スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

2013年05月09日 19:32

2013.4.27(土)~28(日)

1日目 11:45菅ノ台~(バス)~12:18しらび平12:30~(ロープウェイ)
     12:38千畳敷13:10~14:38乗越浄土~14:45宝剣山荘(小屋泊)
2日目 7:29宝剣山荘~7:42中岳~8:02木曽駒ヶ岳8:10~8:24中岳~
     8:34宝剣山荘9:08~9:10乗越浄土~9:42伊那前岳~9:50八合目~
     10:10七合目~2,500m地点10:32~11:14うどんや峠11:38~
     11:55清水平~12:47蛇腹沢登山口12:56~
     13:40北御所バス停14:00~(バス)~14:30菅ノ台







2013.4.28(日)

乗越浄土から伊那前岳を経て "うどんや峠" まで下ってきた二人。
蛇腹沢登山口まではあと標高差500mほどの地点です。

IMGP5746.jpg
                (うどんや峠から見る空木岳・檜尾岳・濁沢大峰)



次は "清水平" を目指して下りるわけですが、
夏道は完全に雪に隠れて不明だし、テープ等も見当たらず。
頼りの足跡もこれまた判然としない。
(心理的に余裕がなく、以後しばらく写真はありません ^^;)


過去の記憶では "黒川山" に向かう尾根を外れて右に下ったはずですが、
その右に曲がっていくポイントが全く分からない。
地図を広げますが、この時持っていたのは "山と高原地図" のみ。
地形図と山と高原地図では読み取れる情報量がまるで違います。
やはり5万分の1では細かい地形を読むのは無理。
2万5千分の1の地形図を "国土地理院のHP" から印刷しなかった事を後悔。
別枠で開きますのでこの地形図↑↑↑を参考に見ていただけると分かり易いかと思います。


とりあえず姫を上に残しTONO単独で、
斜面をトラバースしながら右へ下りるポイントを探してみます。
上から見てそれらしい地点へ下りてみますが、
足跡は全くないしルートっぽくないしどうも違う・・・
もし間違っていればその先は谷に向かってしまいます。


そして一旦上まで戻ろうと上を向いて焦りました。
たった20mほど下りただけなのに、
自分がどこから降りてきたのか全く分かりません。
板を立て掛けた様な雪の斜面と視界を遮る樹林。
辺りは薄暗く細かな木の枝などが雪面に散らばり、
たった今下りてきた足跡さえも不鮮明にしています。
慌てて姫のいる場所まで登り返しました。


さて闇雲に下って自分のいる場所が分からなくなれば遭難だし、
谷に入れば予期せぬ滝などがあって下れない可能性も。
それにこの時期は雪解け水で水量も多いだろうし・・・
無理に下って滑落でもして怪我をすれば身動き取れずに遭難、
場合によっては命に関わる事態になる可能性だってあります。


一旦黒川山手前のピークまで上がり、上から尾根を探す手もあるけど、
地図を見ると尾根らしくなるのは少し下ってから。
おそらく上から見ても分からない可能性が高い。


では来た道を登り返すか?
コースタイム的には3時間半で乗越浄土で、
そこから千畳敷駅までは30分もあれば下れるでしょう。
まだ時刻は11時半前。
時間的にはロープウェイの最終便に間に合いそうですが、
もうけっこう疲れていますし、重荷を背負って登り返すのも・・・


ともかく真っ直ぐではなく斜面をトラバース気味に下りていけば、
清水平に向かう尾根に当たるとは思うのですが・・・
テープでも見つけられれば良いのですが、
もし何も目印がなければ果たしてその尾根と分かるのか・・・
こうなるとドンドン不安が募ってきます。


テント装備一式は持っているので、
最悪の場合はビバークすることはできますが、
携帯が届かないので連絡がつかないし、そんな事態は極力避けたい。


さあどうするTONO。
ここで考えていても道が分かる訳でもなく、
登るか下るか決断する必要があります。
ただ下りて行ってもしも清水平に着けなかったら(そうなる可能性も高い)、
道迷い~遭難~最悪の事態・・・
二人はすでにこの時点で遭難に片足を突っ込んでいたと言えるでしょう。


