スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 秋色の西沢渓谷 後編

2012年11月09日 22:26

2012.11.4(日)





遅く起きた日曜日。
紅葉でも見ようと西沢渓谷に向かった二人。
二俣吊橋を渡って渓谷道に入りました。

さて西沢渓谷はこのブログでも二度アップしているので、
詳細は省略して一気に行きます。


遠めに "大久保ノ滝" を見て階段を上って下ると "三重ノ滝"。
この滝は優雅な感じで好きなんですが、
紅葉はもう終わったんでしょうね・・・落葉がいっぱい。

IMGP1743_20121108211950.jpg




人影の少ない渓谷沿いを先に進みます。
まだそんなに暗くなる時間ではないのですが、
渓谷だけに陽の光が入らず、夕暮れが近い様なうすら寒い感じ。
少し行くと "人面洞"・・・この前に来るといつもジッと見てしまうのですが、
確かに人面に見える部分がいくつかありますかねぇ。
"貞泉ノ滝" は水量が多くちょっと落差もあるので豪快な感じ。
渓谷道には鎖やロープが整備されていますが、
濡れて滑りやすい所も多いのでグリップを確かめながら慎重に。

IMGP1749.jpg IMGP1751.jpg
IMGP1757_20121108220623.jpg IMGP1759.jpg



IMGP1760.jpg
14:30 いつもの場所でお昼にしました。
普段は休憩する人で混み合う所ですが、
時間が遅いので他に人影はなし。(^^;
あと2時間もすると暗くなるし、
悠長に休んでる場合ではありません。
オニギリだけ食べたらすぐ出発です。




14:50 方丈橋を渡って急斜面をちょっと登ると、
いよいよクライマックスの "七ツ釜五段の滝"。
・・・なんですが、すでに落葉して寂しい限りでした。
まぁ、ちょっと時期が遅かったですかねぇ。

IMGP1770-2.jpg IMGP1779-2.jpg



七ツ釜五段の滝を右手に見ながら進み、
"不動ノ滝" で左に曲がって階段を上ります。
階段ってどうしてもペースが早くなる傾向にあって、
太腿がけっこう辛い・・・ゆっくり上れば良いだけなんですけどね。(^^;

IMGP1783_20121108222037.jpg IMGP1784.jpg
IMGP1788_20121108222036.jpg IMGP1794_20121108222035.jpg




15:09 旧トロッコ道に出ました。
右手に行くとトイレと休憩スペース。
その前には色付いた山肌が迫ります。

IMGP1795.jpg




ここから渓谷の対岸を高巻いて戻ります。
渓谷道の紅葉はすでに終わった感じでしたが、
この旧トロッコ道の周囲は奇麗に色付いていました。

IMGP1807.jpg IMGP1814_20121109075358.jpg
IMGP1817_20121109075357.jpg IMGP1827_20121109085203.jpg




途中にある七ツ釜五段の滝を見下ろすポイント。
夏は葉に隠れて見えませんが、葉の落ちたこの時期は見ることができます。

IMGP1805.jpg



IMGP1823_20121109085929.jpg
日が傾き大分肌寒くなってきました。
旧トロッコ道を急ぎ足で戻ります。
アップダウンのない歩き易い道ですが、
左側は渓谷に向かって切れ落ちています。
"ひこいっちゃん" とか "いこりさん" に
ならないように油断は禁物。(笑)





15:38 正面がパッ~と明るくなり、黄色に輝く山肌が見えました。

IMGP1830.jpg
 



ベンチの置かれた大展望台です。
紅葉のこの時期はさすがに素晴らしい眺望が楽しめます。

IMGP1832_20121109080739.jpg




鶏冠山から鶏冠尾根を辿ると木賊山、そして破風山。
あの稜線を歩いてみたくなりますねぇ。
木賊山の右から伸びてくるのが戸渡尾根であろうか。
ちなみに甲武信ヶ岳は木賊山の陰になり見えていません。

IMGP1833.jpg IMGP1836.jpg





16:14 橋を渡ればねとり広場です。
もしかしたらトロッコ道でヘッデンが要るかと心配でしたが、
暗くなる前に戻って来れました。

IMGP1855_20121109121341.jpg


IMGP1860-1.jpg

橋の上から景色を眺めていると、
「ねぇ~殿様、そこに吊橋があるよ~」と姫。
吊橋があるのは前から知ってたけど・・・
昔はあれを渡ってたのかなぁ???



