スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 冬の丹沢山~塔ノ岳 Vol.1

2013年01月29日 21:43

首都圏が大雪に見舞われたあの成人の日から2週間。
一気に雪化粧した丹沢を眺めては、行かねば行かねばと思いつつ・・・
姫が風邪で体調不良なのをいいことに、一人イソイソと丹沢に行ってきました。(^^;

今回は札掛から本谷橋に出て、天王寺尾根で丹沢山。
丹沢山~塔ノ岳~新大日と稜線を歩きました。
天王寺尾根で上がるなら塩水橋に車を置いた方が便利なのですが、
長尾尾根で札掛に下山予定だったので、車の回収がスムースな様に、
札掛に駐車して一旦山を越えて、本谷橋から天王寺峠に上がった訳です。
ところが下山途中で長尾尾根の支尾根に入ってしまい、
結果として再び本谷橋に出ると言う大失態。
日没が迫る中、林道を大回りで札掛に戻る羽目になってしまいした。
遭難ってこうやって起こるんだなぁ・・・と大反省の山行なのでした。


7:13札掛~7:33丹沢分校分岐7:41~7:53大洞分岐~
8:11キュウハ沢分岐~8:24雨量観測所分岐~8:54本谷吊橋~
8:56天王寺登山口
~9:19天王寺峠9:29~11:28堂平分岐~
12:02丹沢主脈~12:09丹沢山12:42~13:03竜ヶ馬場~
13:17日高~13:42塔ノ岳14:01~14:22木ノ又大日~
14:32新大日14:37~1,050m地点15:23~15:58五町歩沢出合~
16:04本谷林道~16:39塩水橋~17:40札掛






2013.1.27(日)

IMGP3447.jpg

5:15 まだ暗い中、自宅を出発。
右手には月光に浮かび上がる
大山の黒いシルエット。




R246を左折して県道70号線に入ります。
蓑毛を過ぎて高度を上げていくと、夜明け前の街の灯が奇麗。
相模湾にはうっすらと大島が浮かんでいます。

IMGP3452.jpg
                                    (秦野の市街地の灯り)



6:21 菜の花台に車を停めて、しばし茜色に染まっていく空を見詰めます。

IMGP3456.jpg
                                  (湘南海岸~江ノ島方面)




夜が明けると西の空には富士山。
今日は上からも富士山が奇麗に見えそうだ♪

IMGP3458.jpg




IMGP3466.jpg

菜の花台を出てヤビツ峠に向かいます。
峠までは路肩に雪が残りますが、
路面の凍結はほとんどありません。




ヤビツ峠の駐車場は積雪のため数台分のスペースのみ。
今年はこれからも降りそうですし、除雪車も待機中です。

IMGP3469.jpg IMGP3468.jpg




峠から先は所々路面が凍結。
あれっ!? 富士見山荘がなくなってる!
以前山荘が建っていた場所は更地になっていました。
そば処って書いてあるし蕎麦屋になるんでしょうか・・・?

IMGP3472.jpg
                                 (奥がヤビツ峠側)




IMGP3473.jpg

6:53 札掛の駐車場に到着。
多少雪が残っていますが、
ほぼ全面駐車可能でした。
車で朝食を食べて準備をします。




さて登山道には丹沢ホームの横から入るのが一般的なんでしょうが、
平成10年発行の1:25,000の地形図には、
駐車場の向かいから斜めに入る道が記載してあり、その先には()!
えっ! こんな所に学校があるわけ・・・!?
ちょっと興味があったのでこの道を行ってみることに。

7:13 駐車場を出て丹沢ホームに向かうと、すぐ右手に斜めに入る道。
低くロープが張ってありましたが、踏み跡多数。
車両は駄目だけど歩行者はOkと解釈して、先に上がってみました。

IMGP3477.jpg




すると・・・校舎はもうなくなっていましたが、
確かにここには丹沢分校があったようです。
平成15年に閉校という事は最近まであったんですねぇ。
そして平成20年、その跡地にツガ、ケヤキ、モミ、スギ、カヤ、クリの
六木を植栽したと書かれていました。

IMGP3478.jpg




分校跡地から杉の斜面を九十九折に行きます。
一登りで丹沢ホームからの道と合流。
ここでアウターを脱いで体温調節。 ついでにちょっと休憩も。(^^;

IMGP3481.jpg IMGP3483.jpg
IMGP3485.jpg




この辺りから登山道に雪が多くなってきましたが、
トレースはバッチリあるのでツボ足で全く問題なく歩けます。

IMGP3487.jpg




7:53 大洞橋への分岐を通過。
ここでルートはピークを巻くように付けられています。
尾根通しにもテープマークがありましたが、踏み跡はなし。

IMGP3491.jpg IMGP3490.jpg
 1|2  1:巻き道を行きました  2:尾根通しにはトレースなし



IMGP3495.jpg

8:11 キュウハ沢分岐。
ここで長尾尾根へ上がらずに、
本谷橋へと向かいます。
下山時には再びここを通る予定
だったんですけどねぇ・・・




分岐からほとんどアップダウンなく山肌をトラバースしていきます。
途中で足元も危う気な急斜面をヘツる様に慎重に進みます。

IMGP3497.jpg



IMGP3499.jpg

8:30 雨量観測所への分岐を見送り、
キュウハ沢方面に進むと、
やがて本谷川に向かって下り始めます。



正面には天王寺峠から続く天王寺尾根。
あの尾根を辿った先に目指す丹沢山があります。

IMGP3503.jpg




急斜面を下ると本谷川が見えてきました。
右岸を川下に進み、"ほんたに吊橋" を渡ります。
渡った対岸が塩水橋から続く本谷林道。
林道に出て右に行くとすぐに丹沢山の登山口です。
ここまではほんのウォーミングアップ。
山頂までは標高差1,000m・・・あと3時間といったところ。
8:56 さて登り始めますか。
・・・って、すでにけっこう疲れてますけど。(^^;

IMGP3505.jpg IMGP3509.jpg
IMGP3511.jpg IMGP3512.jpg
 1|2  1:本谷川が見えた  2:ほんたに吊橋を
 3|4  3:林道に出て右に行くとすぐに登山口  4:丹沢山まであと4.9km、標高差1,000m
 


 (続く)



  今回の山行で今日は全身筋肉痛。
  距離21km、累積標高差1,600mは上高地~槍ヶ岳とほぼ同じ。
  しかも同じ標高差を下ってるわけだし・・・(^^;





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re:2013 冬の丹沢山~塔ノ岳 Vol.1

    こんばんは~結構雪があるんですね!
    俺もそろそろ山登りたくなってきました^0^
    来週あたり行こうかな?!

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    今年は例の成人の日の時の大雪で丹沢も大分雪があります。
    もう一回くらい降ってくれると相当な量になりそうですよ。
    来週と言うと建国記念日の連休のところですね。
    私もそこはどこか行こうと考えてます。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/508-de49a7dc
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。