うどんや峠で考えながら、6:4で下る方に傾きかけていると、
どこからともなくカン・・・カン・・・という金属音が。
・・・ん? 誰か来る!?
下りてきた方向を振り返りますが、人の気配はなし。
するとしばらくしてまたカン・・・カン・・・と。
そして突然二人の目の前に現れたのは二人組の登山者。
前日清水平にテントを張って、この日登って下りてきたところだと。

「じゃあ、清水平までの道は分かりますか?」
「え~、何とか分かると思いますよ。朝上がってきたんで」
「よかった~、この先の道が分からなくて悩んでいたんですよ」
「この辺は分かり難くて、朝は一旦上まで上がって下りてきたんですよね」
どうやら彼らは清水平から尾根伝いに真っ直ぐ2,208mピークに上がって、
そこからうどんや峠に下りたようです。
どうりでいくら探しても足跡は見つけられない訳です。


それにしても何と言うタイミング。
あと5分彼らが来るのが遅かったら、
遭難に向かってのカウントダウンが始まっていたかも知れません。


この時期このルートに人が入ること自体少ないと思いますが、
こうして絶妙のタイミングで出会うとは奇跡です。
ラッキー、ラッキー、超ラッキー。
宝くじは当たったためしはないけれど、(そもそも買ってないという話もありますが^^;)
こういうところで運を使ってくれるなら全然OK。
神様なんて普段は全く信じていないくせに、
この時はばかりはどこかで神様が見ていたんじゃないかと思いました。


さて先を行くお二人は朝辿ってきた尾根を探しながら、
やはり斜面をトラバースして進んで行きます。
時おりアイゼンに付いた雪をピッケルで叩き落とし、
カン・・カン・・という音が響きます。 さっき聞いたのはこの音か・・・
TONOと姫はこの二人の後を付いて行きます。
自分でルートを探さずに付いていくのは何て楽なんでしょ。

IMGP5748.jpg




100mほどトラバースすると前方右下に尾根っぽい地形が。
その尾根に乗って下っていきます。
お二人も自分達の足跡を探しながら下っていましたが、
所々にテープも出てきて正しいルートを下りている安心感があります。

IMGP5749.jpg



お二人の後をついて行きながらこの辺りの地形を観察しましたが、
細かな起伏が入り乱れていて、ある程度下りてしまうと
この尾根を探し当てるのは難しかっただろうと感じました。

帰宅後2万5千分の1地形図で確認しましたが、地形図には表れない起伏があるようです。
ただこの時に地形図を持っていれば、一旦2,208mピークに上がり、
コンパスで方向を決めて下りただろうと思いました。



そして左下に見えた!テントです。
どうやら朝出発した場所とは若干違うところに出たようでしたが、
清水平に張ったお二人のテントに辿り着きました。

IMGP5750.jpg




11:55 清水平に到着。 いや~助かりました。
命の恩人と言っても過言ではありません。
ここでお二人に丁重にお礼を言って別れました。

IMGP5751.jpg




ここからも尾根を辿っていくのですが、
直上は木々が密集して通行できないので、
尾根を左に見ながら少し巻き気味に下ります。

IMGP5752.jpg




10分ほど巻きながら進むと、ようやく右下に登山道が見えました。
ここからは明確な道を行きます。
あ~、登山道って何て歩き易いんでしょ
登山道の有難みを実感しながら下って行きます。

IMGP5753.jpg




高度が下がると雪が少なくなり、
標高1,800mほどの地点でアイゼンを外し軽快に下ります。

IMGP5755.jpg




12:47 蛇腹沢登山口に到着しました。
は~、何とか無事に下りてこれた~
TONOが安堵感に包まれている頃、姫からは "怒オーラ" が。

「また騙されて変な所に連れてこられた!」
「とりあえず無事着いて良かったね ^^;」
「あの二人がいて本当に良かったよ! もうTONO様は信用ならない!」
「・・・・・」
「だいたいさ~、この前も道に迷ってなかった~!?」
丹沢・長尾尾根でのことでふかね・・・(^^;

まぁ、今回は反省する点も多く何と言われても仕方がありませんな。

IMGP5757.jpg




12:56 登山口を後にして北御所へ向かいます。
林道を辿り始めてすぐに車沢を渡りますが、
もしかしたらこの沢沿いを下るはめになった可能性もあるわけで。
そうなったら堰堤もあるし無事に下りて来れたかどうか・・・
少なくともこの時間にここに立ってはいなかったでしょう。
あの時、あの二人組に出会った奇跡に感謝しながら、
怒モードの姫の後を黙々と歩きました。

