スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 初冬の天狗岳 Vol.3

2012年12月03日 21:08

2012.11.24(土)~25(日)

1日目 10:18渋の湯~11:12八方台分岐~11:34唐沢鉱泉分岐~
     12:19黒百合平(テント設営)14:09~14:13中山峠~14:27にゅう分岐~
     15:00にゅう15:03~15:50にゅう分岐~16:05黒百合平(テント泊)
2日目 7:34黒百合平~7:38中山峠~8:39東天狗岳~9:10西天狗岳~
     9:46天狗の奥庭分岐~10:18天狗の奥庭~10:33黒百合平(撤収)
     11:33~11:57唐沢鉱泉分岐~12:13八方台分岐~12:43渋の湯





2012.11.25(日)

黒百合平にテントを張ったTONO。
寒気の流入 + 放射冷却によりガンガンに冷え込んだ朝を迎えました。
マイナス20度という予想を超える寒さに予定時間を大幅に遅れて行動開始。

7:34 アイゼンを履き、ピッケルを持ってテン場を出発。
70Lザックには、テルモス・化繊の中間着・行動食のキットカット・地図のみ。

7:38 中山峠を通過。
やはり朝の光は良いですね~
暖かいし、モチベーションもグングン上げてくれます。
前日の暗く寒々しい感じとは大違いです。

IMGP2272.jpg
                        (新しい朝が来た、希望の朝だ♪)



IMGP2274.jpg
明るいシラビソを小路を辿ります。
この辺りですれ違う人もチラホラ。
すでに天狗岳を往復して戻ってきた様子。
こちらはスッカリ出遅れてます。(^^;



すぐに大岩が積み重なった所を越えていきます。
そして前方には東天狗と西天狗がド~ンと見えてきました。
まだ真っ白とはいかず中途半端な感じではありますが、
久しぶりの雪山に心躍ります♪

IMGP2278_20121202092822.jpg




積み重なった岩を越えると視界が開け、右手には北アルプス。。。
霧が峰~美ヶ原の向こうに白い屏風の様に並んでいます。

IMGP2288.jpg




朝陽を受けて輝く雪面。 吹き曝しで風が冷たい。
再び前方に見える岩の積み重なった場所(Part2)を越えて行きます。

IMGP2289.jpg




さて岩を越えて少し行くと、ここからいよいよ急な斜面となります。
ピッケルを刺してアイゼンを効かせて登ります。

IMGP2301.jpg




急斜面を登りきりやや傾斜が緩むと青空と白い雪のコントラストが
素晴らしい景色を見せてくれます。

IMGP2302.jpg




振り返ると右手に前日歩いたニュウヘの道がよくわかります。
稲子岳の切り立った岩壁が迫力あります。
一般登山道のない稲子岳・・・
こうして見てもアプローチする所がなさそうですよね。

IMGP2304-1.jpg
                         (稲子岳の向こうに見える岩峰がニュウ)




8:22 天狗の奥庭の分岐地点を通過。
トレースはあったので帰りは奥庭を通って黒百合平に戻るか・・・
この辺りから西天狗がハッキリ見えてきました。
まだまだ雪は少ないですね。

IMGP2310.jpg




前方を行くパーティに追いついてきました。
東天狗への登りで一番急な所ではちょっと渋滞。
この辺りは狭いトレースが続きパスするポイントが少ないです。
ちょっと広い場所でパスして一気に稜線を目指します。

IMGP2312.jpg IMGP2313.jpg
IMGP2315.jpg IMGP2317.jpg




稜線を出ると再び青と白のコントラスト。。。
山頂はもうすぐそこです。

IMGP2319.jpg




8:39 東天狗岳(2,646m)に到着。
10人ほどが山頂からの絶景を楽しんでいました。

IMGP2320.jpg




山頂からは南ヤツの雄大な景色が広がります。
赤岳、中岳、阿弥陀岳、そして硫黄岳の爆裂火口が大きい。
この先へ縦走してみたい・・・そんな衝動に駆られます。

IMGP2323.jpg


 (続く)


  幾度となく通った事のある中央道笹子トンネルの崩落事故・・・
  不運にも亡くなられた方々そのご家族の事を思うと胸が痛みます。
  もし渋滞中に発生していたら・・・と思うと恐ろしい。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 鼻毛のび太 | URL | gP0nPKHU

    Re:2012 初冬の天狗岳 Vol.3

    お疲れ様です。
    top画像カッコイイっす

    良い画で最高!

  2. devilman | URL | -

    Re:2012 初冬の天狗岳 Vol.3

    ここは雪の時に幾度も登っていますが、晴れると最高ですねぇ。近景、遠景、すべて息をのみますね。
    天候さえよければ、一日行程で結構歩けますしね。

  3. TONO | URL | -

    鼻毛のび太さんへ

    ありがとうございます。
    このTop画像は2010年3月中旬に西穂独標へ行ったときのものです。
    この時は強風でしたが雲一つない快晴で朝の光の中イイ画が撮れました。(^^v
    来年のGW過ぎまでの6ヶ月間はこの画像でいってみます。

  4. TONO | URL | -

    devilmanさんへ

    快晴の朝で素晴らしい景色を見れました。
    歯の痛みも忘れる360度の大展望で、「来て良かった~」と思いました。
    確かに天狗岳は日帰りでも十分楽しめるので、泊まって登ったのは初めてでしたが、
    朝の光の中で見る雪山は一味も二味も違いますね。
    やはり山が一番輝くのは朝と夕方なんでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/488-aa2a641f
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。