スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 新富士オートキャンプ場 前編

2013年04月19日 05:57

2013.4.13(土)~14(日)

この週末は友人家族とキャンプの予定。
せっかくなので桜を愛でながらのキャンプにしようという事で、
TONOが選んだのは "新富士オートキャンプ場"。
ここは場内に桜の木が多くて、満開になると素晴らしいらしい・・・
男女別に風呂もあってなかなか快適に過ごせそう♪

ところが2日前になって一緒に行くはずだった友人の子供が熱発。
・・・で、結局姫と二人で出かけてきました。






2013.4.13(土)

東名高速の富士ICを下りて、近場のスーパーで買出し。
キャンプ場にはお昼過ぎに到着しました。

IMGP5390.jpg
                        (受付&売店&流し場&管理棟)




受付をすると、キャンプ場の女将(とは言わないか ^^;)が申し訳なさそうに、
「今年の桜は変なのよ~、ちょっと咲いたと思ったらすぐ葉が出てきて、
 その後はもう咲かないで散っちゃったのよ」
確かに場内のあちこちにある桜の木にはほとんど花は見られず、
言われなければ桜の木であることさえ気付かないほど。
う~む、残念・・・
花吹雪が舞う中でキャンプをしてみたかったのですが・・・

IMGP5403.jpg
                      (頭上の桜は一輪挿し状態で寂しい限り)




でも咲いてないものは仕方がないので、気を取り直してまずはサイト選び。
富士山がちょっと見えて、トイレ、炊事場、風呂に近い場所を選択。
桜がこんな感じだったからなのか、この日はさほど人が入っておらず、
ほとんどフリーサイト状態で広々と使えました。

さてここから見る富士山は、いつも見慣れた姿とは大分違います。
「えっ!これ・・・富士山!?・・・尖がってるけど」
この辺りからだとちょうど剣ヶ峰の部分が手前になるため、
山頂が尖がった富士山になるようですね。
何も知らずにパッと見せられたら富士山だとは思わないかも。(^^;

IMGP5414.jpg




この日は "ヒルバーグ・タープ20XP" の下に "ポットラック" を張ってみました。
XPはULと比べると生地が分厚くて光がほとんど透過しません。
夏の太陽を遮るには良いかも知れませんが、ちょっと暗いかな・・・

IMGP5385.jpg




サイトの横は桜の木で枝が頭上を覆っているので、
もし満開だったら最高だったんでしょうけどねぇ・・・
例年ならこの時期にちょうど満開になるらしいです。

IMGP5405.jpg
                  (場内を探すと部分的に咲いているところも)




TONOがテント設営中に薪を拾いに行った姫が筍を発見。
キャンプ場の中に竹林があって、そこから根を伸ばしてくるんでしょうか、
サイト内にはあちこちにこんな感じで筍がニョキニョキ。
こいつの処置はまた後で。

IMGP5376.jpg




とりあえず設営が完了してからお昼にしました。
富士宮と言えば "やきそば" でしょう!・・・という事で、
姫はスーパーで買ったお惣菜のやきそば。(超手抜きです ^^;)
で、TONOはカップ焼きそば・・・って富士宮と関係ないじゃん!

でもこの日の目的の一つは "ウィンド・マスター" を外で試すこと。
・・・なので、単にお湯を沸かしたかったわけで。

IMGP5383.jpg
                   (新富士バーナーを新富士で試す・・・的な画 笑)



早速コッヘルに水を入れてバーナーにかけてみます。
バルブを捻りイグナイターで点火。カチッと一発点火で気持ちイイ♪
今までのスノーピークのイグナイターは早々に壊れたのですが、
これは導線が中を通っているので故障し難い構造です。

バーナーヘッドはすり鉢状で風の影響を受けにくく、
かつリング状に立ち上がった辺縁が風防の役割を果たしています。
また炎とコッヘル底の距離が非常に近く、
炎が流されず常にコッヘルの中心部を加熱し続けることが可能です。

この日の風程度では影響を全く受けずに力強く燃えていました。
試しに横から口で強く吹いてみましたが全く問題ないですね。

そしてヘッドの下の空気穴がこれまでより大きくなり、
よりたくさんの空気を取り込めるようになっています。
すり鉢状のヘッド内に空気が溜まり完全燃焼の炎を作るらしいです。

マイクロレギュレーター搭載で外気温に関わらず火力も安定しているとの事。
この日の気温では極寒時の火力は試すべくもなかったのですが、
強火からトロ火まで細かな調節も自由自在でした。