IMGP5761.jpg




13:40 北御所バス停に到着。
時刻表を見るとバスは30分おき。 次は14:05です。
GWしかも快晴なので、始発のしらび平でバスが満員になる可能性もあり、
バス管理会社にいちおう電話をしてバスを待ちます。

IMGP5763.jpg




14:00 予定時刻より早くバスがやってきました。
補助席でしたが何とか乗れました。

14:30 菅の台バスターミナルに到着。
この日は快晴だっただけに駐車場は奥までいっぱい。
車で着替えて、満開の桜の下を駒ヶ根ICに向かいます。

IMGP5771.jpg




帰路につきながら今回の反省点を挙げてみると・・・

①2万5千分の1の地形図を持っていなかった。
 → 荒天により直前に行き先を変更したため準備するのを忘れた。
②登山道が雪に埋もれて不明になっている事は予想できたのに、
 天気は良いし、過去に歩いたことがあるという慢心から、
 地形図を持っていないのに下ってしまった。
 → 少なくとも最初に予定した通り登りで使ってルートを確認すべきだった。
③うどんや峠で雪がなく登山道が出ていたという先人の記録を鵜呑みにした。
 → その年によって雪の量が違うのは当然。
④うどんや峠で6:4で下る方に傾いていたが、登り返すことを第一に考えるべき。
 → 迷ったら尾根に上がるのが原則。
⑤買おう買おうと思っていたGPSを未だに入手していなかった。
 → 雪山に入るのにやはりGPSはあった方がベター。
  この山行の後で早速ポチって、現在入荷待ち。*^^*



振り返ると雲一つない青空に白い稜線が輝いていました。
あそこから下ってきたんだなぁ・・・
今回は実際に遭難こそしていないですが、潜在的には遭難と言えるでしょう。
事件にならなかったのは単にツイていただけ・・・
地味ではありますが残雪期の怖さを味わった山行でした。
無事に戻ってこれて本当に良かった。

IMGP5765.jpg


 (終わり)



    帰宅後ビールを飲みながら、こうしてビールが飲める事に深く感謝しました。
    寒さに震えながらビバークしていた可能性もあったわけですから・・・





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 鼻毛のび太 | URL | gP0nPKHU

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    本当にお疲れ様でした。
    冷や汗ものでしたね
    今年はGWも気温が低く残雪も多かったことも関係あるのかも

    姫さんも安堵しての御立腹でしょうね?

  2. TONO | URL | -

    鼻毛のび太さんへ

    身体的にはそう疲れなかったんですが、精神的に疲労しました。
    あの時あの二人組が通らなかったら、たぶん下り始めていたと思いますが、
    そうなれば無事に着く事ができたのか・・・本当に怪しいものです。
    無雪期に通っていても登山道があると漠然と通過してしまい、
    キチンと地形を読んで歩いていない事を痛感しました。

    姫は帰宅までけっこう怒モードでしたよ。
    GW後半の山行計画も「そこはちゃんと道あるわけ!?」と疑ってました。(^^;

  3. てくてくA | URL | -

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    傾斜の緩んだ林の中って、地形図見ても判然としませんよね。
    GPS購入は、正解ですよ。
    雪のある場合、人のトレースを追ってしまいがちで自分の位置や行き先の確認が疎かになりやすいですからね。
    GPSがあると、現在地がわかるので トレースが無くても、自分の進むべき方向わかりますものね。
    雪山や沢では、GPSが絶大なる力発揮しますよ。
    話は変わりますが、東北に転勤とのこと。
    東北は、魅力的な山が沢山ありますよね。あちこち行かれるでしょうから、すご~く羨ましいです!!!

  4. TONO | URL | -

    てくてくA さんへ

    そうなんです。夏前に東北に転勤するので6月は引っ越しで忙しくなりそうです。
    東北の山は未踏の所ばかりなので今からワクワクしております。
    GPSは持った事がないのでどの程度使えるのか分かりませんが、
    てくてくAさんのコメントを見ると期待しちゃいます。
    きっと東北の山で活躍してくれるんじゃないかと思います。(^^)

  5. kaizan | URL | M2L9g.8o

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    読み進むにつれて、段々とすごいことになってきたなと・・
    昨年、10月に北御所から登ったので、TONOさまの今回のブログも思い出しながら読んでいましたが、そうなんですねー、うどんや峠からの下り道は積雪の有無でこんなにもわからなくなるのですねー。
    でも、結果的には幸運が待ってた^^

