スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 姫の穂高単独行 後編

2012年10月12日 05:55

2012.10.3(水)~4(木)

さわやか信州号で上高地に入った姫。
岳沢に上がり重太郎新道~吊尾根で奥穂のピークを踏みました。
この日は穂高岳山荘に宿泊。


1日目 5:45上高地~7:40岳沢~(重太郎新道)~紀美子平~10:13前穂高岳~
     紀美子平~(吊尾根)~12:18奥穂高岳~13:38穂高岳山荘(小屋泊)
2日目 5:32穂高岳山荘~(ザイテングラート)~7:10涸沢ヒュッテ~9:32横尾~
     10:39徳沢~11:18明神~11:56上高地







2012.10.4(木)

DSCF3645.jpg


翌朝です。
朝食は持っていったパンで済ませ、
暗いうちに山荘を出ました。

5:26 まだ月の光があります。



DSCF3647.jpg
  テント場には7~8張り。
  もう撤収した人もいるんでしょうか。
  小屋の温かな光と比べると、
  寒々しいですね・・・
  物悲しい感じすらします。



DSCF3646.jpg

5:32 ザイテングラートを下ります。
ガスが垂れ込めて薄暗いですね。
下の灯りは涸沢ヒュッテかな。



DSCF3653.jpg

  姫が言うには、
  ザイテンを下り始めてすぐに
  雷鳥がいたらしいですが、
  これですかねぇ・・・(^^;





ザイテンを半分ほど下った所でしょうか。
大分明るくなりガスも薄くなってきました。
辺りの山肌が奇麗に色付いていて、下から見上げた時の景色に期待♪
涸沢ヒュッテとテント場も見えています。

DSCF3662.jpg




下りてきたザイテングラート・・・
その語源はドイツ語の seitengrat(支稜線・支尾根)

DSCF3663.jpg




振り返り、白出のコル~涸沢槍方面。
ガスが取れて稜線が見え始めています。

DSCF3667.jpg




吊尾根~前穂の稜線。

DSCF3674.jpg




こっちはナナカマドが奇麗だ~

DSCF3676.jpg




涸沢のテント場ですね。
ざっと100張りはありそうです。
昨年の連休には1,200張りという過去最多を記録してますが、
今年は何張りくらいいったんでしょう。

DSCF3680.jpg




DSCF3684.jpg

7:10 涸沢ヒュッテに到着。
テラスには人がいっぱいです。
う~ん、平日の涸沢か~
この時期、一度は行ってみたい♪




ヒュッテのテラスからはまさに絶景。
日本屈指の山岳紅葉スポットだけの事はあります。

DSCF3687.jpg




北穂のピークは見えてませんが、北穂沢周囲も鮮やかに色付いてます。

DSCF3685.jpg




この素晴らしい時間を切り取るたくさんのカメラマン達。

DSCF3688.jpg




う~む・・・やっぱり涸沢の紅葉、恐るべし。
この時で八分くらいの色付きですから、
週末はそれは見事だったのではないでしょうか。
連休の最終日は南八からも槍穂がハッキリ見えましたし、
涸沢もきっと快晴だった事でしょう。。。

DSCF3691.jpg




7:38 そろそろ上高地へ下ります。
色付いた木々~色付き始めた木々・・・紅葉のグラデーションを行きます。

DSCF3697.jpg




そして紅葉のトンネル(ちと大袈裟か^^;)へ突入。

DSCF3699.jpg




DSCF3706.jpg

8:39 本谷橋です。
多くの登山者が休憩中。
姫もここで小休止。
この辺りの色付きはまだこれから。





屏風岩を過ぎたら横尾は近い。

DSCF3710.jpg



DSCF3711.jpg

9:32 横尾に到着。
横尾橋から梓川を見ると、
この時期は水量が少ないですね。



10:39 徳沢を通過します。
テント場には同じテントがズラリ。
何かイベントでもあったんでしょうか?

DSCF3713.jpg



DSCF3715.jpg

11:18 平日にもかかわらず
明神は人が多いですね。
この辺りまでは観光客も
足を伸ばしますしね。




11:56 河童橋に戻ってきました。
穂高の稜線はすっかりガスに隠れています。
でもあのガスの反対側にはあんな奇麗な景色が広がっているんですから。
やっぱり山の上に泊まらないと本当の絶景は見れないよねぇ。

DSCF3716.jpg


 (終わり)



  初の姫の単独行記でした。
  楽しんで頂けたらポチッと一押しお願いします。
  それにしても連休の涸沢はどうだったんでしょうね。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kita | URL | CdCU2NDA

    Re: 2012 姫の穂高単独行 後編

    紅葉すごいですね。
    これで八分とは、いやぁ綺麗ですね(^^)

    姫さんの単独行は初めてですか?
    モテモテでしたね(笑)

    多分僕でも「写真とりましょうかぁ?」
    と声をかけたと思います(笑)

  2. TONO | URL | -

    kita さんへ

    今年の涸沢の紅葉は良さそうだとの噂でしたが、
    写真で見ただけでも確かに凄いですよね。
    涸沢カール全体が色付いてる感じ♪
    もっと広角に全体像を撮って欲しいって思っちゃいます。(^^;
    でもやっぱり実際にその場で見るのが一番ですよね。

