スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 観音平から権現岳を周回 Vol.3

2012年10月20日 06:58

2012.10.7(月)~8(体育の日)

1日目 6:19観音平~7:11雲海~7:56押手川~9:09編笠山9:29~
    9:51青年小屋(幕営)
2日目 6:39青年小屋~7:05ノロシ場~7:44ギボシ~7:59権現岳~
    8:49三ッ頭9:02~9:35木戸口公園~9:45ヘリポート跡~
    10:29八ヶ岳横断歩道~10:55観音平







2012.10.8(体育の日)

前回踏み損ねた権現岳のピークを目指す二人。
1日目は観音平から編笠山を経て青年小屋で幕営。
2日目の朝、テン場を撤収してギボシまで登ってきました。


7:46 素晴らしい眺望を満喫したらギボシを後にします。
稜線を辿りすぐそこに見える権現小屋に向かいます。

IMGP0921.jpg




小屋を通過して一登りで権現の稜線に上がります。
前回はここを山頂と思い込み権現のピークを踏んでません。(^^;
今回は真っ直ぐ権現の岩頭を目指します。

IMGP0924.jpg




権現の山頂へは稜線から岩場を上ります。
山頂への指導標はないので気付かず通過しても不思議ではない!?・・・かも。(笑)

IMGP0925.jpg




7:59 ついに権現岳の山頂を踏みました~!
距離にして100mまで迫りながら、前回は踏まずに見送ったピークです。(^^;
 ↑ けっこうしつこいです (笑)

IMGP0927.jpg





権現からも南八の勇姿が素晴らしい。。。
しばしカメラを向け続けました。

DSCF3746.jpg




まずはギボシ。
そのピークには4人でしょうか。
岩場に取り付く登山者が列になっています。
そしてギボシのバックには乗鞍~槍穂高。。。

IMGP0928.jpg




こちらは編笠山と南アルプス。
朝の光を受けてクッキリ見えます。

IMGP0930.jpg




そのちょっと右方向。
この山肌が一番奇麗に色付いていたかも。

IMGP0944.jpg




そして主役・・・赤岳と阿弥陀岳。
赤岳の2,899mに対して、阿弥陀岳が2,805mですからその差は94m。
あまり変わらない気がしてましたが、
こうして見ると赤岳は阿弥陀岳より明らかに高いですね。
ちなみに手前の稜線の左端が前回ピークと思い込んだ場所。
まぁ確かに、ちょっとだけピークですよね。(^^;

IMGP0936.jpg




赤岳からは3つの尾根。
一番手前、急峻に岩峰群へ至る尾根が天狗尾根。
真ん中が真行寺尾根、奥が県界尾根。

IMGP0937.jpg




8:05 権現を後にして三ッ頭に向かいます。
前方のピークが三ッ頭。右へ伸びる尾根で下山する予定。
白とびしてますが、空には富士山が浮かんでます。

IMGP0942.jpg




ここで一旦ルートは右の方へ進路を変えて下って行きます。
予定の尾根から外れて谷に降りていきそうな感じ。
戻って確認しましたがこの道しかありません。
一抹の不安を感じながら先に進むと、切り立った岩壁を避けるために、
尾根を巻いてルートが付けられているようでした。

IMGP0943.jpg
           (左が下山予定の尾根、右が観音平から編笠山へ向かう尾根)





一箇所距離は短いですが、急な岩場に鎖がぶら下がっていました。
こういう所はわざわざストックをしまうのも面倒ですが、
こうして見ると危なっかしいですよね。

IMGP0947.jpg




ハイマツ、シャクナゲの中を辿ります。
一つ小ピークを過ぎてその先が三ッ頭になります。
↓ 写真はわかり難いですが、手前のピークを巻いてルートが付けられています。

IMGP0948.jpg



IMGP0962.jpg
8:49 三ッ頭(2,580m)に着きました。
明確な標注がないピークですが、
石碑に "山梨県八ヶ岳"
"三ッ頭" と彫ってありました。
ここは山梨県なんだ・・・



前にキレット小屋に電話しようとして104番に尋ねた際に、
「キレット小屋での登録はございません・・・何県ですか?」
と聞かれた事がありますが、
長野と山梨の県境でどっちなのか・・・
まぁ三ッ頭は地図で見ても明らかに山梨県ですけどね。
ちなみに赤岳ってどっちにはいるんでしょう・・・?




