スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 西湖オートキャンプ場ノーム Vol.2 蝙蝠穴

2012年11月05日 21:29

2012.10.27(土)~10.28(日)





2012.10.27(土)

ノームキャンプ場の林間サイトにテントを設営した二人。
当初はテントを張ったら御坂山塊を歩く予定でしたが、
雲に包まれる稜線を見てすっかりモチベーション

山に登るのは止めて観光に出かけました。
野鳥の森公園でバードウォッチングを楽しんだ後、
通りかかった蝙蝠穴に行ってみました。


300円/人を払うとヘルメットを手渡され、林の中の小路を辿ります。

IMGP1567.jpg




少し行くと前方に見たことのない生物が!!
んんっ・・・キジか?
するとその生物は小路を横切り木の幹を凄いスピードで駆け登って行きます。
なんだありゃ~!?
よ~く見るとどうやら木の皮を咥えたリスでした。
富士の樹海で新種の生物発見!・・・かと思いました。(^^;

IMGP1571.jpg




4~5分で蝙蝠穴の入口です。
ここには金網があって夜間は閉鎖するようですが、
蝙蝠が羽を広げて中に入れるように上部は横長の格子になっています。

IMGP1577.jpg





ヘルメットを被って入口から下りて行くとライトアップされた広場。
そこから奥に洞窟は続いています。
総延長は350mと言うことですからけっこうなものです。
富士山麓の溶岩洞窟の中では最大規模のものらしい。
年間を通して洞窟内の温度は一定に保たれていて、
蝙蝠の冬眠場所になっているとのこと。

IMGP1579_20121103220950.jpg




溶岩ドーム、溶岩鐘乳石、溶岩棚、珪藻土線、縄状溶岩など
いろいろ見所はあるんですが、各々の説明は面倒なので省略。(^^;
ともかくプチ探検気分を味わえます。

IMGP1582_20121103221601.jpg



IMGP1584.jpg

この辺から天井が低くなります。
注意書きもありますが、
予想以上に低いです。




床は凸凹していて濡れてるし所々水溜りもあります。
TONOはクロックスを履いてたんですが、歩き難いし足が濡れるし・・・
姫のようにちゃんと登山靴履いてくれば良かった。
ここはハイヒールとかじゃ絶対に歩けませんね。
それにしても姫は満面の笑みですが、何がそんなに楽しいんでしょ。( ̄ー ̄?

IMGP1585.jpg




この先さらに天井が低くなってガンガン頭をぶつけます。
最初はヘルメットとはまた大袈裟な・・・と思いましたが、
こうなるとヘルメットがあって良かった~ (^^;

IMGP1586_20121103222217.jpg




中腰で腰が痛くなる頃に普通に立てる場所に出ました。
奥は金網と言うか鉄格子がはまっていて行き止まりです。
どうやらこの奥がコウモリの寝座になっているようで、
コウモリ保護区域の表示がありました。
目を凝らして中を覗いてみましたが、コウモリは全く分からず。
まぁ、真っ暗い中で黒いコウモリですから。

IMGP1588.jpg




戻る途中で姫とはぐれて焦りましたが、
姫が何か見てるのに気付かず追い越してしまったようでした。
15分ほどで無事に入口に戻ってきました。

IMGP1593.jpg




もっとコウモリがたくさんいるのかと思いましたが、
ただの1匹も見れないとは残念。
最近はコウモリがどんどん減少しているみたいですね。
よく映画とかTVとかであるみたいに、
洞窟に入るとコウモリが一斉に飛び出してきて肝を潰す
・・・的な感じを期待してたんですけどねぇ。(笑)



IMGP1595_20121105192244.jpg
帰りしな、向こうに黒い物を発見。
ん!? コウモリの模型?
本物はゲットできなかったから
模型の写真でも撮って行くか。
と近くに寄ってみると・・・これ→
バットマンかよ・・・
ここでこれ見せられてもねぇ。 ( ̄ー ̄;




蝙蝠穴を後にしてさらに進むと、西湖の反対側に出ました。
正面には御坂山塊ですが、相変わらず雲の中ですなぁ。
よく見ると対岸にキャンプ場が見えます。

IMGP1600.jpg




キャンプ場に寄ってみると・・・
向かって左がノームキャンプ場、右が西湖自由キャンプ場。
で、二人が張った場所は左端の林の中ですが、
う~む・・・よく分りませんね。(^^;

IMGP1601.jpg




西湖を一周してキャンプ場に戻ってきました。
山にはまだ雲がかかっているし、もうこの日の山はナシ。
お腹が空いたのでお昼にします。
お昼は・・・山で食べるつもりだったカップ麺とオニギリ。(^^;

IMGP1617.jpg



IMGP1616.jpg

野鳥の囀りを聞きながら
カップ麺を啜っていると、
小鳥が枝を渡っていきます。
ジョウビタキ(♂)ですね。




さてお昼の後は風呂です。
歩いて5分ほどの距離に富士西湖温泉 "いずみの湯" があります。
ここは温泉とは言っても湧出した天然温泉ではなく、
自然のミネラル塩を使ったお風呂のようです。
900円/人(割引券で800円)はちょっと割高感がありますが、
お湯は柔らかい感じでそんなに悪くないし、
広い休憩所は食事ができて、横にもなれるのでリラックスできます。
ここで何だかんだと2時間くらい過ごしました。

IMGP1618.jpg




いずみの湯を出てキャンプ場に向かうと、
山の向こうに富士山の頭がチョコンと見えました。
上に登ると西湖越しの富士がキレイに見えるけど、
下からは頭しか見えないんですね。

IMGP1619.jpg





テントに戻りTONOは意味もなく焚き火の時間。
雑誌を読んでいた姫は、秋の陽を浴びていつしか居眠り状態。
風はないし風呂上りで身体はポカポカしてるし、確かに眠くなるんですよね。

IMGP1622.jpg


 (続く)



  日曜日は西沢渓谷に行ってきました。
  滝の紅葉はすでに終わってましたが、広瀬湖辺りはイイ感じでした。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/477-751567e6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    キャッシング用語
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。