スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 奥鬼怒温泉郷 Vol.1

2013年03月01日 11:18

この週末は数年に一度という寒気がやってきて、
北海道や東北では大荒れの天気になりました。
高い山でも厳しい天候だったのではないでしょうか。

そこで二人は山は諦め、温泉宿でノンビリする作戦に。
でもちょっと雪の上も歩きたいし、どうせなら雪見風呂がイイよね♥
・・・という事で、目指したのは奥鬼怒温泉郷。

奥鬼怒温泉郷には、八丁の湯、加仁湯、日光澤、手白沢と4軒の宿がありますが、
過去に加仁湯は2回、日光澤は1回訪れています。
当初は手白沢を狙っていたのですが、全6部屋の小さな宿だけあってすでに満室。
で、今回は "八丁の湯" に行ってきました。



2013.2.23(土)~2.24(日)

1日目 女夫淵温泉~八丁の湯
2日目 八丁の湯~女夫淵温泉






2013.2.23(土)

この日は女夫渕温泉から八丁の湯まで2時間ほど雪道を歩くだけ。
自宅を出たのはすでに8時を回った時間でした。
混雑し始めた都内を抜けて東北道に入ります。
天気は良かったですが、強風に車が煽られヒヤッとすることも。

日光宇都宮道路を今市で下りて121号を北上。
市街地を抜けた後、地元ナンバーがやけにユックリ走ってると思いきや、
その先でネズミ捕りをしてました。
ユックリ走ってて良かった。


川俣温泉川治線に入り、途中で蕎麦屋に立ち寄ったりしたので、
女夫淵温泉に着いたのはもう13時過ぎでした。
駐車場には思ったより多くの車があってちょっと驚。

IMGP4110.jpg



13:18 準備をして歩き始めます。
上空にはマイナス36℃の寒気がこの辺りまで下りてきていて、
積雪の可能性もあるのでいちおうスノーシューも持つことに。

IMGP4118.jpg




奥鬼怒歩道に入るといきなり急な階段。
上り切って少し行くと林道からの道を併せて斜面を下ります。

IMGP4122.jpg IMGP4123.jpg
IMGP4124.jpg IMGP4125.jpg




次は "鬼怒の中将乙姫橋" に向かう階段ですが、
雪がのって段が逆層気味になっているので異常に滑りやすく、
片手でストックを付き、片手で手すりを掴んでソロソロと下ります。

IMGP4126.jpg



IMGP4129.jpg

橋を渡ったところでTONOはスノーシュー装着。
遊歩道を歩く分には全く必要ないんですが、
せっかくスノーシュー持ってるし、
ちょっと道を外れて歩こうと思いまして・・・





この先、姫は遊歩道を忠実に辿って行きましたが、
TONOは行けそうなところでは遊歩道を外れて
スノーシューハイクを楽しみました。

DSCF4067.jpg



IMGP4158.jpg
姫は北海道は旭川出身。
子供の頃には雪原に秘密基地を作って
日が暮れるまで遊んだらしく、
40過ぎて今さら雪の中で
遊ばなくてもイイらしい。(大人~)



一方TONOは雪の上を歩くだけで楽しいお年頃。(笑)
呆れる姫を横目に嬉々として雪の中を歩き回るのでした。

DSCF4076.jpg




TONO的にはズ~ッと雪原を歩いて行きたいところですが、
この先の堰堤は越えられないので、遊歩道に復帰します。
遊歩道にはシッカリしたトレースがあります。

IMGP4150.jpg




途中で "二ッ岩橋" "砥の岩橋" と続けざまに2つの橋を渡ります。
橋の階段は雪で埋もれていたので、スノーシューでも楽々。
橋の上は積雪により足元が高くなっているので、
踏み抜かないように注意して渡る必要があります。
バランスを崩すと欄干を乗り越えて沢に転落する危険も。

IMGP4151.jpg IMGP4152.jpg
IMGP4153.jpg IMGP4154.jpg




橋の上から見ると沢は雪帽子を被り、女性的で優しいシルエットに変身していました。

IMGP4155.jpg




左手に堰堤が見えてきました。
これを過ぎると雪原と化した河原に入れます。

IMGP4156.jpg




そしてトレースのない真っ白いキャンバス♪
ちょっと雪が重いですが、フワフワした浮遊感は味わえます。

IMGP4160.jpg




姫が写真を撮ってくれなかったので、振り返って自分のトレース。
こうして見るとせっかくの奇麗な雪面を汚しているような罪悪感もありますが、
雪が降ればリセットされるので、まぁイイか。(^^;

IMGP4161.jpg




しばしスノーシューで雪と戯れて、再び遊歩道へ。
この先は樹林帯に入るのでおとなしく遊歩道を行きます。

IMGP4165.jpg




小さな沢を何回か越えると奥鬼怒温泉はもうすぐ。
樹林を抜けると前方に見覚えのあるログキャビンが見えてきました。

IMGP4167.jpg




15:04 八丁の湯に到着です。
古い木造の宿は雪を纏ってひっそりと佇んでいました。

IMGP4169.jpg


 (続く)



   そろそろ日本に黄砂が飛んできそうですね。
   PM2.5もあるし純白の雪を見れる時期はあと少しか。
   雪が白いうちにもう一度テント泊に行きたいところですが・・・




関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re:2013 奥鬼怒温泉郷 Vol.1

    こんばんは~スノートレッキングには丁度いい感じですね~

    行ってみたいけど、日帰りだとちょっと大変だしな~>_<

    せっかくなら、泊りでゆっくり温泉楽しみたいですね^0^

  2. 荒野鷹虎 | URL | -

    Re:2013 奥鬼怒温泉郷 Vol.1

    何時もご訪問応援有難う御座います。!他事ながら、腱鞘炎も中々思うように成りませんが、寂しくなり、更新してみましたが左手や右手一本の指での文字記入には苦労します。汗)何とかできるようになり、嬉しくなりコメントしました。宜しくお願いいたします。!☆!!

  3. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    雪遊び

    こんばんは~

    いやぁ週末は天気がヤバかったです。
    札幌までJRで行ったけど駅は混雑していました。
    いつものようにクルマで道東に行かなくて良かったです。

    スノーシューハイク楽しいですよね。
    体に適度に負荷もかかるので、いい運動になりそう。

  4. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    私の所からは日帰りはちょっと厳しいですし、
    どうせ行くならやっぱり宿泊してノンビリしたいですよね。
    途中で遊歩道を外れるとスノーシューで遊べるところもあって楽しめますよ。
    次は手白澤温泉を狙ってます。(^^v

  5. TONO | URL | -

    荒野鷹虎さんへ

    指一本でキーを打つのはストレスが溜まりますよね。
    腱鞘炎は使い過ぎが原因かと・・・
    無理なさらずに早く治して下さいね。(^^;

  6. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    北海道は大変な暴風雪だったようですね。
    ニュースで見て驚きました。
    雪に慣れてるマニアさんと言えども車だったらヤバかったでしょうね。
    今回の北海道の様に雪は自然の脅威でもありますが、
    条件の良い時のスノーシューハイクは楽しいですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/519-e07d15d2
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。