スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 乗鞍岳 剣ヶ峰

2010年07月13日 21:05

2010.7.3(土)

予定の時間をはるかにオーバーして、思いっきり寝坊した二人。

一時は山はあきらめ、温泉のみにしようと思いましたが、

急遽、"乗鞍岳 & 乗鞍温泉" へ向かうことに。


自宅を出たのはもう7時を回っていました。 (^^;

もうこんな時間だし、車も増えてきています。

一般道に見切りをつけ、厚木ICから東名高速に乗り、御殿場ICで138号へ。

その後は、東富士五湖道路~中央道富士吉田線~中央道本線のルートを取りました。

"東富士五湖道路" は無料化実験で、見たことないくらい交通量が多かった。(‥;


IMGP9500-2.jpg


  11:05 乗鞍高原の観光センター前の

  無料駐車場に到着。



乗鞍岳はマイカー規制のため、バス・タクシー以外は乗り入れ禁止。

この観光センターがバスの発着基地となっています。



急遽決まった乗鞍行のため、バスの時間までは調べていませんでした。

時刻表を見ると、次のバスは12時!

まだ1時間もある。

IMGP9501-1.jpg


しかも、肩の小屋口~畳平は、落石が多発していて通行止め。

バスの本数も減っているようです。



12時のバスに乗ったら、登り始めるのが13時。

"剣ヶ峰" に登って "畳平" を往復したら、15時のバスは間に合わない。

16時のバスがないから、次は17時か・・・

宿のチェックイン時間が遅くなっちゃうな~ ( ̄ー ̄;)ゞ


と考えてるところに、タクシーの運転手が安くするからと。

どうせバスに乗っても、二人で5,000円くらいかかるわけだし、

時間を考えるとタクシーで行くしかないか。

でアッサリ捕獲され、タクシーに乗り込みます。 (^^;


行きのタクシー内でいろいろと情報をゲット。

登山道の状態、開花状況、積雪期の乗鞍の状態、等々・・・なかなか有意義でした。


昨年 "畳平" で起こった熊事件は、まだ記憶に新しいですが、

あの時運転手さんは、タクシーの中で一部始終を目撃したとのこと。

でも生々しくてとても書けませんが。 (ーー;

・・・

・・・

12:25 "肩の小屋口" に到着。


着いたとたん、空からポツポツ落ちてきて、あっと言う間に本降りに。

まあ途中で降られるよりは良いか・・・


12:33 雨具を身に着け、出発です。

IMGP9502.jpg



これまで縁がなかった乗鞍だけに、地図も持っていません。

観光センターでゲットした観光客用のパンフレットで、

位置関係を確かめます。 ヾ(ーー;)オイオイ



大雪渓では30人ほどの人がスキーをしてました。

大学のスキー部とかの人が多いようで、

楽しむと言うよりは、トレーニングといった感じです。

IMGP9504.jpg



登山道の横に、キバナシャクナゲ。

IMGP9511.jpg


そして、ショウジョウバカマ。

IMGP9508.jpg


上ではもっと咲いてるのかなぁ・・・


IMGP9512.jpg


  行く先にうっすらと、

  小屋が見えてきました。




13:00 "肩の小屋" に到着。

IMGP9515.jpg

ここでちょっと休憩です。



13:10 "剣ヶ峰" に向かい登ります。

IMGP9516.jpg

IMGP9518.jpg


  ハクサンイチゲが

  咲き始めたところでした。



IMGP9525.jpg



  途中一部雪渓を渡ります。




IMGP9527.jpg


  13:40 "蚕玉岳" の途中まで上がると、

  ガスの中から "剣ヶ峰" が。




IMGP9529.jpg


  13:48 山頂の鳥居をくぐります。



IMGP9532.jpg

  標柱で記念撮影。

  あっけなく山頂に着いたので、

  とてもここが3,000mあるとは思えません。

  雨がレンズに付いて不鮮明な写真ですが、

  確かに標高3,026mです。



「日本で一番簡単にピークを踏める 3,000m峰」 の異名は嘘じゃなかった。 (笑)


山頂は風が強く、みぞれの様な雨が横殴りに降ってます。

止まっていると、どんどん体温が奪われます。

IMGP9534-3.jpg


13:51 休む間もなく、すぐさま下山開始。

IMGP9537-4.jpg


残雪の下から "権現池" が姿を現していました。

IMGP9538-4.jpg


これは、コメバツガザクラ?・・・

花の色が白っぽいけど、この葉の形、先細りの花の形からするとそうかなぁ。

IMGP9541-4.jpg



"蚕玉岳" ・・・ここでも2,980m!?