なおゴトクは取り外してコンパクトに収納できます。
4本ゴトクは別売りですが、大きく開くのでとても安定していました。

山で使うことを考え尽くされた秀逸な一品だと感心しました。
現在ガス・ストーブ購入を検討中の方なら、買って間違いはないかと。

IMGP5162.jpg IMGP5160.jpg
IMGP5192.jpg IMGP5379.jpg




昼を食べた後は、姫が集めた薪に着火。
徐々に太い薪にして火が安定したら炭を投入。
火が絶えない程度に薪をくべます。

次に気になるのはやはりさっきの筍でしょう。
キャンプ場のオジサンに採って良いか尋ねてみると、
「サイト内に生えちゃうと邪魔なので、採っちゃって下さい」との事。
早速シャベルを借りてて筍を2本ゲットしました。(^^v

IMGP5421.jpg
                  (格好がオジサン調ですが、これは姫です ^^;)




筍を皮を剥かずそのまま新聞紙で被ってタップリ水を含ませ、
厚手のアルミホイルでシッカリ包み込みます。
ここまでキャンプ場のオジサン監修。(^^;
一つはテントサイトの焚火に投入。
もう一つは管理棟横のファイヤーサークルの炎に投入。
この強力な炎でも中まで火が通るまで40分くらいかかるとの事。
焚火の中じゃ1時間はかかるかな・・・

IMGP5428.jpg




ここで予めスーパーで買っておいたサツマイモの登場。
筍と同じく濡れ新聞紙で被いアルミホイルで包んで焚火に投入。
後は焼けるのを待つのみ。
・・・でもただ待つのも何なので、その間に一風呂浴びることに。

IMGP5391-2.jpg




風呂は男女別にそれぞれありますが、
男性はシャワーと露天風呂のみ、女性はそれにプラスして内湯があります。
これで何回入っても無料と言うのは嬉しい限り。
シャワーで汗を流して、露天風呂に入ってみました。

IMGP5396.jpg




IMGP5432.jpg
10人ほど入れるくらいの岩風呂は、
温泉ではなく沸かし湯のようですが、
湯船に身を沈めると竹林が目線の高さ。
一服の画のようで(ちとオーバーか^^;)
なかなか良い雰囲気でした。



ただこの時間は十分に温まってないようで、ちょっとぬるい。
おそらく体温より若干高い37度くらいか。
サッと入って再度熱いシャワーを浴びて出ました。




風呂上りにビールで乾杯。乾いた喉に旨~い。
焼き芋をつまみながらダラダラとアルコール漬けの開始です。(^^;
芋はちょっと焼き過ぎでしたが、甘くて美味しかった。

IMGP5425.jpg IMGP5426.jpg


IMGP5437.jpg
二人で飲んでいるとオジサンが
何やら手にやって来ました。
蒸かしたサツマイモとジャガイモです。
「筍が焼き上がるから取りに来て」
「後で竹酒も飲みにおいで」と。
蒸かしたての芋はホクホクでした。



で、早速ファイヤーサークルに筍を取りに行ってみます。
トングで自分の筍を取り出してテントサイトに持ち帰り。
アルミホイル、新聞紙を除去すると焼きあがったブツが。
皮を剥いていくと次第に食べれる部分が出てきます。
焼きたての熱々をフーフー言いながら堪能しました。
さらに焚火に投入しておいた方も取り出してみましたが、
こちらも良い具合に美味しく焼けていました。
都会では味わえない採りたてだからこその美味しさ。
これはまさに絶品ですな。

IMGP5441.jpg IMGP5448.jpg
IMGP5453.jpg IMGP5455.jpg




この時点でけっこう腹いっぱいだったんですが、
そのまま間髪をいれず炙りものに突入しました。
ビールからワインに移行してほろ酔い気分です。

IMGP5458.jpg




やがて辺りを夕闇が包みランタンに灯を入れました。
日が落ちてもまだ完全には暗くならない、
夕方と夜の狭間・・・一番好きな時間です。

IMGP5463.jpg


 (続く・・・とは言っても後はほとんど何もないなぁ^^;)



   週末の天気はいまひとつみたいですね
   今のところ山は無理っぽいなぁ・・・





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2013 新富士オートキャンプ場 Vol.1

    富士山を愛でながらの たき火もいいですね。
    でも、見る角度によってだいぶ感じが違いますね。
    最近、しゃきっとした富士を見たことないです。

    冬場にきれいに見えるのかな。

    春めいてきて、外でも過ごしやすくなりました。
    そろそろ、準備運動をしなくては。

  2. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    富士山は見る方向、標高によって大分違うシルエットになりますね。
    自宅の近くから見える富士山は天辺が平らな富士山らしい?姿をしています。
    でも最近は冬と違ってスッキリとした富士山を見ていないです。

    この週末は冷たい雨が降って寒いですね。
    山にも行けないし家で猫達とコタツに入ってます。(^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/543-6103f3e9
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。