    ところで、幸運の彼らとテントが写っている写真は、私が昨年登った時に撮った清水平の写真とアングルがほぼ同じだったんですよ。
    それで、テント設営場所と登山道の関係がよくわかりました。

    東北に転勤なんですね。みちのくでも期待しております。
    私も20代の頃3年ほど塩釜で暮らしたことがあります。

  6. 雲です | URL | P7ldfwG2

    こんばんは

    帰りは、大変でしたね
    所謂、道迷いってやつですよね
    山中での道迷いって、本当に不安です、先に行った『双門の滝』でも、危うく道に迷うところでしたから、、、
    お二人の登山者に出会えたのは、ラッキー以外のなにものでも有りませんでしたね
    いやぁ、無事に下山出来て良かったですよ
    姫の怒りなんて、時間が解決してくれますよ(苦笑

  7. クロちゃん | URL | GxAO5jdM

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    大変でしたね。でも、無事で何よりです。
    私もきちんと準備したつもりでも
    忘れ物が必ずといっていいくらいあります。

    まあ、なんとかなるさと 出かけています。

    ただ、山小屋泊まりなのでなんとかなっているかも。

  8. TONO | URL | -

    kaizan さんへ

    確かkaizanさんは北御所から登ったんだよなぁ・・・と思いながら下ってましたよ。
    あのルートはテープ等も少なくて、登山道が雪で隠れると分かりにくいです。
    うどんや峠から清水平の取り付きは全く分からなかったです。
    あの日あのルートを歩いたのは私達二人の他にはこの二人組だけだったと思いますが、
    あそこであのタイミングで会ったことは奇跡的でしょう。

    さて夏前に東北に引っ越しが決まりました。
    週末は東北の山と温泉巡りの日々になりそうですが、
    連休には北アルプスなどへ遠征に来ようと思っています。(^^)

  9. TONO | URL | -

    雲さんへ

    うどんや峠にいる限りは自分の居場所が分かっているのですが、
    そこを離れて下ってしまうと分からなくなりそうで身動きが取れなくなった感じです。
    山で自分がどこにいるか分からなくなる事ほど不安なものはないですよね。
    姫はGW後半の山の計画こそチェックしてましたが、
    基本的に楽観的な人なのでもうすでにあの時の事は忘れているようです。(笑)
    私的には今回の貴重な経験を忘れず今後の山行に生かしていこうと思います。
    『双門の滝』のお話は一緒に行った相方さんのブログで拝見しました。
    梯子鎖のオンパレードで距離もあって大変でしたね。

  10. TONO | URL | -

    クロちゃん さんへ

    人がたくさん入っているメジャーなルートはまだしも、
    めったに人が入らないマイナーな所は地形図は必携ですね。
    特に雪山では地形図、コンパス、GPSは必需品だと感じました。
    そしてやはりルートを歩く際のシミュレーションをしておくべきだと痛感しました。
    事前に2万5千分の1の地形図を読んでおけば、
    このポイントが迷いやすい事は分かったはずですから。
    いつも見知らぬルートを通る時はこのシミュレーションを行うのですが、
    今回は直前に決まったのと、秋に通った事があるという油断から行っていませんでした。
    地形図を読みながら計画書を作成する・・・これが大事な事だと思いました。

  11. devilman | URL | -

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    ご無沙汰しています。
    相変わらず、登っておられますね。

    貴重な体験をされたようですね。
    残雪期は雪面に木の枝や葉がたくさん落ち、余計にトレースがわかりにくくなっていますので、ことさら神経を遣いますね。もちろん地形図は大切ですが、TONOさんのいつもの冷静な判断は、大したものです。

    東北の山、いいですよ。学生時代仙台で7年間過ごし、あちこち行きましたが、独特の世界です。とにかくのびやかで美しい。今ではずいぶん変わっているようではありますが、楽しみになさってくださいね。
    特に新緑、紅葉、涙、出ますよ。それに温泉ね。
    湘南の出身で中高生時代は丹沢に親しみましたが、東北に行ってから、すっかり心は丹沢から東北の山に移りましたからね。丹沢もいい山ですが、比較にならない気がします。

