スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 赤湯温泉から苗場山 Vol.3

2012年10月25日 14:15

2012.10.13(土)~14(日)

1日目 11:18小日橋~11:33林道終点~12:37鷹ノ巣峠~13:34山口館(宿泊)
2日目 6:26山口館~6:46赤倉林道分岐6:53~7:44水場~8:14フクベの平~
    9:04見晴尾根~9:20深穴の大岩~9:57シラビソ廊下
~10:44苗場山11:34~
    12:20雷清水~12:37神楽ヶ峰~12:39ドラゴンドラ分岐~14:08ゴンドラ山頂駅






2012.10.14(日)

赤湯温泉道で山口館にやってきた二人。
渓流沿いの露天風呂で湯浴みを楽しみ、山の幸を味わいました。
夜には満天の星空が広がり、翌日の快晴に期待して就寝。


・・・朝です。
5時半に起きてゴソゴソ準備を進めます。
姫を起こして6時前に食堂へ下りると
朝食が準備されていました。

IMGP1141.jpg
シンプルな朝食です。
玉子かけご飯か~
超久しぶりに食べました。
もしかしたら3年前に
ここに宿泊して以来かも。(^^;




6:26 登山靴を履いてザックを背負って出発です。
苗場山へは、宿の前から沢に下りていきます。
すぐに赤茶けた水溜りに出合いました。
近づくと湯気が出ていて周囲はホンノリ暖かい。
どうやら底からお湯が湧き出しているようです。

この湯溜まりの横を通ってしばし河原を遡ります。
途中の岩の間には枯木や根こそぎ抜かれた木が引っかかっていて、
増水時の威力を感じます。

河原が右にカーブすると前方に橋(赤湯1号橋)が見えてきました。
この橋を渡って対岸の山肌を登ります。

IMGP1144.jpg IMGP1146.jpg
IMGP1148.jpg IMGP1149.jpg
 1|2  1:河原に下ります  2:赤茶けた湯溜まり
 3|4  3:台風の爪跡  4:赤湯1号橋が見えてきた




6:46 10分ほどの急登で尾根の末端に上がりました。
ここは "赤倉分岐"(1,160m)・・・尾根を辿れば赤倉山に至ります。
出発時はスッキリしない空でしたが、次第に青空が広がってきました。
ここで上着を脱いで温度調節。

IMGP1155.jpg




さてせっかく登ったのですが、この尾根は越えるだけ。
6:53 尾根を離れて下って行きます。

IMGP1156.jpg




5分ほど下ると沢に出て再び橋を渡ります。
前日、赤湯温泉に着く直前で渡った二つ沢・・・
ここはその最初の沢の上流部分になるようです。

IMGP1158.jpg




橋を渡ると緑の中を上っていきます。
誰にも会わない静かな静かな山道です。

IMGP1161.jpg IMGP1162.jpg
IMGP1163.jpg IMGP1165.jpg




途中からしばし急登して、傾斜が緩むと水音が聞こえてきました。
7:23 "桂ノ沢"(六合目)です。

IMGP1170.jpg




この辺りは大きなトチノキが生えていて、
その根元にはたくさんの栃の実が落ちていました。
しばし沢に沿って上り、再び斜度が増していきます。
7:44 "水場"(六合半)を通過。
水場とは言ってもかなり細く、あまりキレイな感じはしませんでした。

IMGP1171-1.jpg1IMGP1172.jpg
1IMGP1178-2.jpg



IMGP1187.jpg

水場を過ぎて10分ほど上ると、
いつしか木々の上の空間が
目線の高さに近づいています。

そろそろ尾根に上がりそう。。。

標高は1,400mを超えた辺り。
この高さから木々は色付きを増し、
赤や黄色も目立ってきました。




7:59 尾根に上がりました。
ここで登山道は大きく左に進路を変えて苗場山に向かっていきます。
立ち止まって小休止していると、突然背後で物音。 (熊か・・・
慌てて振り返ると、トレランの単独行が追い抜いて行きました。
この日初めて出会った人です。

