下山後に調べてみると、宮田村の指定史跡で、
けっこう興味深い代物であることがわかりました。



時は1784年、高遠藩郡代の阪本天山は、
木曽駒ヶ岳を目指して高遠城下を出発、宮田の宿場に宿をとりました。
大田切川(菅の台バスセンターの横を流れる川です)に沿って山に入り、
"日暮の滝" から "中御所谷" と "西横川" の間の尾根を辿り、山中で1泊。
8合目から伊那前岳を経て木曽駒ヶ岳に登頂したと言われています。
そして前岳の稜線に上がった際に即興で四言古詩を詠み、
それを同行していた門子が大きな黒い岩の上に書き、
石工が彫ったものが "勒銘石" と言うことらしいです。


「霊育神駿 高逼天門 長鎮封域 維岳以尊」

と彫ってあり、その意味は・・・

霊育神駿 (れいは・しんしゅんを・そだて)  霊が神の乗る馬を育て
高逼天門 (たかく・てんもんに・せまる)    高く天門にせまる
長鎮封域 (ながく・ほういきを・しずむ)    長く平和を守ってきた
維嶽以尊 (この・たけを・もって・とうとし)  何と尊い山ではないか

(駒ヶ岳は)宇宙の霊によって育てられた神馬の住む山  
高く天に届くほどそびえ 
永遠に我々の住む国土を平穏に保ってくれる  
この山はだから尊い

・・・という事です。 (宮田村HP駒ヶ根市HPより)


これを事前に知っていればもっとジックリ見たのに~  
・・・って、ロープウェイの中で "勒銘石" のアナウンスしてるらしいじゃん。
で、あんたこれまで何回このロープウェイに乗ったの? って話ですよね。
えっっと・・・9回ですけど・・何か。(笑)
とりあえず聞いた記憶が全くない馬耳東風的なTONOなのでした。
赤い鉄塔だけはよく覚えてるんですけどねぇ。(爆)

IMGP0497-1.jpg




さて左手には駒ヶ岳~将棊頭山に向かう伸びやかな稜線。
その山肌は素晴らしい黄葉に染まっていました。

IMGP0498.jpg


 (続く)


  重太郎新道で奥穂に登り、穂高岳山荘に宿泊した姫。
  今日は涸沢に下りて紅葉を見るらしい。
  今年の涸沢の紅葉はかなり良さ気。
  写真が楽しみです。^^






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/460-1a4e6dbf
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。