スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 南八ヶ岳縦走 前編

2010年07月18日 18:00

今年も "海の日" を絡めた連休がやってきました。

梅雨明けするかしないか!? 例年ここは気を揉むところ。


今年は早くも梅雨明けですかね。

でも・・・関係ありません。

どっちみち、TONOも姫も用事があって、山には行けないのです。 (T_T)


そこで、ここ2年間の "海の日" の過ごし方を、過去記事で振り返ってみました。

すると、奇しくも2年連続で "八ヶ岳" でした。

まずは、2008年の "南八ヶ岳縦走" 。


この記事はブログを始めて、まだ1週間のものですが、

実にアッサリしてます。 (^^;

写真が少ないし、進行が異常に早いです。(笑)




2008.7月

南八ヶ岳縦走 2008 (美濃戸~赤岳~硫黄岳~本沢温泉)








土曜日、半日の仕事が終わった後に出発。

中央道を諏訪南IC.で下り、"原村" 方向へ。


この辺りは道が不規則で、どこを通れば一番近いのか未だによく判らない。(^^;

ナビの言う通りにハンドルを切り、何となく "美濃戸口" に到着。


そしてここからはとんでもない悪路が始まります。

すれ違いが困難な狭い道のうえに、

路面がえぐれて凹凸が激しく石が飛び出しています。


「これ、普通の車で通れるわけ

車の底を擦りそうになりながらゆっくり進みます。


「本当にこの先に山荘なんてあるの・・・

そしてナビは道無き山麓を案内中。

・・・すごい不安。


いつもの如く爆睡中の姫を起こし、"美濃戸山荘" に確認の電話を入れます。

すると 「そのまま先に進んで下さい」 との返事。

・・・

・・・

そして、ようやく "美濃戸山荘" に到着。

P1030371.jpg

この日はここに宿泊。


翌朝の朝食はお弁当にしてもらい、早い時間に出発した。

P1030382.jpg



右の "南沢コース" をとり、柳川に沿って登っていく。

ところが左岸に渡るポイントがわからない。

P1030385.jpg

適当なところで川を渡り、傾斜をよじ登ると左岸の登山道に出た。



樹林帯の中の穏やかな道を進むと、広く平坦な河原になり、

そこからほどなく "行者小屋" に着いた。

P1030389.jpg

"行者小屋" は大勢の団体客で賑わっていた。


ここで山荘でもらったお弁当を食べる。

TONOはこの人数の団体の後ろについたら、抜けなくなると気が気でない。

トイレも済ませ、"文三郎尾根" へ向った。


"文三郎尾根" は急な鉄階段だ。

P1030393.jpg



ヘロヘロになりながら "阿弥陀岳" との分岐へ到着。

P1030401.jpg



ここでルートを左へとり、"赤岳" へ向かう。

P1030403.jpg



岩場に付けられた登山道を登りきると "赤岳山頂" だ。

P1030406.jpg



この日の頂上付近はガスが多く、残念ながら展望はありません。

写真を撮り、早々に横岳へ向かう。

P1030410.jpg



イワギキョウがきれいです。

P1030411.jpg



"横岳" の岩峰群をサクサクとこなし先を急ぐ。

P1030422.jpg


"横岳" は写真を撮って通過。

P1030424.jpg


"横岳" ~ "硫黄岳" への "大ダルミ" にかけてはコマクサの群生だ。

P1030432.jpg

P1030433.jpg



"硫黄岳" へはダラダラした登りが続く。

これが疲れた脚にけっこう辛い

遠くまでほぼ等間隔に立つ大きなケルンを目標に歩く。

P10304381.jpg

姫に大分遅れながらも、やがて広々とした山頂に着いた。



爆裂火口を右手に見て、"夏沢峠" へ下ります。

P1030448.jpg


"夏沢峠" で軽く食べて休憩。

P1030452.jpg


"本沢温泉" へ向かいます。

つづら折の登山道を下りて視界が開けると、硫黄の臭いが漂ってくる。

P1030454.jpg


この辺りからは荒々しい硫黄岳の姿を見ることができる。

P1030457.jpg


露天風呂を右手に見下ろすと、"本沢温泉" はもうすぐ。

この日は "本沢温泉" に宿泊した。


 (本沢温泉へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Zep400 | URL | -

    結構な縦走ですね~

    こんにちは~

    お二人で、良い縦走されてたんですね…
    多少ガスかかってても、山の良さが伝わってきますよ(^_-)-☆

    ところで…次は向こう?こっちのままで見てて良いのでしょうか(笑)
    では、湯浴み待ってます(^^ゞ

  2. TONO | URL | -

    Zep400さんへ

    こんばんは
    コメントありがとうございます。
    5連続のコメントには心から感謝です。
    これは2年前の記事なんですが、
    写真を見ると二人とも歳をとったな~と思います。
    次はこのままでOKですが、
    向こうは向こうでアップしますよ。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/50-a9b242dc
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。