IMGP1195.jpg



IMGP1203.jpg
ブナをはじめとした広葉樹林の
木漏れ日の中を行きます。

このままどこまでも歩いて行きたい・・・
そんな気持ちの良い道。。。

ゆるやかな上りが平坦になると、
8:14 "フクベノ平" です。

     IMGP1204.jpg




フクベノ平を過ぎると再び斜度が増し、緑のグラデーションの中へ。
気付けば秋の青空が広がっています。
そして登山道の傍らには、ハッとするような鮮やかな赤。。。

IMGP1208.jpg1IMGP1213-2.jpg
1IMGP1212-2.jpg




色付いた木々、澄んだ空気、柔らかな光、青い空。。。
秋を満喫しながらの山歩きです。

IMGP1215.jpg



IMGP1218-2.jpg

8:41 "七合半" の表示。
このルートは合目が細かく出てきて、
ペースをとり易く励みにもなります。




高度が上がり空は一層青さを増してきました。

IMGP1233.jpg



IMGP1238.jpg

9:04 "見晴尾根" です。
・・・ようやく八合目。
赤湯温泉が五合目なので
登りの行程の半分は来たか。




木々の間からは神楽ヶ峰方面の山肌が見え隠れし、
目的の苗場山は左端から続く稜線が進行方向と交わるところ・・・
まだハッキリとその山容を確認できません。

IMGP1224.jpg
                              (神楽ヶ峰方向を見る)



明確な尾根地形を上って行きます。
青い空に赤や黄色が映えますね~

IMGP1242.jpg




IMGP1245_20121025132442.jpg
やがて前方にド~ンと立ち塞がる
大きな岩峰が見えてきました。
9:20 ここが "深穴岩"(八合半)。
あの岩峰が深穴の大岩か~
ここで小休止にしました。
ザックに腰掛けてパンをつまみます。


      IMGP1246_20121025132603.jpg



IMGP1249_20121025133129.jpg
  大岩は左から基部を巻いて行きます。
  写真には写ってないですが、
  ここは出だしが結構な急斜面で、
  下りの際にスリップしたら、
  そのまま下まで落ちてしまいそう。



IMGP1257.jpg

この後、針葉樹の小路を辿ります。
この辺りが "シラビソ廊下"。。。
しばし平坦な道を行くと
一旦ちょっと下ります。




左前方が開けると、とうとう見えた~!
目的の苗場山がその姿を現しました。

IMGP1263.jpg




う~む、やっはり近くで見ても台形だ~
しかもそのテーブルの角からは急激に落ち込み、
やけに切り立っているじゃないですか!?
一体どこから登るんでしょ・・・

IMGP1264.jpg


 (続く)



  今週の土曜は山によっては晴れそうですね
  日曜は全国的に駄目そうだから、土曜の日帰りかなぁ・・・







関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆぅ&かん | URL | -

    Re:2012 赤湯温泉から苗場山 Vol.3

    TONOさん姫さん

    こんばんは~(^^)
    って言うかご無沙汰しておりました…m(_ _)m

    紅葉を見ながらの登山最高ですよね…(^^)
    登るの大変だけど癒されますよね…(^0^)
    登りたいけど『かん』は20kgも太ったので
    まずはダイエットからですね…(^^;)

  2. TONO | URL | -

    ゆぅ&かんさんへ

    お久しぶりです。
    秋はやはり温泉と紅葉ですよねぇ。
    今回は天気に恵まれ良い山行でした。

    そんな事より、かんさん・・20kgも増量ですか!?(汗)
    さぞかし身体が重いでしょう。
    冬のテント泊装備を常に背負ってる状態ですから。(^^;
    健康のためにも早くダイエットして下さいね。

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2012 赤湯温泉から苗場山 Vol.3

    >この湯溜まりの横を通って

    この湯だまりに手を入れてみたら、適温でした。
    入ってみることに・・・。

    足元は砂? 落ち葉? 歩くと砂煙?
    でも、ややぬるめの適温でした。
    じっとしていると いい夢心地に。

    2年前によりました。
    キノコ鍋、ランプの宿、いい雰囲気でした。

    また、行きたい宿です。静かに残しておきたいですね。

  4. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    赤湯温泉は良い所ですよね。
    今回テン場もある事が分かって、テント持って行ってみたい気もしますが、
    やはりあの宿に泊って山の幸を食したいところです。
    旅館ではないし山小屋ともちょっと違う、不思議な魅力を持った宿ですよね。

    それにしてもクロちゃんさん、あの湯溜まりに入ったんですか!
    足湯とかじゃなくて全身浴ですか!?
    う~む、それは凄いです。(^^;

  5. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2012 赤湯温泉から苗場山 Vol.3

    結構、秘湯系や野湯系も好きで あれば入りますね。

    まさに、わいるだぜ~!

    山旅と温泉は、自分にとってはセットで考えています。
    wで2つ楽しんでいます。

    日曜日は天気悪そうで、今週末 悩んでます。
    青年小屋も面白そうだなと思っています。

  6. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ2

    クロちゃんは野湯もガンガン入っちゃうんですね。
    う~む、ワイルドだぜぇ~(笑)
    私も山と温泉はセットで楽しみたいですが、
    なかなか野湯となると腰が引けます。(^^;

    今週は土曜は良いけど日曜は駄目ですね。
    私はハイキングしてキャンプというプランにしました。
    これから行ってきます。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/473-b28ec1fd
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。