スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 リベンジ・冬の杣添尾根 Vol.4

2013年03月15日 12:28

2013.3.2(土)前泊 ~ 3.3(日)

1日目 自宅~中央道~双葉SA(車中泊)
2日目 双葉SA~長坂IC~141号線~海ノ口自然郷~八ヶ岳高原ロッジ~
2日目 横岳登山口駐車場~横岳登山口~貯水池~枯木帯~三叉峰
2日目 奥の院~三叉峰~枯木帯~貯水池~横岳登山口~駐車場






2013.3.3(日)

海ノ口の横岳登山口から杣添尾根に入ったTONO。
長く単調な樹林帯を上り枯木帯で休憩しました。

10:28 ワカンのトレースを追って最後の樹林に突入。
ここからは雪もやや硬くなりそれほど沈み込みません。
すぐに先行する単独行の方が見えてきました。

IMGP4343.jpg
                   (↑また知らないうちにレンズに雪が付いてる~)




樹林が疎らになりそろそろ森林限界を越えそう。
白い尾根まであと少しです。

IMGP4346.jpg




そして・・・見えた!
正面に横岳、左に赤岳。。。
純白の雪と青い空のコントラストが眩しい。
長い樹林帯歩きが報われる瞬間です。

IMGP4347.jpg




赤岳に寄ってみます。
天辺に建つ頂上山荘と肩に建つ展望荘が確認できます。

IMGP4349.jpg




単独行の彼がカメラを構える間に追いつきました。
「素晴らしいですね~」「最高ですね~」
2、3言葉を交わしここでパスさせてもらいました。

IMGP4348.jpg




ついにトレースの無い白い尾根に対峙します。
昨年はなかった青い空がそこにはあります。
三叉峰もシッカリ見えています。
イザ! あの頂まで自分のトレースを刻むのだ!

IMGP4354-2.jpg




中はフカフカの雪ですが表面近くは適度に締って歩きやすい。
足を踏み込むとブフッと軽く沈む浮遊感が何とも言えない心地良さ。
そして目の前に広がる風が作ったシャープなラインが美しい。。。
ここに足跡を付ける事に軽い罪悪感を感じつつも、
病み付きになりそうな快感があります。

IMGP4357.jpg




歩いていくと左側が切れていて雪屁っぽく見えるのですが、
通過して振り返ると雪屁ではありません。
一部に見られた小さな雪屁は、すべて右側(北側)にできていました。

IMGP4359.jpg




後には単独行の彼、さらに後方に2人の登山者。(2人組の方かな)
ツボ足の3人組はまだ姿は見えません。

IMGP4361.jpg




主稜線が西からの風をブロックしているという事もあるのでしょうが、
強風が吹き荒れた前日とは打って変わって、この日はとても穏やか。
気温はマイナス10℃くらいだと思いますが、風がないと暖かいです。

IMGP4364.jpg




右手は硫黄岳に続くなだらかな稜線。
青かった空にだんだん雲が広がってきているのが気になります。

IMGP4362.jpg




三叉峰が近づいてきました。あと一登りです
すでに昨年撤収したポイントを過ぎ、標高で残り100mを切ってます。
直下の急斜面は風で雪が飛ばされるのか、ハイマツや岩が露出しています。
急斜面にはいる前の平坦な場所で、スノーシューからアイゼンに履き替えました。
スノーシューはこの場にデポし、テルモスのお湯で喉を潤したら行きますか。
11:23 最後の急斜面に向かいます。

IMGP4367.jpg




単独行の彼もアイゼンに履き替え間を詰めて来ています。
このペースで行くと三叉峰までに再びパスされそうな感じ。(^^;

IMGP4368.jpg




写真ではさほど斜度があるようには見えませんが、けっこう急です。
距離は短いですが50度くらいの急斜面もあります。
ただ雪は比較的シッカリしているので、
アイゼンを効かせて1歩1歩確実に登れば大丈夫。

IMGP4370.jpg




11:39 とうとうその時がやってきました。
三叉峰に到着・・・昨年のリベンジ達成です。
TONOが着いてすぐに単独行の彼も到着。
おそらく彼は一番大変なところでトレースを付けたTONOに気を遣って、
先を譲ってくれたのだと思いました。

IMGP4371.jpg


 (続く)



   "コタツに猫" って季節でもなくなってきましたね。
   そろそろバナーを変更しないと・・・(^^;






関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re:2013 リベンジ・冬の杣添尾根 Vol.4

    こんばんは~ ここは地図見て行きたいな~と思っているルートなので、またもや妄想で盛り上がっています^0^/
    3月は忙しく、思ったより険しい権現岳は行きませんでした~T_T

  2. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    この尾根は冬にこそ歩くべきルートですね。
    特に危険箇所はない割りに森林限界を越えてからの展望の良さが魅力です。
    厳冬期はトレースの有無が登頂の鍵を握ると思いますが、
    スノーシューがあると断然楽に歩けますよ。

    権現岳は行かなかったんですか~ 残念。
    ここのところ暖かくて雪が腐ってきているので、
    トラバースするところは足元が緩んで怖いかも知れませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/528-8577e785
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。