    姫さんもご一緒ですか。
    山の楽しみもずんと膨らむと思います。

    レポート、期待していますね。

  12. Cobucim(コブシム) | URL | -

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4 こんにちは

    くだりでのルートファインディング、難しいですね。下りの入り口がわからないことはよくあります。やはり2万図いりますね。

    緊迫感が伝わってきます。単独だったらもっと怖いですね。
    わたしも気をつけよう。

  13. みいとにゃ~すけ | URL | uaIRrcRw

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    二人組が来てくれて本当に良かったですね~^^

    本当の自然の中に入ったら、人間なんて弱いものですからね~

    まぁ運も実力のうちで次への糧となれば、結果オーライで^_^b

  14. TONO | URL | -

    devilman さんへ

    残雪期のトレースは本当に分かり難いですね。
    あの時二人組が来なかったらどうなっていたか・・・
    幸いにしてこうして無事に下りてきてまた日常に戻る事が出来た訳で、
    本当に貴重な経験をしたと思います。
    冷静な判断というか単にラッキーだっただけですけどね。(汗)

    東北転勤は姫も一緒で、おそらく5年~10年、もしかしたらここで定年かも!?(^^;
    でも山と温泉が素晴らしいと聞いてもう行く気満々です。(笑)
    いろんな山と温泉に行って、皆が東北に行きたくなる様なレポートで、
    復興の一助になればと思っています。

    今日は丹沢に行ってきました。
    塩水橋を起点に日高経路~塔ノ岳~長尾尾根~鳥居杉コースを歩きました。
    丹沢には今度いつ行けるか分かりませんから、5月6月の1人の時は丹沢強化月間です。(笑)

  15. TONO | URL | -

    Cobucim さんへ

    Cobucimさんお久しぶりです。
    今回はこれまでで一番遭難に近い山行だったかも知れません。
    下ってしまうと遭難してしまいそうであの場所から動けなくなってしまいました。
    これで1人だったらさらに怖かったでしょうね。
    下りの入り口って本当に難しいと思いました。
    これからは少なくとも2万図は忘れない様にします。

  16. kita | URL | CdCU2NDA

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    こんばんは~
    TONOさんでも、こういう事になってしまうんですねぇ。。。
    無事でなによりでした。
    僕らは近所の低山にかぎって何かトラブルがあったりします。
    低いと思って下調べをさぼってるだけなんですが(汗
    やっぱり、しっかり準備しないといけないんですね。

    それにしても綺麗な写真が多いですよね~
    特に空木岳は息を飲むような美しさでした。
    コンデジですよね?どんなカメラなんですか?

  17. TONO | URL | -

    みいとにゃ~すけ さんへ

    あの二人組が通りかかって本当に良かったです。
    もしかしたら遭難して新聞沙汰になっていた可能性も否定できません。
    運が良かったとしか言いようがありません。
    この貴重な経験を忘れずこれからも山に行こうと思います。
    ・・・で、早速今日は丹沢に行ってきました。(^^;

  18. TONO | URL | -

    kitaさんへ

    高山でも低山でも遭難のリスクは同様にあると思います。
    無雪期と違って積雪期は登山道が完全に隠れているので、
    本当に地形を読めないと下るルートを決める事ができません。
    今回の経験でいかに自分が普段地形を読んで歩いていないかを痛感しました。
    難しいです・・・自分の能力不足を補うためにGPSを購入しました。

    カメラは昨年の秋頃からデジイチです。
    ペンタックスK30という機種を使っています。(^^)

  19. kita | URL | CdCU2NDA

    Re:2013 GWの木曽駒ヶ岳 Vol.4

    失礼しました><
    そうですよね?綺麗ですもんね~
    うちのメンバーの宮入さんがコンデジを買うそうなので
    こんなに綺麗なら・・・と思ってしまいました。

    ちなみに低山のトラブルも思いがけない残雪時でしたね。。。

  20. TONO | URL | -

    kita さんへ

    デジイチはやはり夜景とか星空とか撮れて今までより撮影の幅が広がります。
    ただやはり・・・重いしかさ張るんですよね。(^^;
    雪山テント泊装備にデジイチ持って、さらに星とか夜景を撮るとなると三脚も・・・
    となると、荷物が大量で重くて歩く前から疲れます。(笑)
    でも同じ景色は二度とないと思うとイイ写真を残しておきたいですよね。(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonan406.blog134.fc2.com/tb.php/550-c84a4578
この記事へのトラックバック


最新記事


キャッシング用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。