スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 初冬の天狗岳 Vol.5

2012年12月06日 06:53

2012.11.24(土)~25(日)

1日目 10:18渋の湯~11:12八方台分岐~11:34唐沢鉱泉分岐~
     12:19黒百合平(テント設営)14:09~14:13中山峠~14:27にゅう分岐~
     15:00にゅう15:03~15:50にゅう分岐~16:05黒百合平(テント泊)
2日目 7:34黒百合平~7:38中山峠~8:39東天狗岳8:43~9:10西天狗岳9:22~
     9:46天狗の奥庭分岐~10:18天狗の奥庭~10:33黒百合平(撤収)11:33~
     11:57唐沢鉱泉分岐~12:13八方台分岐~12:43渋の湯







2012.11.25(日)

雪に覆われた黒百合平で幕営して、翌日天狗岳を目指したTONO。
東天狗、西天狗とピークを踏んで下山開始。

9:46 天狗の奥庭への分岐部から、
トレースを追って未知のエリアに足を踏み入れました。
所々岩の露出した斜面をドンドン下って行きます。
トレースは正面に見える小さな岩峰の右を抜けて続いていました。

IMGP2359.jpg




この岩峰からさらに下って行きます。
岩の上を歩く場所では突然トレースが消えたりしますが
おおむね大岩の間隙を埋めた雪の上を辿ります。

IMGP2363-2.jpg




下り切ると水平移動~やや上りとなり、
上の写真で左上に見える第二の岩峰を目指します。
この岩峰の指導標には "天狗の奥庭上" の表示。

IMGP2364.jpg IMGP2366.jpg




上から確認すると、トレースは前方の第三の岩峰に向かっている様子。
東側を見ると中山峠から東天狗に向かうルートが見え隠れ。
登山者も確認できます。
そして・・にゅう! その特徴的な岩峰も見えました。

IMGP2367.jpg IMGP2368.jpg
IMGP2370.jpg IMGP2369.jpg
 1|2  1:第三の岩峰へ向かうトレース  2:"にゅう"(↓)が見えた!
 3|4  3:中山峠から東天狗へのルート1  4:中山峠から東天狗へのルート2  (↓)は登山者





岩の間を縫う様にトレースが続き、第三の岩峰には小さなケルン。

IMGP2371.jpg IMGP2372.jpg




ここで初めて登山者を発見!(赤矢印)
地図を見ると、その奥に見える窪地が "スリバチ池" でしょうか・・・?
ルートはスリバチ池の土手を回るように付いている様子。
土手の右の方に休憩中の2人の登山者も。(写真では不鮮明ですが、黄色矢印)
目指す黒百合ヒュッテは土手に隠れ確認できませんが、その陰の辺りか・・・

IMGP2376.jpg



IMGP2377.jpg
10:18 第三の岩峰を下って行くと
途中で指導標が立っていて、
"ここは天狗の奥庭" の文字。
天狗岳の奥まった庭・・と言う事か・・・
黒百合平からは前庭って感じですが、
訪問者は少なそうだしやはり奥庭か。(^^;




スリバチ池と思われる窪地を回って土手に上がります。
所々ペンキマークがありますが、雪が多くなれば埋もれてしまうんでしょうね。
土手の上は大岩がゴロゴロ。 岩伝いに進みます。
すぐに標柱がありましたが、進行方向の表示は消えていました。
黒百合平と書いてあったのかなぁ・・・
この場所からすぐ下に黒百合ヒュッテが見えました。

IMGP2378.jpg IMGP2379.jpg
IMGP2384.jpg IMGP2385.jpg
 1|2  1:転がる岩の間を行きます  2:土手の上は大岩がゴロゴロ
 3|4  3:土手の突端に立つ指導標  4:黒百合ヒュッテが見えた




右手には東と西の両天狗岳。
「あの斜面を下りてきたのか・・・」
山と高原地図によると、東天狗→黒百合平の所要時間は、
中山峠経由で55分、天狗の奥庭経由で60分で5分差ですが、
奥庭経由の方が歩き難くてもっと時間に差が生じる気がしました。

IMGP2381.jpg




10:34 黒百合ヒュッテに到着。
標柱のある場所から3分ほどでした。

さてテン場に残されたテントは3張りのみ・・早速撤収開始です。
まずはテント内の物を全部ザックに収納。
張り綱と竹ペグを繋ぐ麻紐を切ってテントをフリーにしたら、
テントを逆さにして叩き結露が凍ってできた霜を可及的に外へ。
日が当たらない場所だったので、テントの中はまだ凍り付いてました。
温度が上がって中がビショビショになるよりは良かったか。(^^;
ポールを抜いて、テントを防水のスタッフバックに押し込んで収納。
竹ペグは可能な限り回収しましたが、1つは凍って回収不能でした。