    女性単独行はおじさん達にモテモテみたいですよ。
    声がかかる内はまだ花ってことですかねぇ。
    ・・・もう40を大分過ぎてますけどね。(笑)

    姫の初の単独行は先月の前穂日帰りで、今回は2回目でしたが、
    記事にしたのはこれが初と言う事で。(^^;

  3. Tsuyoshi | URL | -

    姫さん お疲れ様です(^^)/

    TONOさんの単独行は、何度か記憶がありますが ...
    姫さんの単独行は、初めてかも ...
    本州の3,000m級の山々と大雪山の2,000m級と紅葉の進み具合は似てますね。
    カメラ ... 写しましょうか??
    きっと、俺も言っているかと思います(笑)
    涸沢の紅葉 ... 綺麗です(^^)

  4. TONO | URL | -

    Tsuyoshi さんへ

    姫の単独行は二回目なんですが、記事にしたのは初めてです。
    北海道なら大雪山、本州なら涸沢が山の紅葉では最も有名なスポットでしょう。
    北海道の2,000m級の気候は、本州の3,000m級に相当しますから、
    紅葉も同じようなタイミングで進むんでしょうね。

    姫、大人気ですね。(笑)
    写真を撮ってくれる人が並んじゃいそうです。(爆)
    ブログには載せてないですが、涸沢でもおじさんが写真を撮ってくれたようです。(^^;

  5. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re: 2012 姫の穂高単独行 後編

    姫さん、すごいですね。単独でも余裕で穂高!

    涸沢の写真には見とれてしまいます。本当にきれいですね。
    一度は紅葉シーズンに訪れたいものです。
    でも、きっとすごい人だろうと思うと迷ってしまいます。
    天候を見て、チャレンジしたいですね。

    紅葉を見にどこへ行こうか、迷っています。
    蝶が岳に行こうかと思っています。

  6. devilman | URL | -

    Re: 2012 姫の穂高単独行 後編

    いや、やっぱり素晴らしいですね。
    涸沢の紅葉は、他と比べ物にならない部分がありますね。
    ただでさえ人が集まる場所がこんななのでは、大混雑するわけです。
    これまで、混むからと敬遠していましたが、なんとか、人のいかないルートで、この時期に通り過ぎることはできないかと、考え始めました。。。。
    横尾本谷から登り、白出沢を下るとして、北穂の池あたりをトラバースして涸沢に忽然と現れ・・・とか。。
    でも、泊まりに課題がありますね。南岳小屋かな。。

    姫さんも健脚ですよね。速いこと。
    昨年、息子と岳沢小屋を朝出て、奥穂に登って涸沢経由で上高地に戻ってきましたが、疲れましたもの。。ほんと。

    またね楽しみにしています。

  7. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 2012 姫の穂高単独行 後編

    姫さん凄~い!!  俺も月末に奥穂に単独で行こうかと思っていますが、一人だと心細く感じてます^_^;

  8. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    涸沢の紅葉は奇麗ですね~
    写真で見ても素晴らしい色調です。
    でもなかなかそれを実際に見るのは難しいですよね。
    天候と休みと紅葉具合とそしてあの混雑・・・
    来年は私もこのルートを久しぶりに歩いてみたいです。

    とりあえず姫が言うには、
    「さわやか信州号さえ予約できれば穂高は誰でも行けるよ」
    ・・・だそうです。(^^;

  9. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    やはり涸沢の紅葉は独特の素晴らしさがありますね。
    あの紅葉のためなら布団一枚に3人だろうが4人だろうが、
    大勢の人が詰めかけるわけですよね。
    確かに人のいないルートで涸沢に行ければ最高ですね。
    でも涸沢の紅葉はカールの底部(涸沢ヒュッテの位置)から見るのが一番でしょうし・・・
    私は来年チャンスがあればこのルートで上がって、
    パノラマ新道で戻ってみようかと思います。
    以前この時期にパノラマ新道を通りましたが
    そんなに混んでいなかった記憶があるので。

    岳沢から奥穂に登ってそのまま涸沢経由で下山ですか!?
    それはもの凄く疲れそうです。(^^;

  10. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    今月末に奥穂ですか~
    まだ山荘はやってますが、雪が積もってるかも知れませんね。
    先週で山荘前に3~4㎝の積雪があったみたいですし。
    まぁ一旦消えるんでしょうけどね。
    でもうっすら雪化粧した奥穂とか涸沢とか見てみたいですね。
    直前の天候と情報を収集してお気を付けて行ってきて下さい。

  11. しょもも | URL | -

    Re: 2012 姫の穂高単独行 後編

    今年の涸沢のピークは1100張ほどだったらしいですね。
    あの週末の様子はどこのブログやHPで見ても素晴らしく・・
    先週火曜の山行は日帰りで涸沢へ行こうか?と迷ったほどです。

  12. TONO | URL | -

    しょもも さんへ

    昨年よりはやや少ないとは言え1100張ですか~
    また今年も大テント村になったのですね。
    今年の涸沢の紅葉は素晴らしい出来で、しかもあの連休は天気が良かったですから、
    実際に見た人は最高だったでしょうねぇ。。。

    しょももさんも白山やめて涸沢だった可能性もあったんですね。(^^;
    私も平日休めるなら今年の涸沢は是非行ってみたかったところです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/465-630a589d
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。