で、橋の袂に行って見ました。
すると・・・う~む、これは危なくて猿しか渡れない。
ほとんどインディジョーンズの世界ですな。
ロープとかで立ち入り禁止になってないのも不思議ですが、
これを見てまで渡ろうって奴はいないか。(^^;

IMGP1866.jpg




ねとり広場から林道を辿って駐車場に戻りました。
右手の山肌は色とりどりのパッチワーク・・・こういう紅葉もキレイですね。

IMGP1868.jpg



1周3時間と駆け足で周った西沢渓谷。
渓谷自体の紅葉は終わっていましたが、
広瀬湖やトロッコ道からは色付いた山肌を見ることができ大満足でした。


 (終わり)



  今週末は二人とも連休なんですが、
  また日曜日は天気悪そうですよねぇ・・・





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. taka | URL | CKyOUH4I

    Re:2012 秋色の西沢渓谷 後編

    TONOさん、姫さん、こんにちは。

    今回の『西沢渓谷』や以前に拝見した『尾白川渓谷』(甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根ルート登山口と同じ竹宇駒ヶ岳神社が起点)では、転倒や滑落による事故が多く発生してヘリによる救出や、中には不幸な結果となってしまったとの報道が地元紙に年に何回となく掲載されております。
    TONOさんが書かれておられるように濡れて滑りやすいのと、どちらも景勝地ゆえにカメラでベストショットを狙おうともう一歩踏み出したり、後退りして事故に遭うケースが多いと聞いております。
    老婆心ながら、多くの皆さんに地元・山梨を楽しんでいただきたくひと言つけ加えさせていただきました。

  2. HAM1826 | URL | T8stxXjA

    Re:2012 秋色の西沢渓谷 後編

    はじめましてHAM1826と申します。

    全山紅葉の山々、白糸を引いたような渓流、とても綺麗です。
    こんな中、山歩きできるのは最高ですね。
    自分は最近、子育てや雑用を言い訳にして山はすっかり御無沙汰していますが、記事を見て、再び山歩きしたくなりました。
    またお邪魔させていただきます。

  3. TONO | URL | -

    taka さんへ

    西沢、尾白川ともにすぐ間近で渓谷美に触れられるところが素晴らしいです。
    ただそれだけに危険も隣り合わせという事ですね。
    ベストショットを狙って一歩踏み出す、後退りする・・・
    よくあることだけに身につまされる思いです。
    ついさっきまで一緒に歩き、話し、楽しんでいた家族、恋人、友人が
    一瞬のうちに不幸な結果になってしまうなんて・・・
    とても悲しくあってはならない事ですよね。
    これからも十分注意して山歩きを楽しみたいと思います。

  4. TONO | URL | -

    HAM1826 さんへ

    初めまして、コメント頂きありがとうございます。
    渓谷は四季折々美しい姿を見せてくれますが、
    特に紅葉の時期は素晴らしいですよね。
    秋晴れの一日にこんな景色と出合えると来て良かった~と思います。
    HAM1826さんは昨日近くの渓谷に出掛けられたのですね。
    生憎の天気だったようですが、
    渓谷をバックにしたモミジの赤が美しいですね。
    これからもよろしくお願いします。

  5. バカボンパパ | URL | JalddpaA

    Re:2012 秋色の西沢渓谷 後編

    綺麗な紅葉ですね
    TONOと姫では、ハイキングなんて感じなのでしょうね
    滝と紅葉そして錦絵の様な山々
    渡れそうもない、つり橋も驚きです

    素敵な日曜日でしたね



  6. devilman | URL | -

    Re:2012 秋色の西沢渓谷 後編

    見事ですね。
    奥秩父の紅葉も、盛りを過ぎて、また寒い冬が来ますね。
    ストーブにあたりに、行きたいです。

  7. TONO | URL | -

    バカボンパパ さんへ

    この日は天気が良くて紅葉狩り&滝狩り(!?)を楽しめました。
    中途半端な時間からでしたが有意義な時間を過ごせました。
    時間が遅かったので逆に空いてて良かったのかも知れません。
    それにしても吊橋にはビックリですよね。
    そのうち自然に落ちてしまいそうな感じでした。(^^;

  8. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    この頃が奥秩父の紅葉の見頃だったんでしょうね。
    紅葉前線は標高の低い所へ移動して、山は中途半端な時期になりますが、
    完全な雪山になる前にどこか登りたいところです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/480-1fe2e17e
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。