スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 大山北尾根 Vol.2

2012年12月19日 20:47

2012.12.16(日)

9:57ヤビツ峠~10:26門戸口~10:53地獄沢橋(登山口)~
11:50一ノ沢峠分岐(913mピーク)~11:53新多摩線16号鉄塔~
12:23ミズヒノ頭~12:36西沢ノ頭~
13:20大山山頂13:45~
13:53下社分岐~(イタツミ尾根)~14:28ヤビツ峠

*歩行時間(小休止を含む) 4時間6分





ヤビツ峠に車を駐めて、地獄沢橋の大山登山口から登り始めたTONO。
誰もいない尾根を上がり、913mピークまでやってきました。
すぐそばに巨大な16号鉄塔が立ち、その向こうに大山のアンテナ群が見えます。
鉄塔の下では二人組の男性がお昼休憩中。
この日は大山の山頂までに出会った人はこの二人のみでした。
11:53 軽く挨拶をして鉄塔の下を通過します。

IMGP2697.jpg



わずかに下った後、再び尾根を上ると、
傾斜が緩んで開けた小ピークに着きました。
ここは1,040m地点で西側が崩落して赤茶けた山肌が印象的。

IMGP2700.jpg IMGP2701.jpg
IMGP2704.jpg IMGP2708.jpg




大山のアンテナ群はやや近づいたものの、まだ遠く霞んで見えます。

IMGP2706.jpg





草付きの稜線を辿ると、次第に表尾根方面の眺望が開けてきました。
左に三ノ塔が大きく、下って烏尾山、そして行者岳の辺りでしょうか・・・
背後に真っ白い富士山が見えます。

IMGP2711.jpg




富士山に寄ってみます・・・なかなかの迫力。
きっと表尾根からの富士山は素晴らしかったでしょうね。

IMGP2709.jpg




眺望に気を取られて滑落しないように注意しながら、
赤茶けた崩落地を回り込むように進みます。

IMGP2714.jpg




12:21 振り返ると先ほどの1,040mピーク。
この辺りは思わず腰を下ろしたくなるような気持ちの良い場所。
ちょうど昼時ですし休憩しようかとも思ったんですが、
この先の時間が読めないのでキットカットを齧って歩きます。

IMGP2715.jpg





視線を左に移すと塔ノ岳~丹沢三峰の稜線がよくわかります。

IMGP2718.jpg





塔ノ岳に寄ってみると山頂に建つ尊仏山荘が確認できました。

IMGP2716.jpg


IMGP2719.jpg

12:23 ほどなく樹林の中に
"ミズヒノ頭" の標識。(1,050m)
木に囲まれ眺望はありません。
写真を撮って通過。



IMGP2721.jpg

  皮を剥され白い幹をさらした樹木。
  鹿が食べたのでしょうか・・・
  痛々しい姿ですね。



IMGP2726.jpg

・・・で、次のピークは
"西沢ノ頭"(1,094m)なんですが、
標識を見落としたのか知らずに通過。
12:36 ピークらしき地点の写真ですが、
ここが本当にそうなのかは不明。(^^;




ちょっと下ると痩せ尾根地帯に入りました。
緩やかな上りですが、かなり細い尾根を通過する場所もあります。
本当に細いところは写真を撮り忘れてますが。(^^;

IMGP2728.jpg IMGP2729.jpg
IMGP2730.jpg IMGP2731.jpg




尾根が広くなり西側の眺望が開けた場所から表尾根が望めました。
さっきまで天気が良かったのに、いつしか塔ノ岳は雲に隠れています。

IMGP2737.jpg



三ノ塔、烏尾山に寄ってみると、それぞれのピークに建つ小屋は確認できました。
よく見ると二ノ塔~三ノ塔上空にはたくさんのパラグライダーが飛んでいます。

IMGP2735.jpg
                         (三ノ塔に建つ避難小屋)

IMGP2738.jpg
                          (烏尾山に建つ烏尾山荘)

IMGP2736.jpg
             (二ノ塔と三ノ塔のコル上空にたくさんのパラグライダー)



さらに上ると整備用モノレールが横を走るようになります。
途中で横切ったりしながら、このレールに導かれるように進みます。
この辺りはドロドロの粘土質の土で非常に滑りやすい。
足元に注意しながら進むと、前方には大山が近づいてきました。

IMGP2741.jpg IMGP2744.jpg
IMGP2745.jpg IMGP2748.jpg


 (続く)




  ようやく歯の治療が終わりました。
  これで年末年始は心置きなく雪山にチャレンジできるってもんです。
  あとは天気か・・・






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ピンピンシニア | URL | -

    Re:2012 大山北尾根 Vol.2

    私は大山から地獄沢へ行く方向しか通ったことがありません。
    人にはあまり会わず、静かでよいところですよね。

  2. TONO | URL | -

    ピンピンシニアさんへ

    首都圏から近くてアクセスの良い丹沢はいつも賑わってますが、
    ちょっと外れると誰もいない静かな山行を楽しめますよね。
    観光客でごった返す大山も鹿の防護柵のこっちとあっちでは全く別世界ですものね。
    そういう自分も最近ようやくあっちの丹沢に気付いたばかりですが。(^^;
    今シーズンは雪の丹沢をもっと訪れてみたいと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/494-6b912ac3
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。