IMGP9543-4.jpg


夏の天気の良い時なら、Gパン、Tシャツ、スニーカーで十分登ってこれるでしょう。

高地順応していない観光客なら、高山病になっても不思議はないですよね。



赤い屋根の建物は、"宇宙線研究所"。

その右に "肩の小屋"。

正面の "摩利支天山" の上に見えるのが、"コロナ観測所"。

IMGP9544-4.jpg



一瞬ガスが切れて、"穂高連峰" が姿を現しました。

晴れてれば絶景なんだろうな~

IMGP9546.jpg
                     (西穂~奥穂~吊尾根~前穂)



14:21 "肩の小屋" まで下りてきました。

14:27 "畳平" まで行ってみましょう。

IMGP9555-4.jpg


出発地点の "肩の小屋口" を見下ろします。

緑と白のコントラストの中を、道が蛇行している様がわかります。

IMGP9558-4.jpg


斜面にイワカガミを発見。

近くまで行けないので、雰囲気だけ。

IMGP9559-4.jpg



林道の様な道を辿ります。

IMGP9562-4.jpg
                              (正面は富士見岳 2,817m)


前方に "鶴ヶ池" と "畳平バスターミナル" が見えてきました。

IMGP9566-4.jpg
   (魔王岳 2,763m)                     (大黒岳 2,772m)



ミヤマタカネツケバナ。

気付かず通り過ぎてしまいそうな、小さくて地味な花です。

IMGP9567-4.jpg

でもこうして見ると、なかなかですよね。



14:56 "畳平" に到着。

IMGP9576-4.jpg
                              (後方は富士見岳 2,817m)

雨は降り続いています。

すぐレンズに水滴が付いてまともな写真は撮れません。 (T_T)


それにしても、ここですでに標高2,702mですからね~

ここ "畳平" はバスで登って行ける、日本最高地点。

一気にここまで来れると言うのは、良いことなのか悪いことなのか・・・

IMGP9573-4.jpg
                         (右端にちょっとだけ恵比寿岳 2,831m)


ここでミヤマキンバイを見ました。

これもロープの中なので、遠くから雰囲気だけ。

IMGP9572-4.jpg


バスターミナルの中でちょっと休憩。

・・・
  
13:10 バスターミナルにザックを置いて、横のお花畑に行ってみました。

木道が敷かれ、30分ほどで1周することができます。 

IMGP9582-4.jpg


でもまだ時期が早かったようです。

ハクサンイチゲが少し咲いてるくらいでした。

IMGP9590-4.jpg
                            (この辺りはそこそこ咲いてます)

IMGP9578-4.jpg



  ショウジョウバカマ




ずんぐりむっくりしたこの鳥は、イワヒバリ。

IMGP9584-4.jpg

ほとんど地面と同化しています。

カメラのモニターでは確認困難でした。 (‥;


さて、大急ぎでお花畑(未満^^;)を一周してバスターミナルに戻ってきました。

IMGP9594-4.jpg
  15:35 ザックを取って、

  タクシーに電話を入れます。

  "肩の小屋" へ戻りましょう。

  相変わらず雨ですな・・・




IMGP9597-4.jpg



  さっきよりガスは取れたけど・・・




16:02 "肩の小屋" から大雪渓を下ります。

IMGP9598-4.jpg


雲海に向って行くところは、さすがに3,000m峰の雰囲気ですね。

IMGP9601-4.jpg



16:10 "肩の小屋口" に到着。

タクシーが迎えに来て待っていました。

避難小屋で雨具を脱いで、タクシーに乗り込みます。


途中でガスの切れ目から、再び穂高が ♥

一瞬、その左に槍の穂先も見えたけど、すぐに雲に隠れてしまいました。

IMGP9604.jpg


下に降りるにつれて、ガスの中に突入。

そしてドシャ降り。

この雨じゃ、露天風呂に入れるかな・・・

タクシーの中でそれが一番の心配事でした。(笑)


17:10 観光センター前の駐車場に到着。

今宵の宿へ向いましょう♪


 (白濁の湯 へ続く)


☆ ポチッと一押しお願いします FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃーすけ | URL | uaIRrcRw

    Re: 乗鞍岳 剣ヶ峰

    お手軽といっても3000m!! 装備はしっかりしていないと、甘くはなさそうですね。  うちにはまだ早いかな?

  2. 露天風呂マニア | URL | bxvF113M

    Re: 乗鞍岳 剣ヶ峰

    こんばんは~

    さすがに3000m級だけあって雪が多いですね。
    そして今時期でも、みぞれみたいな雨ですか~
    フリースなども装備していたのでしょうか?

  3. TONO | URL | -

    みいとにゃーすけ さんへ

    こんばんは
    何を仰いますか~
    甲斐駒黒戸尾根を登ったお二人なら、
    乗鞍は楽勝ですよ。
    寝坊した日にでもサラッと登って下さい。(笑)

  4. TONO | URL | -

    露天風呂マニアさんへ

    こんばんは
    今回は、私はシャミース、姫はダウンを持ってました。
    シャミースはフリースみたいなものです。
    でも結局着ないで済みましたが。
    上はTシャツ、長袖のシャツ、雨具、
    下はズボン、雨具で動いていれば平気でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/52-8685da1d
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。