とりあえず三ッ頭からの眺望も素晴らしかった。
ここはまさに南八の展望台ですね。
権現、阿弥陀、中岳、赤岳・・・
こうして見ると権現の山頂って尖がってますねぇ。

IMGP0958_20121019090029.jpg





三ッ頭の山頂でパンを食べながら休憩。
歩いてきたルートが良くわかります。

まずは編笠山~青年小屋~ノロシ場。

IMGP0967.jpg



その上にいって、ノロシ場~ギボシ~権現岳。

IMGP0968.jpg




権現から下りてきた道。

IMGP0966.jpg




ノロシ場の背後には奇麗に槍穂が見えています。
この日は北アルプスも快晴ですね。

IMGP0972.jpg




眺望を楽しみながら休憩していると、
赤岳方向にガスが沸いてきてみるみる内に広がってきました。

IMGP0964_20121019095058.jpg




これから下る尾根にもガスがかかってきています。
9:04 さてあまりユックリしてないで下りますか。

IMGP0969.jpg




IMGP0977.jpg

すぐに前三ッ頭分岐。
ここは間違わずに右に
(木戸口公園)行かないと。


ここから草の茂った樹林帯を行きます。
途中でガスの中に突入。視界はなくただ黙々と下ります。

IMGP0979.jpg IMGP0982.jpg
IMGP0984.jpg IMGP0985.jpg


IMGP0987.jpg

9:35 木戸口を通過。
公園と言うから広い場所に
ベンチくらいあるのかと思いきや、
眺望もなく何もない狭い所です。



木戸口を過ぎた辺りでガスを抜けました。
ここからひたすら笹原の中を行きます。

IMGP0995-1.jpg




9:45 眺望のある開けた場所に出ました。
テントが張れそうだと思ったら、ここはヘリポート跡らしい。


IMGP1000.jpg
この後も笹原は続き、
抜けたと思うとすぐまた笹原です。
"雲海" の表示がありましたが、
雲の海と言うよりは、笹の海って感じ。



いったいこの笹原・・どこまで続くんでしょ・・・

IMGP1004.jpg


IMGP1006.jpg

延命水の表示がありましたが、
現在は獣の水場になっていると。
生では飲めないようで。



とりあえずその後も笹原は続きます。
見上げると青空に向かって真っ直ぐに伸びる梢。。。

IMGP1009.jpg


IMGP1014_20121019121950.jpg

飽きるくらい笹原を下ると、
10:29 ようやく八ヶ岳横断道路。
ここから観音平を目指し
遊歩道を行きます。



ここからは楽勝かと思いきや、遊歩道らしかったのは最初だけ。
けっこうアップダウンがあって大変。
歩幅の合わない階段でつまづいて転んだり、また肋骨折るかと思いました。
後半の登りもキツかった~  えっ! この期に及んで登るわけ!?
下山してるんだよね・・しかもまた笹原だし・・・みたいな。

IMGP1015.jpg IMGP1016.jpg
IMGP1017.jpg IMGP1022.jpg
IMGP1023.jpg IMGP1027.jpg
 1|2  1:最初は平坦で歩き易い道  2:石畳の道
 3|4  3:階段か~ この後下って上って下って転んで。  4:八ヶ岳高原ラインと観音平の分岐部
 5|6  5:枯れ沢を横断  6:また笹原・・下山してるのに上りでつか・・・





そしてようやく駐車場らしきものが見えてきました。
1日目に着いた時、ここでテントを張ってる人がいたけど、
確かに地図にはテン場マークが付いてるんだよね。

IMGP1030.jpg


IMGP1031.jpg

10:54 着いた~
観音平の駐車場です。
車で着替えて帰路に着きました。
時間が早かったのでほとんど渋滞はなく、
新幹線にも余裕でした。(^^v



 (終わり)


IMGP0954.jpg  <追記>

  ← 下山途中で見たこの鳥・・・
  ウグイスでしょうか???
  山で鳴き声は良く耳にするんですが、
  間近で見たことがないもので。(^^;
  詳しい方は一報頂ければ幸いです。

  野鳥図鑑で調べたら
  ルリビタキの雌に似てますかねぇ・・




  今週末も天気良さそうですね。
  でも・・・土曜は仕事、日曜も用事があって山にはいけません。   
  




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. TONO | URL | -

    鍵コメのTさんへ

    鍵コメのTさん、こんにちは。
    いつも訪問頂きありがとうございます。
    昭和45年夏の写真を拝見しました。
    確かに写真の下に書いてある解釈で間違いありません。
    42年経っても山は変わらないものですね~

    Tさんの以前のコメントはよく覚えていますよ。
    お陰様で以後正しい名称で表記できております。
    これからも間違い等あればコメント頂けると幸いです。(^^)

  3. devilman | URL | -

    Re: 2012 観音平から権現岳を周回 Vol.3

    素晴らしいお天気ですね。
    ちょうどTONOさんたちが三つ頭に着いた頃に、こちらは茶臼山の展望台で大展望を見ていましたが、この後、どんどん曇ってきたんですよね。霜も降りましたし、相当朝は冷えましたから、早い時間はどこも大展望だったようです。どの写真も、拡大してみると見入ってしまう光景ばかりですね。
    三月にラッセルしながら辿った、ノロシ場から権現へのルートが確認したく、無雪期の写真がとても参考になります。
    七月に行ったときはガスっていて、夏道は通ったものの、あまりルートを確認できませんでしたから、今回もお写真を興味深く拝見しました。
    雪の前に、もう一度行ってみようかと思います。

    あっ、それから、権現岳登頂、おめでとうございます(笑)。ただの突起ですが、踏んでいないと気持ち悪いですからね。

  4. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    この日の午前中の早い時間は素晴らしい天気でしたよね。
    ところが9時前には曇ってきて見る見るうちに赤岳方向が隠れてしまって、
    南アルプス方面も気付けば雲が多くなってました。
    あの大展望はその日に下から上がったのではなかなか見れないでしょうし、
    やはり上に泊らないと見れないものもありますね。

    devilmanさんが3月に行かれた観音平~青年小屋~ノロシ場~ギボシ~権現・・・
    ギボシのトラバースはここに雪が付いたらかなりヤバそうだと思いながら歩きました。
    その時の記事をあらためて拝見すると、その画像に唸ってしまいます。
    ここは積雪期に行ってみたいと思っているのですが、
    私にはノロシ場くらいまでしか行けそうにありません。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/470-4d8efac7
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。