撤収後、ヒュッテ前のベンチでパンを食べてちょっと休憩。
気温はまだ氷点下ですが、日当たりが良くて気持ちイイ♪

IMGP2387.jpg




11:33 チェーンスパイクを付けたら下山開始。
重いザックを背負って、樹林帯の中を一気に飛ばしました。
唐沢鉱泉、八方台と分岐を過ぎ、渋温泉へノンストップ。
シラビソの林は心地良い木漏れ日のプロムナードでした。

IMGP2398.jpg




12:43 無事に渋温泉に戻ってきました。
唐沢鉱泉分岐までは何人か追い抜いたのですが、その先は完全な一人旅。
駐車場に残っていた車は3~4台。簡単に着替えて帰路につきます。
せっかく温泉が目の前にあるし、一風呂浴びて行こうかとも思ったのですが、
連休の最終日だし高速で渋滞にハマるのが嫌だったので直帰です。(^^;

諏訪南ICに向かう途中、八ヶ岳エコーラインからは南ヤツがクッキリ。
今日は赤岳とかも最高だったろうなぁ。。。

IMGP2415.jpg


 (終わり)


  この日スムースに大月まで来たんですが、
  最後の最後、相模湖で事故渋滞12km!
  事故渋滞ってピタリと止まって動かないんだよねぇ・・・ ┐( ̄ヘ ̄)┌





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re:2012 初冬の天狗岳 Vol.5

    こんにちは

    今回も、いい山旅でしたねー。
    ブログを読んでる当方もなんか行った気になりました^^

    数年前、天狗へは行きましたが、冬季ではないので、この雪の白と空の青には圧倒されます。
    冬季は、麦草峠から白駒池周辺を散策した程度です。

    お姫様にもよろしくです^^

  2. TONO | URL | -

    kaizanさんへ

    今回は一人旅でしたが、天気に恵まれてイイ景色を見れました。
    晴れた日の雪山は青と白のコントラストが素晴らしいです。
    八ヶ岳は晴天率が高いので冬でも比較的取っ付き易いですよね。
    今シーズンは姫の肩が万全ではないので、ソロでの雪山が多くなりそうです。
    姫には温泉で活躍してもらうという事で。(笑)

  3. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2012 初冬の天狗岳 Vol.5

    天候にも恵まれ、いい雪山になりましたね。
    でも、テント撤収は凍てついて大変では?

    人がいないのは静かでいいですね。
    でも、ちょっと不安かも。足跡があれば安心できます。
    依然行ったときは、深雪が降っていたため
    何もなく、看板をたよりにあっているのかなと
    思いながらの雪山でした。

    車の中から 自分もきれいに見える山並みを
    よく撮りますが、傾いていたり、電柱や木が邪魔をして
    難しいですね。停めてとればいいのですが。

  4. TONO | URL | -

    クロちゃんさんへ

    今回は快晴の一日で良い山行でした。
    雪山ではテント本体の撤収は特に問題ないんですが、
    凍結してる場合は竹ペグの回収がけっこう大変。
    でも麻紐と竹なので最悪の場合はそのまま放置しちゃいます。(^^;

    勝手知ってる山で天気が安定して良ければ、
    誰も足を踏み入れていないノートラックの斜面を歩くのも雪山の楽しみですよね。
    でも天気の悪い時や初めてのルートはやはりトレースがあると安心です。

    車の中からは私もよく撮りますが、運転中はしっかり画面を見る事はできないので、
    何枚もめくら撮りしてその中から良いモノを選んでいます。
    傾いたりはしょっちゅうですが画像処理して載せてます。
    確かに車を停めて撮ればイイんですが、わざわざ停まるのも面倒ですよね。(^^;

  5. devilman | URL | -

    Re:2012 初冬の天狗岳 Vol.5

    青空を背に、日の光をいっぱいに浴びている八ヶ岳連峰、素晴らしいですね。
    僕は下山後、海の口あたりで車から降りて、八ヶ岳連峰の姿をよく撮ります。こちには幾分逆光になりますから、雰囲気が違います。でも、八ヶ岳の良さが、いずれも出ている写真になり、山を振り返るにはいいものですね。

    坪庭、天狗の奥庭ですか、二度ほど行っていますが、時間かかってあまり好きではありません。中山峠経由の方が早いですよね。

    姫さんの肩の具合も心配ですね。どうかお大事に。

  6. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    海の口~野辺山の辺りからも八ヶ岳が奇麗に見えますよね。
    特にこの方向から見る赤岳は素晴らしいです。
    下山した後に登った山を麓から見上げると充実した気持ちになれます。

    天狗の奥庭は初めて足を踏み入れてみたのですが、けっこう歩き難い所ですね。
    岩が雪で全て埋もれてしまう時期にスノーシューとかで歩いてみたい気もしますが、
    雪の多い時期には通行禁止になってることが多いですしね。

    姫の肩は一時の激痛はなくなりちょっと引っかかり感がある程度になっています。
    今日は二人で丹沢を軽くハイキングしてきましたよ。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/490-7c1962ca
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。