スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 観音平から権現岳を周回 Vol.2

2012年10月18日 11:21

2012.10.7(月)~8(体育の日)

1日目 6:19観音平~7:11雲海~7:56押手川~9:09編笠山9:29~9:51青年小屋(幕営)
2日目 6:39青年小屋~7:05ノロシ場~7:44ギボシ~7:59権現岳~8:49三ッ頭9:02~
     9:35木戸口公園~9:45ヘリポート跡~10:29八ヶ岳横断歩道~10:55観音平






2012.10.8(体育の日)

この日は夜19時の新幹線に乗らなければならないので、
遅くとも昼までには観音平に戻りたいところ。
当初の予定では4時半起床、5時半には撤収完了、
日の出と共に青年小屋を出発するはずでしたが・・・


明け方寒さで目を覚ましました。
昨夜は21時頃まで隣の学生達の話し声が続いていて、
(やはりあの年頃は女性への興味が尽きない様で、そっち系の話題がメイン 笑)
寝たり起きたりでしたが、その後いつしか眠ったようです。
目を覚ますとともかく異常に寒い。
時刻は4時過ぎ・・・そろそろ起きる予定の時刻ですが、
寒くてシェラフから出たくない。(^^;


IMGP0870.jpg
  5:19 姫がトイレに行くため外へ。
  テントを開けると白いものがバラバラと。
  見ると結露したフライの内側が霜降状態。
  そりゃ寒い訳だわ・・・(^^;
  聞くとこの日はこの時点で
  秋一番の冷え込みだったらしい。



IMGP0871.jpg
姫が戻ってきたので朝食にしました。
パンとコーンスープの簡単メニュー。
前室に置いたプラティパスは
凍っていませんでしたが、
そろそろ水が凍る季節ですね。



朝食中に夜が明けました。
明るくなった外に出ると、辺りには霜が降りて真っ白。
テントもバリバリに凍ってました。

IMGP0874.jpg




朝食を終えたら、登る準備をして撤収。
6:39 ザックを背負ってテン場を後にします。
振り返ると青空が広がり、朝陽を浴びた木々が輝いています。
朝の光は全ての物を美しく変身させる魔法のようです。

IMGP0878.jpg




青年小屋からちょっと上がると富士山の端整なシルエット。

IMGP0881.jpg




さて、権現岳を目指して樹林の中を登ります。
ここは8月終わりに下った道・・・まだ記憶に新しい。

IMGP0885.jpg




20分ほど登ると上空が開け、ハイマツ~潅木帯に変わりました。

IMGP0886.jpg



IMGP0888.jpg
7:05 ノロシ場です。
"烽火場" と言うだけあって
ここはなかなかの展望台。
まだ30分も歩いてないですが、
休憩がてら景色を楽しみました。




すぐそばにはギボシ手前のピーク。
険しい山肌が迫り、その右に権現岳が覗いています。

IMGP0894.jpg




前回歩いた立場岳~青ナギ~阿弥陀岳南稜。。。
秋色に染まったこの季節に歩くのも良さそうですね。

IMGP0895.jpg




左奥に西岳、そして右のこんもりしたピークが立場岳。
この方向には乗鞍と北アルプスの峰々が浮かびます。

IMGP0891.jpg




西岳と編笠の間に見えるのは、富士見パノラマスキー場と入笠山か。
その奥には中央アルプスと御岳。

IMGP0889.jpg




槍穂に寄るとやはり槍の穂先とキレットはランドマーク。
手前に重なるのは常念山脈。

IMGP0892.jpg




しばし眺望を楽しんだら先へ進みます。
崩落した斜面と切り立った岩壁は迫力があります。
まぁここを登るわけじゃないですけどね。(^^;

IMGP0898.jpg IMGP0897.jpg




ここからガレた斜面をジグザグに上ります。
次第に斜度が増し、高度が上がっていきます。

IMGP0899.jpg




振り返れば編笠山の向こうに南アルプスが見えてきました。
右には先ほどのノロシ場。 眺望を楽しむ登山者が確認できます。

IMGP0901.jpg




ガレ場を登りちょっとした岩場を越えると、
一旦斜度が緩んで東側に回りこむように進みます。

IMGP0903.jpg IMGP0904_20121018064541.jpg
IMGP0905.jpg IMGP0906.jpg




ハイマツの尾根に出ると逆光の中に権現岳の岩頭が見えました。
目を凝らすとその稜線の左直下には権現小屋。

IMGP0907.jpg




ここからギボシ直下の急な岩場をトラバース。
ストックは1本にして、岩棚状のルートを行きますが、
2本ともしまって両手をフリーにした方が良かったかも。
足元は切れ落ちていますが、鎖が整備されているし、
スタンス、ホールドとも豊富です。

IMGP0910.jpg IMGP0911_20121018070234.jpg
IMGP0912.jpg IMGP0916_20121018070233.jpg




7:44 ギボシ(2,700m)の頂。
このピークは巻いてそのまま権現に向かう事もできますが、
上がれば絶景が広がります。

IMGP0918.jpg




阿弥陀岳と赤岳、その鞍部に中岳。
うしろには横岳の岩峰群となだらかな硫黄岳。
8月の終わりに来た時と比べるとすっかり秋の佇まいですね。。。

IMGP0917.jpg


 (続く)


   
  




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re: 2012 観音平から権現岳を周回 Vol.2

    おはようございます。
    なんかすっかり南八の権現だけ周辺は、お馴染みになりましたね。
    いつものコトながら、画像のすばらしさには、脱帽ですv-290

  2. TONO | URL | -

    kaizan さんへ

    今回の目的は青年小屋でテン泊する事と権現岳のピークを踏む事でした。
    前回の南八山行から1ヵ月ちょっとですし、ブログも作成してるので、
    この辺りはスッカリ詳しくなってしまいました。
    天気に恵まれて良い写真が撮れましたよ。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/469-107c33d2
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。